SONY XBA-2SL


 以前にヘッドフォンの特集記事についてコメントした時、「カナル型としてはAuravana In-Ear2が非常に気になる」と書いたのですが、結局、SONYのXBA-2SLを半年前ぐらいに買って使ってます。BA型としてユニットを独自開発したという点に惚れたから。他社製のBA型のユニット部分がどれだけ共通なのかは探しても見つからなかったのだが。。

やっぱり根本的には差別化できるコア部品しか無いと思うんだよね。日本の電機メーカの生き残る道は。カメラならばシグマのFoveonとかさ。いつかお金が溜まったらDP-2を買いたいと思ってるから。マイナーなカメラだとハウジングが高くなるから、そこが迷いどころだが。

製品の中身全てを自社部品で揃えるのが時代遅れなのは分かるけど、アップルみたいにファブレスで生き残るのは日本企業に可能なのだろうか?と思う部分はある。別にサムソン製品をパスするような考え方も持って無いけど、同じ電機業界としてちょっとは国産メーカを応援したい部分もある。圧倒的な競争力を持った部品が製品価値を決めるという神話に陰りが出ているのは分かるけど、そこに萌えるのが正しい理系の男、とまでは断言できませんが、まあそういう部分はあるのです(笑

なんか妙に前置きが長くなりましたが、XBA-2SLです。
この製品シリーズはユニットの数で1〜4までかなりのバリエーションがあります。スピーカを自作した立場ではシングルユニット派ですが、あれはあくまでエンクロージャとセットでの考え方なので、さすがにイヤフォンでそこまでエンクロージャに工夫はできないでしょう。だからマルチユニットにしようと思ったけど、4SLは太っちょなフォルムといいやりすぎだと思う(笑 3SLか2SLで迷ったけど予算との兼ね合いで2SLにしました。XBA-2SLはアマゾンのレビューの数が一番少ないので、値段を気にするなら1SLで、音を気にするなら3SLで、2SLが一番中途半端な位置づけかもしれませんが(笑、そこは別に気にしてないので。

肝心の音なのですが、確かに解像度が高い。今までイヤフォンといえばダイナミック型しか聴いてこなかった耳には衝撃でした。それ以外は、う〜〜ん自分のレベルでは何も言えないです(汗 家で零時以降は相変わらずAKGのヘッドフォン使ってるけど、インナー型とオーバヘッド型を比べちゃ不公平というもの。


リスニング環境としては、自作アンプ(TA2020-020/KIT)はコンデンサを交換してスピーカ8Ω最適化に変更してます。低音がかなり改善されました。コンデンサ自体もプラスチックフィルムコンデンサに変えてます。ネットで調べるとTA2020-020は他にも改造ポイントがあるみたいですが、とりあえず個人的にはこれで一段落のつもり。逆にそろそろ音楽再生専用PCの作成に取り掛かりたい気分。昨年のGWに無理にハッキングする大変さを痛感したので、今年はRaspberry Piでいいんじゃないかと思い始めた。音楽再生専用PCにしてはスペックが高すぎる気もするが値段はナイス。このスペックでこの値段なら結構凄い事になると思うのだけど。もしかしたら社会に浸透したデジタルフォトフレームがこの基盤を使った動画版になるかもね。ニーズがあるか謎だけど(笑

----
この投稿を書くためにネットを調べてたら波動スピーカなるものを見つけた。スピーカの世界にはまだまだ色んな考え方があるんだなぁ。商品としては面白そうだけど、このwikipediaの冷静な記述はナイス。
波動スピーカーの場合、円筒型の筐体の両端に取り付けられたスピーカーユニットの背面が、筐体の内部で向き合っており、それぞれのユニットの背面から発せられる背圧がぶつかりあうと均衡状態(ゼロバランス状態)になるとされる。
言いたいことは分かるのだが、バランス状態は周波数に依存することは明らかである。<中略>物理学的にはゼロバランス状態は筐体の空洞の最低共鳴周波数fo以下では起こらないと考えられる。という意見の方に納得してしまうのだが。

一番面白かったのは以下の部分
そのため、エムズシステムが説明する「波動エネルギー」や波動スピーカーの「波動」を懐疑的に捉える人が少なからず存在する。懐疑派の人たちによれば、エムズシステムが言う「波動(エネルギー)」とはオカルト疑似科学に おける波動であり、存在しないものを在るかのごとく説明する嘘の方便、または単に大げさな表現である。彼らにとって、波動スピーカーはそういった波動を謳 い文句にした商品の一種である。また、波動スピーカーが推定構造や外観以上に高額であることや、オカルト・疑似科学の波動に関連するウェブサイトの一部で 販売されていることも彼らの疑念を増幅させる一因となっている。波動スピーカーに興味を抱く者の中には自作を試みる人々が一部ではあるが存在している。
私がどのタイプになるかは皆さんご存知でしょう。当然、下線部ですね(爆

オーディオベーシック2004年春号の記事によれば、MS1001のスピーカーユニットはフォステクスのFE103Eである。MS1001シリーズの波動スピーカーは全て同じユニットを搭載していると思われる
FE103Eならばそんなにコストも必要ないね。Amazonでも買えるようになっているのはびっくり♪ 紙を重ねて圧縮した筒を自作するのはめんどくさそうだけど、コンセプトの確認なら塩ビ管でもいいんじゃないかと思う。けどなぁ、結局、考え方的には、TimeDomainと似てると思うんだよね。ユニットが上向きなのか横向きなのか違いはあるけど、音場としてはさ。

実は家では一番Urbanを使ってます(笑 単に置いてある部屋の使用頻度の関係でWoodyよりも良く使っているだけだが。TimeDomainは結構満足してます。だから波動スピーカもどんな感じになるのか大体想像つくのだけど。そんな意味ではわざわざ作る必要も無いかもしれない。

比較という意味では本当はUrbanで使っているユニットを使用したダブルバスレフ型のフルレンジスピーカを作って比べるべきなんだよね。正統派スピーカエンクロージャとそれ以外の違いを。それは分かってるのだけど、何にどこまで凝るのか、最近迷ってるなぁ。まあ優先順位は再生PCが一番かな。


それよりも先週からの続きの方がやっぱり個人的には大事。まだ断言できないから、最後にこっそり書いておこう(笑
Freddie JacksonのPrivate Party(1995)とJust Like The First Time(1986)、ベストのFor Old Times Sakeを聴きました。これでオリジナルアルバムは4枚になるけど、この中で個人的に一番クルのはJust Like The First Timeの2曲目、Have You Ever Loved Somebodyです。この吼えっぷりに彼の心の奥底の躍動感を感じる。

個人的にはこのフェーズでそこまで四苦八苦した記憶は無いから、別に過去の情景が浮かんでくるワケじゃない。だからこの感覚は僕個人でなくFreddie Jackson本人に根ざしたものだと、純粋に思う。Freddie Jacksonを聴きこんだ世代で言えばちょうど5〜10歳上の方々になるのかな。ぜひご意見お待ちしてます。

----
あ、そうそう最後にスピーカーについて。
以前に会社の後輩が遊びに来た時、部屋に入った瞬間に「若井さん、スピーカの自作するんですか?」と言われた。いきなりでびっくりして「え!?」と答えたら、「あのスピーカ、自作ですよね」「分かる?」「そりゃ分かりますよ」と言われ、今まで逆に「え!?これが自作なんですか」と言われてきた立場からするとショックだった(笑

「僕、実は中学時代にスピーカ自作したんですよ」と重ねて言われて、「え!?え!?そりゃ凄いね」「中学の時の理科の先生が理科準備室に自作のスワン型のスピーカを置いていて、それを聴かせてもらって興味を持ったので」「へーそりゃいい教育環境だねぇ」

ということで、変わった先生は大事にした方がいいのかもしれない。ある程度の自由は社会にも職場にも必要だと思った出来事でした。




ゲレンデで聴く曲

スキー黄金期の80'S後半〜90'S前半にはゲレンデで音楽が流れているのが当然だった。リフトは30分待ちが普通で、ゴンドラは1時間待ちととか、今から考えると有り得ないほどゲレンデは混んでいたけど、だからこそ積極的に音楽を流していたのかもね。個人的に一番記憶に残っているのはやっぱりユーミンのサーフ天国、スキー天国かな。

今のゲレンデは違うんだね。11年ぶりにスキーに行ったけど、音楽が流れているゲレンデは殆どなくて、唯一流れていたゲレンデも昔の1/3の音量ぐらい。スキーヤーとボーダーで音楽の趣味が異なっているのが原因かもしれないし、ゲレンデ自体が冬のレジャーTOPじゃなくなったせいかも。

今まで集中的に邦楽を耳にする唯一の機会が「ゲレンデ」と「カラオケ」だった。11年前はDAPもアルバム2枚分ぐらいの容量ですぐに電池が切れたけど、今は好きな曲をイヤフォンで聴きながら滑っているので、ゲレンデで有無を言わさずに流れる音楽が無くなったのは「ちょびっと寂しい」ぐらいなんだけど。

もちろん個人的にゲレンデで聴く音楽の筆頭はCraig Davidのデビュー作。音のカッコよさとリズムのCoolさ。スキーにもボードにも似合う窓口の広さもオススメの理由。3曲(確か7 DaysFill Me InWalking Away)はカラオケINしてる傑作だから、普通に今のゲレンデで流していてもマッチすると思う。ただ、さすがに何度も聴いてると飽きるんだよね。だからその後は「ゲレンデに合う」は気にせずにQ ParkerやATLとか最近、聴きこんでいる作品を選んで聴いてた。

日帰りならそれで十分なのだけど、宿泊してスキーに行くと流石にそれも飽きてくる。だから色々DAPの中を探していたらマクナイトのデビュー作があるじゃないですか。太陽が出ている時に流した事が無い位の作品だけど、思いつきで聴いてみたら半端ないんですよ。前半のミドルとゲレンデのマッチ感が。

奇跡が起こった
と純粋に思ってしまった(笑 そもそも重過ぎる作品だし、今から聴くと最初の3曲のミドルを聴くのに疲れるのだが、何故かゲレンデに合う。アルバムが発表されたのが92年でスキー黄金期だからなのかも。白馬の栂池で滑ってたけど、フード無しの高速クワッドが妙に昔を思い出させて、余計にマッチしたのかもしれない。01:Yoursからくる。あの見晴らしの良い馬の背コースを滑走しながら02:The Way Love Goesを聴く快感。この曲が前提とする底に引っ張る力を全身で受けとめターンで表現する。その場にしがみ付くのでなく重力よりも早く降りるような速度が生み出す快感は、世界で初めてこのアルバムの正しい聴き方を見つけたような実感で。

03:Goodbye My Loveもいいんだよね。今、部屋で聴きながら書いている時はこのバックの音に違和感があるのだけど、ゲレンデでは映える。驚きなのが04:Love Me,Hold Me ミドルというよりSlowに近い曲だけど、マクナイトのHoUというシャウトに合わせてターンをすると、これまたいいんですよ。持ちアルバムは977枚になったけど、恋愛が終わった直後に男がこれだけストレートに体の記憶を表現した曲を他では知らない。この曲が持つ《うずき》のような体の感覚はゲレンデの空と雪の間で解放するのが相応しいんじゃないかな。

さすがに05:One Last CryのようなSlowの曲は滑る時には合わない。けど、リフトから眺める冬山の厳格な表情は、この曲を作った時の心象風景に合うと思う。雪が数m積もっても荒さが目立つ白馬の厳しい山並みと青い空のコントラスト。

アルバムの中で一番闇が似合うのは06:Never Felt This Wayなんだけど、やっぱり太陽の下に持ってきてあげるべきなんだと、リフトに乗って目を閉じながら聴いてて思った。07:I Couldn't Sayは不思議とそのままで滑走にマッチする。緩やかなターンだから初級・中級コースの方がいいかもね。

恋愛が終わった直後の心の痛みを意志で切り裂くような衝動を持った曲は、同じぐらいの重力を感じる場所で、同じぐらいに切り裂く動作が出来る場所でこそ聴くべきだ

と痛感したけど、さすがに誰にも同意されないかもね(汗 そもそも恋愛の直後は悲しみに打ちひしがられる曲の方が多いのだから、《痛みを切り裂く痛み》を表現している作品はマクナイトの処女作しかない。上から眺めたらビビるような角度のコース(斜度30度以上)じゃないとアルバム前半曲がもつ厳しさには合わない。雪が柔和に積もった山並みが広がっている風景も合わないから、完全にフィットする環境は滅多に無いと思うのだけど、それでもドンピシャの時の快感は有り得ないレベルだった。

個人的には馬の背コースを4回滑ってダウン&筋肉痛になってしまったけど、「ミドル以上を聴く時は体が動いてるべき」「どんな曲でも相応しい陽の下の場所がある」「感情を身体動作として発散する」とか色々と気づく点があって嬉しかったです。前半3曲のミドルは完璧なゆえに何かが足らない。落ちるような重力感が基本なのに、その重力感は当然として音楽では表現されていない。だからこそ、自分自身もそういう状況じゃないと聴きこむのが難しかった。これが数年間本作を聴いてない一番の理由。けど、物理的にそういう場所に行けば凄くマッチする事が分かった。この作品をこんなカジュアルな聴き方していいのかしらんと思うけど、一般的にはこれもDeepな聴き方になるのかも(汗 こんなことやってると相変わらず変人と思われそうな気もするが、真実がどこにあるかは分かったよ。

単語してのDeepの反対はshallowと思うけど、「音楽をDeepに聴く」の反対は「カジュアル」なんだね。今回の一連の体験で初めてこの対比に気づいたけど、皆に同意してもらえるのはこれぐらいかもね。

----
[02/03]
スキー黄金期が懐かしい方にオススメなのが「追憶のゲレンデ」 
ブームが去って廃墟となったゲレンデを丹念に訪ねた記事は個人サイトとは思えないほどの完成度。各記事のスキー場のコメント欄に書き込まれた内容までが共感を呼ぶ。僕もついついBlog2に書いてしまった。通った回数で言えば中学生までの御岳と、大学時代の宮城蔵王ジャングルジャングルかな。面白山は閉鎖の前に一度行くべきだったなぁ。




イヤフォン断線修理


2012年に買ったイヤフォンが断線した。おいおい2年未満かよ。壊れるの早くないか? SONY製はあまり持って無いので特に言えないが、少なくともKenwoodのDAPよりも早く壊れたぞ。
ということで修理しました。巷には修理方法を書いたサイトもありますが、うちとしてもメモっておこうかな、と。

当然ながら壊れた箇所がポイント。耳側だと直すのはかなり大変。機器側ならば、とりあえず半田ゴテがあれば直せる。家に半田ゴテがある人も多くないと思うが、安い半田ゴテは1000円台で買えるので、機器側が断線したならば修理のためだけでも買う価値はあると思う。 (耳側ならばこうやって分解できる構造じゃないと無理かと)

どちら側が断線したかは、初めて断線した時にぐりぐり動かしてみれば鳴ったりするから分かると思う。力のかかり方としては機器側の方が多いと思うしね。巷には断線しないような扱い方をまとめたサイトもあるが、納得できるのは L字型プラグの方がいい」 ◆崔擦け篦好魁璽匹鮑能蕕ら挟んでおく」ぐらいだけだし、売ってる製品がI字型ならどうしようもない。短い延長コードもなかなか売ってないというのが現実だとは思うが。



マクナイトのコンサート行ってきました

Brian Mcknightのコンサート行ってきました。ビルボードライブ東京は初めてだけど、確かに夜景が綺麗で、その点はブルーノート東京と大きく違うね。サイズ的にはビルボードの方が小さい気がしたが、どちらもいい感じだった。MaryJ.の武道館はデカすぎると思ったが。2007年のJohnny Gillと比べるとマクナイトは声に伸びがあって歌手のスキルが落ちてなかったのは嬉しい限り。終了時に観客席に何度か礼をして、最後の最後で手を合わせてお辞儀してた。R&Bのコンサートでのあの仕草は始めてみた。アジアの精神文化への親和性がマクナイトらしい。

ご参考までに現時点で覚えてる演奏曲を書いておきます。順番はさっぱり忘れたのでアルバム順で。
(抜けもれ間違い違いあったら教えてください)
"アルバム" - 収録No:曲
"Brian Mcknight" - 06:One Last Cry"
"I Remember You" - 08:I Remember You
"Anytime" - 01:Anytime (couldはやってないよね?)
04:show me the way back to your heartは自信ないけどたぶん
"Back At One" - 04:Back At One(6.8.12は自信ない)
"Superhero" - 05:Love Of My Life、10:still
"U-Turn" - 12:So Sorry (自信ない)
"Gemini" - 03:Everytime You Go Aaway (Geminiから一曲演奏したのは分かったけど02か03かちょい微妙)
"Ten" - 03:Find Myself In You(自信ない)
"Evolution of a man" - 02:JustAlittileBit(自信ない)
"Just Me" - 20:all i need is you (これって元々はどこに収録されてるんだっけ?)


すみません覚えているのはこれだけです。場面場面で観客席に「歌ってね」というリアクションがあるのだが、歌は知っていてもオンチだから大きな声で歌えないのは悲しいところ。。一曲、まったく知らない曲があったけど、あれって何だろう? Just Meのライブアルバムと比較すると、Never Felt This Wayやshoulda,woulda,couldaやtemptationが無かったのは寂しいかもね。個人的には1stからThe Way Love Goes、3rdからI Belog to Youを選んで欲しかったけど、そんなん望んでいるファンはも1%いないかも。。カーテン上げて六本木の夜景をバックに"Evolution of a man"の12:whileを演奏してくれたら激ハマったと思うのだけど。次善案として、入場から開始まで流してるとかでもナイスだと思う。

歌手待ちの間は写真撮れたんだね。カメラを持っていかなかったんで、上記の写真はネットで見つけてきた今回とは関係ない写真ですが、会場のイメージは伝わると思う。
 



ヘッドフォンを買い替えました: SHURE SE425

3年前にヘッドフォンについて書いた時から全体的に値下がりしてるんだね。カナル型ヘッドフォンの当時の最高峰がSHUREのSE535なのは一般的な意見だと思うけど、3年前の59,000円から39,000円になっている。今まで使っていたSonyのXBA-2SLも後継のXBA-20/Sになって16,000円から9,400円になっているから。

当時、後輩がSE535を絶賛していたけど、さすがにヘッドフォンに6万円は出せない。「SHURE掛け」は気になったので、その時のSHUREの一番安い?9000円ぐらいの製品を買った。確かに遮音効果がある付け方なんだけど、1年未満で断線した記憶が。。当時の後輩も「断線するんですよねぇ」と言ってなぁ。

けど、MMCXコネクタになったし、今までずっと気にはなってた。先日、ひょんな事から、3000円台のヘッドフォンのレベルが上がっていることを知った。色々と調べるうちに市場全体が拡大してて、最高峰はもっと高く(SE846)、今までの最高峰は値段が安くなっていることが分かった。
 



暖炉とBlack Music

これまで「リスニング環境」では自作スピーカーに拘ってきたけど、部屋の空間として、照明は無視できない。蛍光灯の白い光で満足できる人は根本的にBlack Musicのファンじゃない。R&Bを聴き始めた中学時代から間接照明を試行錯誤(自作とか)して来た身として、やっと究極の照明を見つけた。詳しくはBlog2で書いたけど、ここではこの光に合う音楽についてコメントしてきたい。

 

基本は冬だから、冬コーナーでいいのだけど、突き詰めればもうちょっと先に道がありそうな。

ということで、とりあえず今回はBlog2の記事の紹介までで。




<< | 2/2PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM