Joe - "New Man"

聴きこむほどに核が見える傑作


傑作の誉れ高い09年のSignatureの前の作品。13-17曲目はダイジェストとしてSignatureの曲が1分半ずつ収められている。その時点でやる気を感じさせないのだが、思った以上に作品のレベルは高い。

07年のAin't Nothin' Like Meは完全にパスだが、本作はJoeのファンなら聴いていいと思う。個人的な位置づけではMy Name is Joeと同じレベル。アルバムチャート3位もこの時期の歌手の作品としては褒めれると思う。Amazon中古で500円以下なら即買いしていい。聴き込めば「作品を掘り下げて本人の核に近づく」体験ができるから。

01:E.R.はミドルの良作。シングルカットされたのも納得。02-05の曲群はJoeにとっては平均点。これが平均というのも凄いんだけど、やっぱり平均。06:I Won't Let Him Hurt Youのヘンテコなバックトラックは合わないのだが、歌い始めのJoeの声の表情がナイス。曲の途中では売れ線をオーバーする吼えっぷり。この曲にこそJoeの個人的な部分がある。この部分が出てくると売れない。けど、本当のJoeはここにいる。以前に「この世には売れないけど聴くべき曲がある」と書いたけど、それはこういう曲を指す。デビュー作と比べても、今までJoeの中で一番吼えている。




Day26 - "Day26"

柳の下のドジョウは5匹でワンセット?



112が去った後、バッドボーイが送り出した男性ボーカルグループ。名前等謎だったけど、bmrのページに書いてあった。本作は2008年のデビュー作で2009には二枚目。このラッシュは逆にネガティブかもね。現に14年になっても3枚目は無いから。喧嘩別れ等もbmrに書いてある。けど、個人的には「バッドボーイが112に続くグループとして・・・」の時点で買ってしまった。

1:I'm The Reasonは00's後半の流行をなぞってる。明るい&深みがたらないこのスタンスは合わないのでパスですが。02:Got Me Goingはナイス。奥底の不安感を押し気で振り切っている態度がいい。良い意味での《若さ》が出てる。あと3歩前に進めばCrazyになれる。この曲に惹かれるタイプならば、Crazyになれるセンスがある。昔はCrazyになれない人の方が少数派だったけど、00'S後半からは逆。なれる方が少数派。だからこそ、Crazyの3歩手前を伝えるこの曲は、緑レベルにしておこう。

03:In My Bedはぜんぜん「ベットに誘っている」感が無いのだけど、これが普通ラインなのかも。Keith Sweat等と比べてはいけない。「愚か」に拘っている本サイトとしては04:Silly LoveのSilly感も気にくわない面はある。このSillyって「3日間ぐらい口を聞いてもらえないレベル」だと感じる。おいおい、Sillyってのは1年以上よ。と良い子は言ってはいけません。 05:Come With Meなんだけど、こういうタイプの曲はMeとして立っている場所が一番大事。Meを自己の歩みとしているのか、ベットに座っている状態なのか、それだけの幅が生まれるタイトルだから。
で、どっちよ? どっちか全くわからん。できないことは素直にできないと言おう。この判定は08年当時に20代だった男の子に任せます。

 



Slim - "Lover's Crazy"

2人で歌うSo Gone



「貴方が去ってしまった」状況をデュエットするのは個人的に嫌いだけど、この06:So Gone (feat. Faith Evans)は名曲。かつ、初聴では気づかずに次の曲に行ってしまう気軽さがある。万人ウケするのに深みがあって、リピートするとどんどん曲の中に入っていける。この感覚は非常に貴重。Deepな曲を厳選してる本サイトだからこそ、こういう間口が広い曲を集めなくちゃ。

先日、Close To Youをデュエットすることに疑問を呈した。デュエットは恋愛の最初か真ん中であって、終わりのフェーズを一緒に歌うのは変だと思う。Close To Youは真ん中という説もあるけれど、恋愛初期の遠い相手に捧げる気持ちを感じるから。そういう曲を無理やりデュエットすると、ベットまでの距離が短すぎる恋愛を見ているようでなんかイヤ。短くなるだけの道理がある恋愛ならばいいのだけど、ジェラルドとタミアのあの曲はそこまでの想いは感じなかった。

このSo Goneが何故2人で歌って傑作になっているのか?
それは突き詰めるに足る問いだと思う。まず112のデビュー時にも傑作デュエット(I Can't Believe)を歌っているのも大きな点。そして一番大事な点は「2人の配置」だと思う。基本デュエット曲は近接距離(お互いの体が触れ合う距離)で腰に手を回すことが多いのだけど、それで恋愛の終わりを歌うのはありえない。じゃあこのフェーズであるべき配置はどうなのか?
 



Laurin Talese - "Gorgeous Chaos"

《爽やか》とは《愚かさ》への視座



shohさんが絶賛するなら聴く。
フィラデルフィアで活動する女性シンガー、ローリン・タリーズのデビュー作『Gorgeos Chaos』がめちゃくちゃ良い。しなやかで表現力豊かな歌声を生演奏で引き立てた、今年屈指のヴォーカルアルバム。ちょうど日本盤が出たのでぜひ!!

JazzとR&Bの中間地点のような作品で確かに傑作。歌手の能力も歌自体もバックの音も文句ない。けど、それよりも感動したのは08:Kissing A Foolの歌世界。

爽やかな女性像とは?
爽やかな男性像には拘っても、女性像についてはあまり考えてこなかった。もちろんSadeを筆頭にTerry EllisやAdriana Evans。今になってもすぐにAngel Grantも思い浮かぶなぁ。彼女達は爽やかというよりも「オシャレ」という言葉紹介していたけど、もちろん爽やかだと思ってます。このTaleseが凄いのは、アルバムの最初はある種の重さも感じるのに、8曲目以降は彼女達の作品と同じレベルの爽やかさになること。

 

Sade達の作品も当然傑作だけど、基本的には全編が爽やかだった。それは素晴らしいことだけど、重さと爽やかの両方を感じて、かつその中心点にKissing  A Foolという曲を持ってくるところに感動している。

爽やかな女性が重さを身につけるためにも
重い女性が爽やかさを身につけるためにも


これは奇跡といっていいかも。今年のJavierを大絶賛したけど並ぶかもしれない。女性歌手がFoolについて歌うこと。この価値を知らなかったらBlack Musicの初段にすらなれない。まさかFoolをこういう風に見詰めるとは・・・ これが女性特有のアプローチなのか、男性でも通用するのか、それすら今は分かりません。Soulの女王アレサが表現したFoolの流れを太くしたMaryJ. まさかそれをKissingとアプローチするとは。そんなことが有りえるなんて、今まで全く想像すら出来なかった。feat. Vivian Greenだからかも。Beautifulという傑作を歌ったVivianの軌跡は確かにFoolに相応しい。

 

あれ?なんか、これって、Vivianと比較すると流石に爽やかを感じるっていうだけのオチ?

それって、「ホトジェニックが弱い友達と一緒にコンパに行けば相対的に美人に見える」と同じ文脈? うーん、ここまで考えるとTaleseを褒めているのか自分自身も分からなくなってくるような・・・・。

 

フィラデルフィアという場が持つ価値

同じ過ちを繰り返さないことが大切で、VivianのFoolを十二分に咀嚼できたからこそアルバムの後半部分の爽やかさに繋がった。そんな意味では、大切なのは反面教師の先輩? うーん、なんか普通の結論に帰着してちょっとショックですが、、、根本的にいいアルバムだよ。8曲目のFoolを軸にして両翼が広がってる作品。その中心部分を、自分独りで捕まえたのか、先輩のフォローがあったのか、それって、本質的にはどっちでもいいんだと。Taleseに器があるからこそ受けとめれるのだから。

 

---

知らなかった。Kissing A Foolはカバー曲で、オリジナルは1988年にジョージ・マイケルが発表とは。。。

最初に書いてからFeat. Vivianと知って、ちょっと感動減衰。そして、このタイミングでカバーソングとは。Youtubeでジョージマイケルの元歌を聴いたけど、こちらの方が上だと思う。それはVivianの声につきるのかもね。そういう意味では09:Made Up My Mindの爽やかさと明るさの方がTaleseの良さが全開と言えるのかも。

 




<< | 2/2PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM