Tamar Braxton - "Love & War"

30代未婚の女性に捧げる作品


Tamarの復活作にして傑作。ナショナルチャートで2位、R&Bで1位を達成しただけのことはある。何よりもトニブラ系では珍しく同性向け。彼女が36歳の時の作品だからこそ、本作のコアゾーンもそこだと思う。じゃあなぜ未婚の人向けなのか、そのためにこのレビューを書きたい。

2000年のソロデビュー作から13年間。長かったのだろう。その間、待ち焦がれていた立場では無いので、他の歌手のようにはTamarの側に行けない。昨年末にこの作品を初めて聴いた時は36歳になってもアーシーさ零の作品を発表することにネガティブだった。けど、D'の後に改めて聴いてシンプルな事実に気づいた。「同性向け」であればアーシーガン無視が正しい。

En-Wikiによれば2008年にレコードプロデューサと結婚して順調に子供を授かっているけど、なぜ未婚向けになるのか、ちょっとびっくり。けど、ToniやBrandy、Chanteなど沢山の女性歌手の結婚作品を聴いてきた立場としては断言できる。結婚後の情景は表現してない。

恋人と別れた10代の女性に一番オススメなのはデスチャの2枚目なんだけど、それはこの先も10年は変わらないけど、本作品も同じぐらいにコアゾーンに対してお勧め。有名すぎるビヨンセの最近の作品を聴くよりも、本作を聴く方が学ぶ点が多いと思うよ。
 



Will Downing - "Sliver"

心の奥のひっそりとした想い



今年(2015年)の新作以来、遡って聴いてました。14年の"Euphoria"はカバーソング集。ウィルらしいメロウな声で過去の名曲を聴くのはオススメだけど、コメントとしては横におく。13年の"Sliver"の一曲目01:Stuff That I Likeはリズムが効いてる佳曲なんだけど、アルバムが進むに従っていつもと違う部分が見え隠れする。結論として、Will Downingの個人的な部分が一番表現されている作品が本作なのだと。いつもは聴く側の配慮を第一に考えているような歌いっぷりだけど、本作ではそのラインをオーバーしている。重すぎる悲哀感ではない。もっとひっそりとした手触り。やっぱり人の奥にあるこの部分を共有できないと、本気で好きとは言えない。それは現実の異性であっても同性の歌手であっても変わらない。ウィルの曲で100回連続で聴きたくなるのは初めて。これこそが真に重なるということ。ウィルとは諦めていた部分もあったから、素直に嬉しい。

02:One Step Closerはタイトル的にも興味があるし、ある種の示唆に富んでいる。こういう曲を聴けば距離の詰め方が分かる。05:The Blessingは単なる夜に映える曲以上の何かがある。声の表情にパーソナルな面があって、「マスに伝わらなくてもかまない」という覚悟がある。この覚悟こそが心の奥に繋がる扉。ウィルのデビュー作"Come Together As One"も聴いたけど、さすがに処女作にはそういう曲もあるのだけど、あくまでも片鱗。本作こそがWill Downingの個人的過ぎる距離であり、これこそが求めていた立ち位置。06:What Would You Do?はリズムも聴いててキャッチーなんだけど、いつもとちょと違う。

 



Chante Moore - "Moore Is More"

離婚後の叫び:「夫を理解できなかった」という傷心


購入自体は数年前だけど、当時は聴いても分からなかった。先日シャンテの選抜集をつくるために聴いていたら、ハンマーで殴られたような感覚。本作はシャンテの過去の傑作に並ぶ完成度だけど、今までで一番、生に吼えている。

Mrs. Under, Stood の重さ
これだけ吼えまくるならKANDIのI Want YouTarmarのStay&Fightに並ぶ。Understoodなのだ。それをUnderとStoodに分けているのだ。そこに底で掴み取った真実を感じる。それだけの重さを感じる声。シャンテといえば高音ボイスで綺麗に歌いつつも色気はちゃんと入ってるような曲が多かったが、この曲はリアル。男が聴く曲じゃない。純粋に同じ境遇にいる同性向け。

「歌手人生の中で一番Deep」ならば絶対に取り上げないと。もちろん本作を真に掘り下げるなら、結婚時のデュエット作品や、離婚後の元夫の作品も聴かなくちゃいけない。当然ながら、結婚時のデュエット品に離婚の芽は感じない。全くタイプの違う二人だけど、お互いがお互いに良い影響を与えていた。問題は離婚後の元夫の作品。どこにも本作のような生の叫びが無い。どこまでも爽やかで、生の叫びを見せないのがKenny Lattimoreのスタイル。生の叫びを隠しているわけじゃない。素で出てこない。そこが一番凄い。

 

当時はきにしてなかったけど、ここまでシャンテが吼えているならば、同じパッションを探しに行かなくちゃいけないあの作品のジャケだけはとことんDeep。初期三部作のような爽やかさ・カッコよさは皆無。タイトルも「Loveの解剖学」だから、彼なりに痛みを伴う内省があったのだろう。確かにジャケの思いつめた表情はこのシャンテの叫びと直にリンクする。

 

本サイトに定期的に来る人は結婚時の作品もKenny Lattimoreのあの傑作も持っていると思うので、本作も含めて3作の中から皆さんがどう聴きこむか興味あります。理想はこれら3作から3,4曲抜き出して選曲集を作る事かな。これこそがBlack Musicを真に追っかけているリスナーの醍醐味。僕はやっとKenny Lattimoreの作品からどの曲を選ぶか見えてきました。結婚時の作品から選曲するのは痛い。他人の離婚なのに本気痛い。この痛みこそがリスナーとしての幸せと思えるか・・・か。これを乗り越えれば、Kenny Lattimoreとシャンテの魅力の全てが手に入る。Kenny Lattimoreの爽やかさの核を手に入れるために、この道から歩く事実は個人的に痛いけど。

 

 




<< | 2/2PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM