Deep Threat - "Deep Threat" 

若い男は《愚か》で当然


Laurin TaleseのFoolもそうだけど、何故かBlack Musicでは女性がFoolを歌うことが多い。HP時代に「イイ女特集」「ここでは、「アホな男に対してのイイ女」というかなり趣味の入った方向性です。「私はアホな男なんてほっておく」という至極まっとうな意見もあると思いマスが、全ての男はアホですw」と書いた通り、若い男はアホ=愚かで当然だと思っている。真の恋愛はCrazyであり、CrazyとFoolは紙一重。

男性歌手がCrazyと歌うことは多くても、なぜかFoolと歌うことは滅多に無い。その理由は未だにちゃんと分かってない。微妙な語感の問題なんだと思っているけど、もっと深いのかもしれにない。そんな滅多に無い曲の中でこのDeep Threatは最高。2002年の作品だし、En-Wikiにも記載が無い。だけど、Amazonでは新品が9万円、中古で5万円になっている。SoulAtfさんのチャンネルで知ったけど、09:Special Kind of Foolは傑作。

この曲だけで買う価値ある。流石に9万円も5万円も有りえないけど、Mp3vaなら問答無用レベル。他の曲もいいんだよね。04:Tha Blockを聴くとHip-Hopテイストもいけることが分かる。05:Bring It Onも良い。3人組だけど歌える。06:Nasty Girlはタイトル通りの曲。にじみ出る行儀の悪さが最高。08:Controlも期待通りの「押し気」があるしね。05年以降はアホ丸出しの歌手が少なくて失望してた。05年以降のああいう爽やかさは個人的に「エセ」だと思ってしまう。

09を挟んで10:There For Youは落ち着いた手触り。11:Things People Doは深いタイトル。タイトルに見合う曲になっている。ただ声としては内省感が弱い。だから褒めるべきはプロデューサーかも。12:Not Perfectの明るさ。この声の表情は11と違って彼らのリアルだね。

こういう手触りのグループがずっとデビューし続けるジャンルであること。それが僕の望むBlack Music。
 




JS - "Ice Cream"

小悪魔さも身につけて

 

R. Kellyがプロデュースしたから以前に買ったけど、さっぱり惹かれなかった。そりゃ楽曲群についてはR. Kellyのスタイルだから隅から隅まで分かる。Deepの正反対=カジュアルな作品だから何の苦も無い。けど、この軽さが逆に苦手でずっと棚行きでした。今回、山ガールの聖地:白馬岳で聞いてやっとこの作品の良さが分かった。やっぱり部屋の中で聴いても掘り下げることはできても、自分の枠組を広げることはできないね。旅行の時こそ苦手な曲を持っていく。頭で考えるのでなく、単に棚=聴きこみ足らないリストからDAPに適当に転送するだけ。こういう距離感こそが、気づきに繋がる。

 

こんな造った可愛さに惹かれる男はアホ

とずっと思っていたけど、造ってない可愛さがあると思っている男ほどオメデタな人もいない。どれだけ隠しているかの違いしかなくて、これだけ隠して無いのも素晴らしい。アルバムタイトルの「アイスクリーム」の時点でパスだけど、タイトルに相応しい楽曲群。曲のレベルの高さは折り紙つきだから、「この世界観に合うか合わないか」だけであって、僕はやっと良さが分かった気がするよ。

 

01:Love Angelなんて人を小馬鹿にした態度だが、バックはチョコファクな雰囲気でレベルは高い。R. Kellyの声もちゃんと入っているけど、昔よりも登場の仕方がマシになったかな。02:Someoneもレベルが高い。個人的にはファット感もあるSomeoneの方が好き。アルバムタイトルの03:Ice Creamはあまり惹かれない。これを好きになれないと本物にはなれないのだが、道は遠い。。

 

04:Bye Byeはレベルの高いミドル。05:Slow Grindは重さが見え隠れしている。可愛さを抑えはじめた声がいい。ごめん、この緑は完全に個人的好みの世界。この作品の中で本曲を一番気に入ったら、間違いなくSparkleの2枚目だね。あの真っ黒闇の中でのシャドーボクシングは女性ならば一度は行くべき世界。その片鱗がこの曲に見え隠れする。

 

06:Halfのレベルの高さ。逆さに聴いてもロドニージャーキンス全開なのがいい。R. Kelly以外のプロデューサーの提供曲のレベルも高い。この曲は上手く言えないけど、歌手のSoulを汲んでいる。聴き込めばDeep以外の何かが見えるかも。このHalfが彼女達の境遇と関係ありそうな。07は完全パスなんです。。08:Baby, Come Onも良い。合っている。Interludeの09:Don't Turn Awayが良い。傑作だけのことはある完成度。

 

10:Stayから深くなる。渋谷を中心に生息している自称小悪魔を全員この地点まで連れてくる素晴らしさ。人として必要な深さはビヨンセとソランジュの作品を聴きこんでも達成できるけど、本作も見事なステップになっている。11:Handle Your Businessはロンが歌い始める曲。JSがロンのバックコーラスをやっていたから友情出演かな。ロン自身の作品よりも女声のバランスが多い。サビでは彼女達がメインに来て、奥でロンが歌ってる。その構成が凄く良い。ここで歌い方はかぶってる猫をかなぐり捨てる姿。そこがたまらなくいい。これがこのJSの本気。アルバムの最初の小悪魔然としたところも良いし、奥のこの歌い方もナイス。12:Stay Right Hereも好き。昔のFaith Evansのような曲。

 

13:Right Here With Meも素晴らしいし、14:Sisterもさすが姉妹デュエトだけのことはある歌いっぷり。姉妹は全員聴いてもいいんじゃないかな。兄弟デュオはK-ci&JoJoとかいるけど、姉妹デュオはJSだけでは?素晴らしい。

 

----

アルバムタイトル以外は全て色つき。評価高くなったけど、それだけの価値があります。どんな女性でも聴ける窓口の広さが素晴らしい。R&Bの入口に選んでも良い気がしてきたよ。どれだけこういうタイプの女性が苦手でも、この作品の魅力は分かるようになってほしい。それが、今まで全く分からなかった僕からのアドバイスです。「小悪魔さも」の「も」とはそういう意味です。本作を聴きこむほどにSparkleが聴きたくなる。Sparkleを完全にマスターすればどんな男でも口説けるようになる。それはマライヤでもジャネットでも達成できない歌世界。ただ、あそこは深い。だからこそ、このJSだと、今は思っている。

 




<< | 2/2PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM