Groove U - "Tender Love"

普段ナイーブ、ときどき吼える


やっと見つけた。長かった。Amazonで丹念に90年代のボーカルグループを探してよかった。レビューが無いから悩んだけど、新品は値上がりしてて中古はまだ安い。それだけで買ったけど、想像を遥かに超えた内容。

90年代のボーカルグループの真の吼える作品はIII From the SoulとJodeciのデビュー作のみ。Dru Hillのデビュー作はDo U Believeだけだから弱い。Jagged EdgeにUPの曲は無い。 けど、III From the Soulは筋肉モリモリ感があるし、Jodeciはやんちゃだから。ナイーブさも感じるシャウトをするグループは何処にも無かった。個人的にAmythは好きだが泣きが足らない。だからこそ心の奥底からガッチリきたのはタシャウンだけ。あの素で奥底に泣きを感じさせる吼えっぷりは最高。

90年からR&Bを聞いているけど、92年からオンリーだけど、94年に発売された本作を2013年まで知らない。なんでこんなに時間がかかったんだ? それは「普段はナイーブで、ときどき吼える」歌世界を求めるR&Bリスナーが殆どいないから。94年当時も話題にならなかったと思う。En-Wikiでも情報が無い。ジャケはベストを着ている姿がマナー的で、吼えるグループだとは思わない。お世辞にもジャケ買いできるモノでは無い。けど、中身は凄い。その中でも02:Old Becomes Newはイチオシ。リードだけじゃなくバックコーラスの吼えっぷりもナイス。III From the Soulでも吼えているのは二人。Jodeciもそうだね。けど、このGoove Uは少なくとも3人が吼える。声に微妙な泣きがあって、この感覚こそがタシャウンと同じ。特に最初のサビが終わった後に1:33からもう1人参加するんだけど、その吼えっぷりがナイス。純粋にK-ciに並ぶ。



SMUV - "We Give Good Lovin"

パワーボーカル王道路線


まっちゃんさんに教えてもらったインディーのグループ。この1stは98年の発売だけど、全く知らなかった。長く活動を続けて2006年に再発売されたのは嬉しい限り。このまえマルと話してた時に、「最近、90年代のリバイバルブームらしいよ」「え、そうなの?歳とったね、うちらも」 しみじみと。05年ぐらいからシーンについていけてないので、00年代自体がはっきりと見えてない。だからその対照としての90年代も客観的に見えてない。僕にとって90年代は当たり前すぎるからこそ冷静に見れない部分は多い。けど、このSMUVのデビュー作を聴いてはっきり言える。

90年代はこれが王道だった。
本作は新品も中古もAmazonで1万円オーバーしてる。ボーカルはガンガンくるけど、ワル系(ストリート系)ではない。この立ち位置こそが王道かつ一番の絶滅種。だからこそ値上がりしているんだと。00年代もパワーボーカルならHamilton Parkとかいるし、ナイーブならATLもいる。ボーカルグループでは00年代はAhmirもいる。けど、Hamilton Parkはストリートだし、Ahmirはもう一歩吼えてもいいんじゃないかな。個人的には214が好きだが、これはカルマ派だから全リスナーの0.1%(笑

アルバムタイトルの01:We Give Good Lovinがイントロで、そのまま02:We Give Good Lovinを吼える。この瞬間に買い決定。なんか02であってもメロディーラインが弱くて、コーラスだけで曲が出来ているのが面白い。曲を作った人はちょっと特殊な才能がある。一般的な曲になるのは03:I Will Always Love Youから。曲名をみれば大体のタイプは分かるけど、このグループもそう。まさしく王道のタイトル。
 



Mikki Bleu - "Melodic Massage"

80'S後半のメロウな夜に



SoulAtfさんのところで紹介されていた97年の作品だけど全く知らなかった。デビュー年(82)としても、髪型としても、何よりもこの感覚が90'Sでは無いと感じる。80年代後半のダンスブーム時の絶滅品種のようなメロウな感覚があって、今から聴くと懐かしさよりも新鮮さがある。

01:Tonight's tha Nightからレベルが高い。やっぱりメロウな作品はこうじゃないとね。02:I Want Youのカバーはかなり拘っているつもりだけど、これは合格。I Want Youのカバーが良いなんてMauriceJ以来じゃないかな。03:Everlasting Loveのレベルの高さ。有名曲のカバーの後ほど厳しくなるもんだけど、この曲は凄い。I Want Youのカバーの仕方は80'Sを感じるけど、この曲は良い意味で年代を超越している。詳しく書いてるサイトを見つけた。確かにこの方の仰るとおり。哀愁があって、ロナルド・アイズレーを標榜しているようにも感じる。けど、裏方の匂いがあって、そこら辺がDonell Jonesにも近い。彼も超有名なUKnow What's Up以外は裏方感が強かった

裏方なメロウ感は不思議とエロさが無くて、逆に切なさを僕の側に連れてくる
この感覚は非常に貴重なんだよ。そして、このジャケは意味不明なんだよ。フレーミングが間違っているとも思うし、先ほどのサイトでは「腕立て」と書いてあるけど、男の下には裸の女性がいるんだと思う。そういう暗示があるのだけど、実際は男側の空想だけのような、、そしてその空想にイヤラシサが無い。 とまあ意味不明なことを書いているけど、久しぶりの意味不明なジャケだから。アルバムタイトルはストレートでナイスなのにね。
 



Kolorz - "Kolorz"

甘酸っぱいメロウは不思議と澄んでいて・・・


99年だったかな01年だったかなbmrで批評家達が90'Sの傑作を選んでた。bluは選出されていたけど、このKolorzは見かけなかった。選ばれないレベルの作品なのか日本の批評家も知らないほどのマニアな作品なのか、その答えは明確だと思う。02:a little loveを聴けばメロウ親和性がある人は全員が同意する。これをメロウと言わず、何をメロウというのか。メロウに肉体性が必須だと思っている輩を横に置けば、メロウなR&Bが好きな層の大多数に訴えかける傑作なのは間違いない。

「甘酸っぱいメロウ」は純粋に矛盾。Mellowは熟しているのだから、甘酸っぱいワケない。けど、やっぱり普通のメロウな曲ではない。若さがいい意味で表現されていてSex感が薄い。この貴重さ。聴き込むほどに澄み切った空間がある。アルトサックスの間奏がたまらないのに、アルトサックスって色で言えば暖色系なのに、この歌では不思議な色合い。どんどん黄色に近づいていくのに、その黄色の肌触りが柔らかくて。

SoulAtfさんのYoutubeチャンネルで知ったけど、やっぱり選出基準が半端無い。きっと本国の人だと思うけど、SoulAtfさんと僕の2人で今後のR&Bの評価軸を作っていく。これこそが僕の真の夢。そうであるならばメロウでこの曲は絶対に外せない

 



Le Jit - "Le Jit"

昇華の先にあるもの



2013年に発売された2枚目はあっというまに売り切れ→中古値上がりになった。歌えるグループなのにシャウトだけで押さない。メロディアスで落ち着いている。だからすぐにこのデビュー作を探したのに2万円近辺。いくらなんでも高すぎだろう!とついつい書いてしまったが、マメにチェックしていたら8000円代で売っていたので迷わず買った。

あり得ない。なんだこのグループは???こんな処女作は初めて聴いた。
歌えるだけのグループなら90年代も沢山あった。けど、この独特の個性は何なのだろう? 2013年は全方向な完成度にびっくりしたけど、1作目でここまで突き詰めたからこその、あの2作目か。

02:Sexy Waysは微笑ましい。これが一般的な若い男性グループの普通のライン。どれだけ内省的な歌手が好きでも、「SEX」に興味零は年頃の男の子としてはあり得ない。とことん拘っていたのは間違いなくJodeciだけど、彼らの処女作はStayやForever My Ladyとか、当時しか出せない雰囲気が良かったしね。問題なのは、このLe Jitがその先を突き詰めているところ。それもSilkみたいな方向じゃない。己の性欲を別方向に持っていっていると感じる。この方向は千枚越して、初めての感覚。

年頃の男の子はスポーツに打ち込んで昇華する
というのは、そこまで間違ってないと思ってる。帰宅部でグタグタしているぐらいなら部活をやってた方がいい。クラスの友達よりも部活の友達の方が歳とっても連絡をとってる事が多いから。III from the Soulの処女作はスポーツでの昇華がしっくり来る作品だった。なのに、このLe Jitは違う。その先にいると感じる。

03:Alizarもそこそこ。04:Sexualityも普通。ここまでは想定ラインの中に納まっている。この曲で表現されているSexとの関係とか、10代の通常ライン。曲のレベルも歌声のレベルも高いけど、方向性としては想定内。05:Afrodisiacも悪くない。06:Summer Loveは爽やかな曲で楽曲の幅も問題ない。
このグループの独特の世界観が出てくるのはその先。
 



Kolaboration Of Soulz - "Kolaboration Of Soulz"

内向的なボーカルグループなのにRAPが映える


SoulAtfさんが紹介していた98年の作品。Youtubeの曲が内向的で気に入ったのに、この押してるジャケとグループ名。ミスマッチが逆に気になって買おうとしたらAmazonにはカセットしかないMp3vaにリクエストしたら数ヶ月で取り扱ってくれた。相変わらずMp3vaには驚かされる事が多い。

本当に驚いたのはこの作品を初めて聴いたとき。RAPが所々で入るんだよね。feat名義が無いからグループのメンバーのうちの1人がラッパーなんだろう。ボーカルグループでメンバーの1人がラッパーって、そこまで多くない。そして基本的にはラッパーはいらない事が多い。ところがKolaboration Of Soulzはラップが心地よい。のラップ嫌いな俺が心地よいと感じるなんて、かなり珍しい。というよりも今まで唯一はAngieのKarmaだけかもね。この曲は本当にラッパーが良い仕事してる。

なぜか知らないけど、ラッパーは欲望を煽る事が多い。これだけBlack Musicにコミットしててもラップは完全スルー。音楽を聴き始めた92年はドレがメジャーで、ドギーが新人で。全く惹かれなかったんだよね(汗 哲章さんのサイトを見てラッパーの中にも内向的な人たちがいることは知ったけど、特に今まで聴こうとも思わなかった。SoulAtfさんが活動を止めたらラップを聴くのも考えてもいいけど、当分は歌モノだけで間に合っているから。

けど、このKolaboration Of Soulzのラッパーは素晴らしい。多分ジャケの右側の白人っぽい人なんだと思うけど。02:Back In My Lifeを聴いた時、あれ?と思った。ボーカルグループにラップが入る時点でどうしてもRemixっぽくなるのに、がっちりとかみ合っていたから。03:Right Here(Whenever You Want It)はラッパーが前面に出来た曲。バックで女性の声が入っているぐらいなんだけど、一般的なラッパーのラインから比べると落ち着いているんじゃないかな。



Drizabone - "Conspiracy"

オシャレとセンスと○○○



Groove Theoryに一番近い94年の作品。
90'Sの傑作は全部抑えたとつもりでも未だに発見がある。Groove Theory自体をちゃんと紹介できないので、説得力が無いのだが、横の画像をクリックしてAmazonのレビューを見てもらえば、私1人の感覚じゃないことは伝わるかな。

これだけ傑作なのに全く無名なのはジャケの悪さとタイトルの悪さ。「陰謀」というタイトルでジャケが「眼のドアップ」だとまるでプロビデンスの目だし、フリーメイソンの陰謀論にも近い。ジャケとタイトルから、ボーカルは男性だと思ってた。。このセンスは意味不明だけど、アルバムの曲は粒ぞろいなんだよね。

01:Last Timeはアメールよりもファットに歌っている。バックの音にセンスがあって、何よりもオシャレ。Groove Theoryを100回以上聴いた人は1曲目で期待大でしょう。02:Real Loveも途中のラップが90'sを思わせる。ラップもアクセントとして効いていて、オシャレなラインは保ってる。03:Hitからファットさが抜けて当時のアメールに近くなる。このしっとりとした歌い方はアメールよりもいい意味で「おんな」を感じる。けど、男に媚は売ってない。その凄さ。

肩の力を抜いた04:Gonna Happenはつなぎの位置づけだが、レベルは落ちてない。こういう場面でアルバムの完成度が出るけど、この曲はナイス。アルバム全体にサックスの使い方が上手。



Tevin Campbell - "Back To The World"

「悪銭身につかず」を跳ね飛ばした傑作



96年当時、「髪型とヒゲがイヤ」という身も蓋も無い理由で本作を聴かなかった層が一定数居たが私もその範疇。00'S以降に中古で買って一通り聴いて棚に閉まった。本作はそこまでヒットせず、本作をもって第一線から退場した感覚だけど、本作を賞賛する人たちがいるのは分かってた。その理由もおぼろげながらに感じたけど、紹介する意欲が少なくて。。

今回、レビューのリクエストをもらって改めて聴いたけど、ここまで時が流れてやっと分かった。この作品は10%レベルの奇跡なのだと。子供時代にデビューした役者を子役と呼ぶならば、歌手の場合も子歌手と呼ぶべき。マイケルジャクソンを見てもマコーレンカルキンを見ても、幼い頃に成功すると、殆どが成長に失敗する。稼いだお金を巡って両親がぶつかって離婚することも多いし、そもそも一般的な恋愛感情を育む機会が無い。

「悪銭身につかず」と並べて「悪成功身に付かず」
さすがに言い過ぎ? 宝くじもそう。以前になんかの媒体で読んだけど、一億円以上当たった後の軌跡。殆どの人が幸せになれない。「身の丈を超えるお金を手に入れると不幸になる」をシンプルに言ったのが、「悪銭身につかず」 これは人間理解の当然だと思っていいと感じてる。同じように、身の丈を超える成功を手に入れても不幸になる。

00's以降の人たちはテヴィンのことを殆ど知らないと思うけど、90'sで知らない人はモグリ。それぐらに90年代を代表するバブルガムR&Bの歌手であり、デビュー作のTell Me What You Want Me To Doは衝撃だった。あの一曲でスターに仲間入りした。改めて調べるとR&BチャートNo1だったのか。確かに当時はどこでも流れていた。

 




Special Generation - "Take It To The Floor"

どんなブサメンでもアイドル性を持っている

新品の出品価格と中古の価格の差がありすぎたから買った。いつ頃買ったのかも記憶が無い。今となっては抽出したflacデータしかない。だからこんなジャケですが。。買ってすぐのときは何にも惹かれなかった。でも、新作が無いときは定期的に聴き直す。やっとこの作品の良さが分かった。これはまさしくオンリーワン。

90年代のニュー・ジャック・スイング(NJS)系ボーカルグループ。プロデューサーが誰なのかも分からない。。本作は90年発表。当時の音が心地よいけど、音だけに注目すると平均以上の傑作未満。2曲目と10曲目の深さに気づくかどうか。ガツンとDeepじゃないから、一回ぐらいじゃ気づかない。けど、己の顔を恨み、楽しくやっているイケメンを恨み、こんな顔で生んだ親までもついつい恨んでしまった経験がある人は、ぜったいに聴くべき。

良い意味で80年代のアイドルグループの音。それだけでなく声も男性アイドル王道路線。今となってはブラックミュージックのジャンルだけでなく、 そこら辺のジャニーズやK-POPでもありふれた曲調。だからこそ源流を聴かないと。「この曲から全てが生まれた」といいたくなるほどのアイドル性をもったアップテンポの曲。

数多(あまた)のフォロワーに比べるとリズムのクセ感が違う。どれだけ真似しても越せない壁を感じる。05:Very Special One このフォーマットこそが全世界に広がったし、Bメロに入る時の明るいリズムはジャニーズ事務所が追い求めている形。けど、2:50のブリッジのピアノがいいんだよね。 Jazzピアノの伝統を感じる。ラップを入れるのも今となっては全世界共通だけど、 このピアノはブロードウェイをルーツとするアイドル事務所には作れない形。って、なんで今回はここまでジャニーズをディスっているのかな?自分でもわからん。

真の名曲なのが02:We Can Dance このタイトルは深い。「僕らは踊ることが出来る」というのは単なる踊りでなく、ステージの上でスポットライトを浴びながら踊るという意味。 そして僕らという単語はこのグループに閉じていない。閉じるなら、このタイトルにならない。このタイトルは生まれて初めて見た。 ビビった。もともとAKBは「美少女とはいえない女の子」にもアイドルの夢を見せてくれた。けどイケメンといえない男の子にアイドルの夢を見せてくれる男性グループなんて今になっても無い(知ってたら教えてください)。だからこそこのグループはオンリーワンなのだ。

作品のもつ深さを証明するのが10:Another Place
この内省感は本サイトが百回リピートをするレベル。2曲目と10曲目が同じアルバムに収録されている奇跡。 この曲は一生光の当たる場所に行けないと思ってる心の最深部にまで届く。顔の造りだけで生まれ変わりを望むのは弱い人生だけど、その気持ちを貶しても両者どこにも行かない。唯一の本当の答えは地面から声が聞こえること。この曲はそれに該当する。一般的なAnother Placeはもっと恋愛感が入っていて、だからブサメンには届かない。この曲は違う。恋愛感零でも聴ける。俺はこういう所でウソは言わない。 このグループが持つ幅は、良曲のUPから「体が鳴いてるbody」までを表現できたAmyth以来かもね。

他にも赤をつけたくなる良曲が多いけど、このノリで書くとどんどん長くなるからここまでで。05→02→10の順番で10回リピートすれば言いたい事は伝わると思う。新品を5000円で出品している人は傑作だと分かっているのだろう。今ならAmazonで中古1円で買える。Mp3vaでも置いてあるじゃん。ブサメンだけでなく、イケメンにも、そして普通の人にもオススメかもね。この作品の深みと幅は。

 

----

もちろん「どんなに顔の作りが恵まれてない男でも、アイドル性を伸ばすことができる」というのが正式な本文のタイトルになるべき。それは分かった上で、「ブサメン」という単語を多用し、「アイドル性を持っている」と書いた。オブラートでなくストレートに表現する事である種の覚悟が出るのもあるし、伸ばすとかの前に「誰でも種は持っている」ことを明確にしたかったから。ブサメンとかブスとか書くよりも、「彼女は自身の内面に見合った外見を持っていなかった」と表現する村上春樹のトーンの方がいいよね。

 

Amazonみたら2014年に購入か。3年間ずっとお蔵入りしてた。。

US-wikipediaを見ると、MCハマーがバックについていたのね。


 




After 7 - "Takin' My Time"



92年の作品。確かに良曲が揃っている。啓志本ではAfter7のお勧めが本作なのも知っていたけど、ずっと聴くのが遅れていました。。01:All About LoveはMiddle-Upだけど、彼らなりの攻撃性。この若さが心地良い。Babyfaceよりも意識的に幅を生み出そうとしている衝動を感じる。04:Truly Somthing Specialは名曲。こういうのが誰でも聴けて、誰もが褒めるタイプの曲。92年は当たり年だとずっと思っていたけど、この曲は確かに当時に聴きたかった。他の有名曲に隠れてしまったのかな。

En-Wikiを見ると、「本作だけはBabyfaceもLAリードもプロデュースしてない」と書いてあるけど、良曲が揃っている。ダリル・シモンズやJam&Lewisのおかげかな。05:Baby I'm For Realは個人的に好きなタイプの曲。え、これってMarvin Gayeの曲なの?知らなかった。サビでのリードの声の伸びがナイス。07:No Better Loveは低い音が映えるMiddle。当時としても珍しい手触り。意外とイケル。もうちょっと狂気があれば歴史に残った。底に引きずり込む感覚が弱い。方向性としてはサバトなんだろうけど、、

堕落の底にひきずりこみたいのか、それを止めたいのか、そこがハッキリしてないと思う。
ということは、グループには重荷過ぎたということ。After7の声は素直すぎるというか、良い子ちゃんすぎると言うか。。プリンスと合わないのは、ファッションとしてのサバトを感じるから。そういえば、トム・クルーズが最近、映画撮影中に怪我をしたけど、彼の主演映画ならアイズワイドシャットだね。うーん、昨日まで失楽園を読み込んでいたからちょっと引っ張られているなぁ。

アルバムタイトル曲の08:Takin' My Timeはそんなに惹かれない。09:G.S.T.はLAリードが参加しているだけのことはある。この手触りは結構好きだけど、声のトーンが高すぎるような気もする。声に合う曲といえば10:Love By Day, Love By Nightの方が良い。11:He Said, She Saidも攻撃的な音だが、こちらはAfter7に合ってないような。。

----
ごめんなさい。せっかくリクエストを貰ったけど、これが精一杯です。一言タイトルは浮かんでこなかった。。
今日は同時にSpecial GenerationをUPしたけど、アルバムの出来では差が無いと思う。(というよりAfter7の方が上という意見の方が多いかな) 結局は、己の志向性と重なるかどうかであって、根本的にはBabyfaceともAfter7とも重ならない。だけど、歳を重ねると収斂していく。昨年のAfter7の復活作には鷲掴みされたし、95年の作品も聴きこむほどに足りないものを教えられた。けど、本作にはそこまで感じなかったです。カバーの5曲目を除けば緑は4曲目。こういう曲はガッチリとはこない。それはネガティブでは決して無いのだけど。。

個人的には、本当に07:No Better Loveはふさわしい歌手にカバーして欲しい。うーん、誰かな? 底に落ちたと言う意味ではHoustonかな。下手に「堕落の底に落ちるな」と言われるよりも、とことん落ちた状態を歌ってくれる方が示唆するものが多いと思うから。

---
ちなみに、ウィルソン・ピケットは、、ごめんなさい。持ってる作品、全部聴きましたが、やっぱり無理です。あと5年は無理な気がする。。



<< | 2/3PAGES | >>

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM