デイヴィッド・ヴェリティ −「インエクソラブル」


日本語盤も買った。あまりにボーナス曲が良かったから。これだけ完成度が高いボーナス曲はASAだけでは?
本人のコメントや経歴も多く、買ったことは非常に満足。

一番興味深かったコメント。「ちなみに業界で仲がいいのは、まずキース・マーティン」
Keith Martinを知っている人は本サイトに来てる中でも30%では? アルバムを持っている人は10%もいないと思う。知ってるだけで自慢できるレベルのマイナーな歌手。実は僕も2枚持っているけど、レビューはずっと遅れてる。なんていうのかな、安定感が強すぎでアクティブな色気が無いから。95年の"It's Long Over Due"はそうだね。03:Somehow,Somewayや04:If Love Feels So Goodは個人的に好き。没個性すぎる気もするが、このラインをKeepできるのは珍しい自己像だとも思う。Devanteのガチファンなら聞いてみれば。歌手が真逆のタイプだから仲がいいのだと思うな。ところが、2作目(だと思う。04年発売)の"Validated"がまったく違うテイストで。1作目と2作目がこれだけ違うのは整形したヴィヴィアンぐらいなのでは? 取り扱いに困っていたけど、05:Babyloveと15:Thank youは名曲。これだけはHP時代にTOPコメントで書いた気がするんだけど。

「Ready Or Notをリリースすれば状況が変わるに違いないと勝手に信じていた。以前の、メジャーレーベルと契約しているR&Bアーティストたちと最低でも同じレベルになると世界的に認められるんじゃないか、というくらいに作品に自信を持っていたんだ。《略》 だけど、僕と契約を交わそうというレーベルは結局現れなかった。僕にはマネージャもエージェントもレーベルも支援者もいなかったんだ。打ちひしがれた気持ちで4年を過ごしたあと、気を取り直して「もう一度挑戦してみよう!」と思い立って次のアルバムThe Foundationをリリースしたんだ」
分かるよ。その作品に対する自信も、そして4年間のショックも。
 



Michael Sterling - "Time"

おじいちゃんから孫(小学生以下)まで乗ってるドライブにオススメ
祝★「R&Bの入口」IN



本サイトが評価する「苦悩と光」は零。「爽やか」でも普通。特段メロウでもない。けど、本作は傑作。だから比較する歌手が難しい。SoulAtfさんが取り上げていたから知ったのだが、改めて調べるとチャンネルにない。。Mp3vaで買った本作はAmazonにもEn-Wikiのリストにも無い。。だから余計に謎なのですが、本作の良さは上記コメントのとおり。どんな年齢層でも気に入る幅の広さ。そして聴き込むと見えてくる深さがある。

ちょっと幼い声の出し方をする。低いざらついた手触りこそが賞賛されるBlack Musicにおいて異色。この声が対象年齢を下方に広げる。一歩間違えると子供向け番組のオープニングソングだが、メロディーの良さが対象年齢を引き上げる。1960年生まれで80'S後半からコンスタントにアルバムを発表。無名だけど、ずっと音楽活動が出来ている理由は自作自演だと想定する。いい意味で統一感がある。80年代の良い面が楽曲に出ていて、幅広いアピールが出来ている。


山で言えば乗鞍岳。それは間違いない。
3000mを越す21座の中で唯一登山バスで頂上付近まで来れる。だから頂上には多様な人がいる。あれだけ沢山の人がいる点では富士山に近いが、「高い山にちょっと興味があって」という表情の人が多い。麓の日帰り温泉のレベルの高さも特筆モノ。7月ぐらいに買ってから聴いていたけど、今年のお盆に乗鞍に登ったときに痛感した。この絶妙感は塩見岳とRaul Midonの組み合わせと同じレベル。山と曲の良い組み合わせは滅多に見つからないから、富士山・Javierデビュー作もいれた3つ以外に思いつかない。

良い意味で軽さをKeepしているけど、本サイトの基準でも十分に深いのが16:Me&You 単純なHappyな情景ではない。まだ歌詞は調べてないけど、Ups and Downという単語は耳に飛び込んでくる。逆にこの曲がなければここまで絶賛はしない。おじいちゃんから孫まで乗っているドライブであっても、「今更家族旅行かよ」で我関せずな態度の若い男/女を鷲掴み。「え、ちょっとこの曲はもう一回聴かせてよ」ということ間違いない。その前の15:Fakeもいい。珍しい曲名。こういう激珍しい曲名が傑作だったら、作品の評価は一気に上がる。この基準は間違ってないと思うのだけど。

続きを読む >>



<< | 2/2PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM