つ、ついに会社で出会ってしまった。

まさか同じ会社にこれだけコアなファンがいるとは。。

 

私が某IT系企業の人材開発部に所属して講師等をやっているのは何度も書いていると思うけど、うちの会社でBlack Musicファンって殆どいない。そりゃもちろんライト層はいるけど、別にあの人たちは自分自身をBlack Musicファンと思って無い。単に色々聞いてる好きな歌手の一人に黒人歌手がいるぐらい。それはコミットメントの差だから別にネガティブとも思ってないけど。

 

今回、研修の事務局していたら、同年代の人が「黒人音楽ファン」と自己紹介したので話しかけてみたら、800枚はCDを持っているとのこと。

「いつごろメインですか」

「90年代です」

「僕も90年代です。ちなみに誰が好きですか」

「だれかなぁ、、、ゴードン・チェンバース」

えっ・・・ま、まさか会社の中でのこの単語を聞くとは。そりゃマライヤやホイットニーやジャネットとかなら分かるけど、チェンバースだよ。一瞬、聞き間違いと思うほど。日本人で彼を知っているのは千名いないと思う。2017年に話題にする人は100名もいないのでは?

で、うちのサイトの話になって、「あ、このサイト、昔ちょっとだけ見た事あるような」「こんだけ書いているので、Black Music100枚以上持っている人は、絶対に一度は来ていると思いますよ」

 

次の日に「若井さん、改めてサイト見させてもらいましたよ。あんだけ書いてて凄いですね。本として出さないんですか?」「いやー、僕はマニアックな曲を評価するんで、評価軸が一般的じゃないんですよ。多分、書いた量は原稿用紙3千枚は行ってると思いますが」と答えておきました。

 

ということで、

これからもHideさん、一つ一つのコメントに返事はしませんが、よろしくお願いします(笑




Jamie Foxx - "Peep This"


Jamie Foxxの真のデビューアルバム。
コメディアンとして活動してた中、
インディーズからセルフプロデュースで出したこちらはオススメです

とまっちゃんさんに教えてもらった。

第一印象はある意味大事な面があって、私にとってのJamie Foxxはレイ・チャールズの伝記映画での主演が最初なので、歌手活動について違和感が無い。けど、コメディアンの印象が強い人は違和感あるかもね。逆に私にってはウィル・スミスがHip-Hopしているのはちょっと違和感あったりするから。

本作はJamie Foxxのファンならばオススメ。けど、私みたいに本作だけしか知らないと、ちゃんとしたレビューはできない。アルバムの最初の方はサウンドプロダクションというかボーカルの音とバックの音のバランスが悪いと思ってしまう。03:Miss Youから個性が見えてくる。04:Dog Houseは若い部分が上手く出てる。05:Infatuationも良い。07:Presiousは内面に踏み込んだ感覚。09:Summertimeはタイトルに相応しい。
10:If You Love Meはこの時期しか出せない内省感があって良い。

11:Dont Let The Sun Go Downはピアノと声だけの曲。10曲目からの連結も良いし、もう一段下がって、もう一歩叫んでいる。確かに素晴らしい。まっちゃんさんが「個人的にBrian McKnightのNever Felt This Wayと同じ位何故か好きです。」というだけのことはある。12:Light A Candleも良い。最後の3曲は統一的なコンセプトを感じる。もうちょっと掘り下げたら、深い意味が出てくると思うけど、そこはまだ見えない。ただ、純粋な歌手として、良いデビュー作になっているのは分かる。今のところ、これくらいで。



Vertical Hod - "Head First"

オシャレと深みの交差



95年の作品だけど全く知らなかった。SoulAtfさんが紹介しててMp3vaでも置いてなかったからAmazonで中古で買った。聴いてるうちに「このボーカル、Angie Stoneにそっくりの声出すなぁ」と思ってたら、本人だった。。2000年にAngieを聴きこんでいたとき、このグループの情報って全く無かったんですけど。。

90'Sのオシャレ系アルバムに匹敵する楽曲群の良さ。まるでトニーズの誰かがプロデュースしたかのよう。01:Head Firstからレベル高い。アルバム全体的に痛みを感じるような深さはないけど、こういう絶妙なラインの傑作を持っていることは大事。プロデューサーのKedar Massenburgは流石の仕事をしている。

どんな女性でも、どんな男性でも気に入る窓口の広さ。
惜しくは大ヒットするような強力曲が無いこと。けど、だからこそカルトクラシックになる。ミドルテンポの曲が多く、部屋で独りでいるときよりも、お店とか車とか外で聴くのに似合う。そして、そのミドルテンポに時代臭が無い。だから今聴いても古さは全く感じない。そこもポイントだったりする。

ボーカルがAngieということを差し置いても、全曲赤色でいいんじゃないかと思ってる。03:Let Me Break It DownはAngieの深みのある声が響く。痛みがないのに深い。この不思議さ。このアルバムからこの曲を選んだら、どれだけ本人が痛みを抱えていなくても、それを受入れる器はある。間違いない。この曲で判定すればいい。Angieの傑作曲は色々あるけど、2001年のMahogany Soulに納められた"Makings Of You"のFouuの凄さ。この若いときのバージョンこそが本曲にある。この凄さ。00年代以降は痛み全開の曲だから、あのAngieに合わない人は一定数いると思う。ウチのサイトは死ぬ気でAngieを薦めているから、聴いてピントこなくて棚にしまったままになっている人にこそ本曲を薦めたい。04:Love Todayは一点して明るいMiddle-Up そういう収録順の良さもある。




Howard Hewettが歌うBodyの凄さ



リクエストのあったHoward Hewett の"If Only"を聴いてます。
ついでに"I Commit To Love(1986)"と" Forever And Ever(1988)"もMp3vaで買った。確かに"If Only(2007)"は良い。けど、やっぱり哲章さんが90'SのインディーNo1と絶賛する"It's Time(1994)"は超さないね。I Commit To Love,Forever And Everとの完成度の差。なぜインディーになったのか不可思議。完成度が高すぎて売れそうに無いからお蔵入り→インディーで発売なのかな。改めて凄さを痛感している。

まだHoward Hewettを聴いたことがなければ、やっぱり"It's Time"をオススメします。"If Only"は80年代の2作と比べると断然良いのだけど、レビューは08年に発売されたクリスマスアルバムを聴いてからにしたい。そして、やっぱりクリスマスアルバムは早くて10/1からかな。残暑もなくて夜の空と初秋の風が気持ちいいけど、流石に9月からクリスマスアルバムは聴けない。

だからIt's Timeを聴きこんでいます。レビューは2002年だけど大筋では訂正無し。いまでも「シルクのハンカチ」を感じる。変わった点は聴く自分自身の態度。15年前は背伸びして聴いてた。だってタイプが全然違うから。

インディー発売の傑作なのに物悲しさが零
この歌世界は「心の奥底の痛み」からBlack Musicに入ったリスナーにはきつい。それでも聴けたのは07:Say Good-byeのおかげ。今となってはこれも緑色にしていいと思う。ピアノと声だけの曲は、未だに3曲しか見つからない。どれも素晴らしい。

家でピアノを弾きながら歌う男性像
キムタクがこれだけメジャーになったのはロングバケーションでのこの弾き語りの姿だと思っている。もちろん我らが英雄、久保田のLaLaLaもテーマソングだしね。当時、まったく地上波を見なかった自分自身でも知ってくるぐらいだから。サックス吹いてる男性像も憧れだが、透明感という意味ではピアノだね。あんまりギターに惹かれないのは生まれつきかも。

 



JS - "Ice Cream"

小悪魔さも身につけて




R. Kellyがプロデュースしたから以前に買ったけど、さっぱり惹かれなかった。そりゃ楽曲群についてはR. Kellyのスタイルだから隅から隅まで分かる。Deepの正反対=カジュアルな作品だから何の苦も無い。けど、この軽さが逆に苦手でずっと棚行きでした。今回、山ガールの聖地:白馬岳で聞いてやっとこの作品の良さが分かった。やっぱり部屋の中で聴いても掘り下げることはできても、自分の枠組を広げることはできないね。旅行の時こそ苦手な曲を持っていく。頭で考えるのでなく、単に棚=聴きこみ足らないリストからDAPに適当に転送するだけ。こういう距離感こそが、気づきに繋がる。

こんな造った可愛さに惹かれる男はアホ
とずっと思っていたけど、造ってない可愛さがあると思っている男ほどオメデタな人もいない。どれだけ隠しているかの違いしかなくて、これだけ隠して無いのも素晴らしい。アルバムタイトルの「アイスクリーム」の時点でパスだけど、タイトルに相応しい楽曲群。曲のレベルの高さは折り紙つきだから、「この世界観に合うか合わないか」だけであって、僕はやっと良さが分かった気がするよ。

01:Love Angelなんて人を小馬鹿にした態度だが、バックはチョコファクな雰囲気でレベルは高い。R. Kellyの声もちゃんと入っているけど、昔よりも登場の仕方がマシになったかな。02:Someoneもレベルが高い。個人的にはファット感もあるSomeoneの方が好き。アルバムタイトルの03:Ice Creamはあまり惹かれない。これを好きになれないと本物にはなれないのだが、道は遠い。。




After 7 - "Takin' My Time"



92年の作品。確かに良曲が揃っている。啓志本ではAfter7のお勧めが本作なのも知っていたけど、ずっと聴くのが遅れていました。。01:All About LoveはMiddle-Upだけど、彼らなりの攻撃性。この若さが心地良い。Babyfaceよりも意識的に幅を生み出そうとしている衝動を感じる。04:Truly Somthing Specialは名曲。こういうのが誰でも聴けて、誰もが褒めるタイプの曲。92年は当たり年だとずっと思っていたけど、この曲は確かに当時に聴きたかった。他の有名曲に隠れてしまったのかな。

En-Wikiを見ると、「本作だけはBabyfaceもLAリードもプロデュースしてない」と書いてあるけど、良曲が揃っている。ダリル・シモンズやJam&Lewisのおかげかな。05:Baby I'm For Realは個人的に好きなタイプの曲。え、これってMarvin Gayeの曲なの?知らなかった。サビでのリードの声の伸びがナイス。07:No Better Loveは低い音が映えるMiddle。当時としても珍しい手触り。意外とイケル。もうちょっと狂気があれば歴史に残った。底に引きずり込む感覚が弱い。方向性としてはサバトなんだろうけど、、

堕落の底にひきずりこみたいのか、それを止めたいのか、そこがハッキリしてないと思う。
ということは、グループには重荷過ぎたということ。After7の声は素直すぎるというか、良い子ちゃんすぎると言うか。。プリンスと合わないのは、ファッションとしてのサバトを感じるから。そういえば、トム・クルーズが最近、映画撮影中に怪我をしたけど、彼の主演映画ならアイズワイドシャットだね。うーん、昨日まで失楽園を読み込んでいたからちょっと引っ張られているなぁ。

 




Special Generation - "Take It To The Floor"

どんなブサメンでもアイドル性を持っている

新品の出品価格と中古の価格の差がありすぎたから買った。いつ頃買ったのかも記憶が無い。今となっては抽出したflacデータしかない。だからこんなジャケですが。。買ってすぐのときは何にも惹かれなかった。でも、新作が無いときは定期的に聴き直す。やっとこの作品の良さが分かった。これはまさしくオンリーワン。

90年代のニュー・ジャック・スイング(NJS)系ボーカルグループ。プロデューサーが誰なのかも分からない。。本作は90年発表。当時の音が心地よいけど、音だけに注目すると平均以上の傑作未満。2曲目と10曲目の深さに気づくかどうか。ガツンとDeepじゃないから、一回ぐらいじゃ気づかない。けど、己の顔を恨み、楽しくやっているイケメンを恨み、こんな顔で生んだ親までもついつい恨んでしまった経験がある人は、ぜったいに聴くべき。

良い意味で80年代のアイドルグループの音。それだけでなく声も男性アイドル王道路線。今となってはブラックミュージックのジャンルだけでなく、 そこら辺のジャニーズやK-POPでもありふれた曲調。だからこそ源流を聴かないと。「この曲から全てが生まれた」といいたくなるほどのアイドル性をもったアップテンポの曲。

数多(あまた)のフォロワーに比べるとリズムのクセ感が違う。どれだけ真似しても越せない壁を感じる。05:Very Special One このフォーマットこそが全世界に広がったし、Bメロに入る時の明るいリズムはジャニーズ事務所が追い求めている形。けど、2:50のブリッジのピアノがいいんだよね。 Jazzピアノの伝統を感じる。ラップを入れるのも今となっては全世界共通だけど、 このピアノはブロードウェイをルーツとするアイドル事務所には作れない形。って、なんで今回はここまでジャニーズをディスっているのかな?自分でもわからん。

真の名曲なのが02:We Can Dance このタイトルは深い。「僕らは踊ることが出来る」というのは単なる踊りでなく、ステージの上でスポットライトを浴びながら踊るという意味。 そして僕らという単語はこのグループに閉じていない。閉じるなら、このタイトルにならない。このタイトルは生まれて初めて見た。 ビビった。もともとAKBは「美少女とはいえない女の子」にもアイドルの夢を見せてくれた。けどイケメンといえない男の子にアイドルの夢を見せてくれる男性グループなんて今になっても無い(知ってたら教えてください)。だからこそこのグループはオンリーワンなのだ。
 



Johnny Gill - "Chemistry"

「若さ」と「エレガントさ」の狭間で


歌手名を知らずに聴くと誰だか分からない。歌手として上手いのは分かるけど、上手すぎで逆に個性が見えない。MyMyMyが収録された90年のセルフタイトル(3作目)は「エレガントさ」が個性になっているけど、さすがにソロ2作目の本作を発表した85年は19歳だからエレガントさはない。83年のデビュー作は本人の年齢と歌詞世界がミスマッチだった。今回はそういうミスマッチも無いから、余計に誰だか分からないのかも。この歌い方はPeabo Brysonの最良部分のようにも聴こえるから。

Johnny Gillは歌の上手さだけでなく、声に乗せる感情の深さが魅力。特に96年のLet' Get,,,で掘り下げた部分。2000年以降のカムバック作はその深さに裏打ちされた明るさがある。本作は良曲が揃ってる。Johnny Gillじゃなかったら「すげーー」というレベルなのに、Johnny Gillとして聴くと物足りなさを感じてしまう。けど、そういう前提知識を横におけば、かなりの良い作品。

01:Half Crazyの良さ。普通ならこの曲がある時点で傑作になる。こういうタイプの曲は歌手の上手さがダイレクトに出るね。さすがJohnny Gill。特に1:50ぐらいの喉の使い方。こういう声を出せるのはR&B男性歌手の2割ぐらいじゃないかな。個人的には3作目の他の曲と比べても、MyMyMyと並べて聴くと相乗効果が一番出ると思う。それぐらい名曲です。結婚式のバックで流せるレベルだね。

02:Can't Wait Til Tomorrowの良さ。バックの音の使い方では、そのまんま80年代の攻め方をしているMiddle-Upの曲だけどレベルが高い。A、Bメロに抑制が効いているからかな。UPになればなるほど時代性が出てくるけど、この曲は古さを感じさせない。バックコーラスの入れ方も80年代なんだけど、やっぱり時代を超越している。このテンポの曲で緑をつけることは滅多に無いけど、かぎりなく緑に近い赤だと思ってください。03:Don't Take Away My PrideはMiddle-Slowのわりには時代を感じる。懐かしさを感じる部分はJohnny Gillの声の良さかな。

 




Stevie Wonder - "All in Love is Fair"

  • All in Love is Fair (恋愛における全ての事実は等価)
  • All is Fair in Love (全ての人は恋愛の前で平等)


Stevie Wonderの最高傑作中の最高傑作にして、Black Musicの最深地点。
この曲よりも深い恋愛曲はこの世に存在しないと断言できるほど。とことん重い曲だから苦手にする人も多い。極度に聴く人を選ぶという意味でHIT性は零に近い。しかし、ギリギリの人を救える力としては、本作に勝るものはない。真っ暗な部屋の中で連続リピートしながら、Soulを重ねていく。3回連続するだけでも素晴らしい。本当に本曲を必要とする状況になったら、それだけで胸を張っていい。それぐらいの価値がある曲。

Pleasure & Pain :喜びと悲しみは付き合っている時と別れた時で反転する
この気づきこそが出発点。別れた後は楽しい思い出の数だけ辛い。相手のイヤな面の数だけ早く忘れれる。別れた直後は誰もが感じる状態だけど、残念ながらここを明確に切り取った曲は無い。112のPleasure & Painは限りなく近いところにまで行っている。歌詞ではPleasure & Not Painとなっているけど、タイトルはPleasure & Painだから喜びと悲しみの連環については気づいているのだろう。惜しかった。ただ、その分だけ聴き易くなっている。

Stevie Wonderの本曲が最高傑作である理由は、All in Love is Fairだけでなく、All is Fair in Loveという事実に気づいたから。
けど、これは誰もが感じる事実ではない。恋愛軸における両極端にいる人しか感じないだろう。もちろん両極端の全員が感じるワケでもない。だから、この地点まで共有できる人は極一部。そうであっても、最大限、分かりやすく説明したいと思う。
 




15年経過して、うちのサイトは全く見つからない。。

人が一番多感な時期に聴いた音楽こそが、一番Soulをこめてレビューできる。

その時は永遠じゃないし、レビューのために音楽を聴くのもある線以上はやりすぎになる。このサイトはもうずっと無理してまで更新してないし、SoulAtfさんがいなかったらもっと前に実質閉店状態になっていただろう。けど、どれだけ時が流れても、絶対に守らなくちゃいけないラインはある。

超有名な歌手の一番奥底の曲、超マイナーな歌手の一番の名曲
これらに該当するモノだけは、絶対に検索のTOPに来なくちゃいけない。今となっては想像もできないけど、2005年まではwikipediaもYoutubeも殆ど情報が無くて、何もしなくてもウチのサイトが検索TOPになった。今では歌手名+曲名で検索すると歌詞サイトがTOPにくる。それは検索エンジンのアルゴリズムだからしょうがない。けど、やっぱりレビューの文章としてはTOPに来なくちゃいけない。そして、当然ながら、その死守リストの中にStevie WonderのAll is Fair in Loveは入ってる。
続きを読む >>



<< | 2/33PAGES | >>

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM