Kandi - "Kandi Koated"

女の情感


90'Sに一世を風靡した女性ボーカルグループXscapeの一員。売れ線を狙いすぎたデビュー作にダメ出しをした立場としては、こうやってシーンにカムバックして、なおかつ傑作を届けてくれたことが非常に嬉しい。前作の反省を踏まえて今回はトコトン自分自身に素直な作品に仕上がってる。逆にストレートすぎて引いてしまう男性もいるかも。30歳以下の女性じゃ絶対に表現できない「女の情感」が出てるから。

このジャケで一目瞭然。バックの柄はシックだけど、この艶かしいポーズと喧嘩を売ってるような表情は、30歳以下の草食男子が逃げ出すレベル。以前に俵万智の和歌選集を取り上げた。そこで絶賛されている河野裕子氏の和歌。

 「たとえば君 ガサッと落葉すくふように私をさらつて行つてはくれぬか」

本作の2:I Want Youはまさしくこの和歌と同じレベルになっている。この曲こそがアルバムの白眉だし、この曲だけで買っていい。100回リピートできる。あの選集を買ってもう6年。まさかこの和歌と同じレベルの曲が発表されるとは・・・純粋に感激です。男性陣にも女性陣にも推薦できる。特に35歳以上の未婚の女性は聴けば嗚咽するぐらいに感動すると思う。けど、本サイトは断言します。本曲は男性陣が聴くべき。と言うよりも「つべこべ言わずに聴け」といいたいぐらい。男性歌手ならばどれだけ気に入っても「お勧め」ぐらいだけど、女性歌手は違う。本当に聴くべき女性歌手の曲があるならば、それは男にとってマストです。そしてこの曲こそがマストです。他の歌手はいい。MaryJ.だろうがKeyshiaだろうが俺はマストとは言わない。けど、この曲はマストといいたい。それだけのレベルです。以前にMaryJ.のMy Lifeで以下のように書いた。

I know you're a busy man But you don't understand How it feels to be aloneが1番来る。このフレーズが1番くる。MaryJ.全開。Best買って満足してる人は間違ってます。そこらのアホガキが歌うAloneというフレーズとの差。紙人形とアフリカ象くらいはあります。「そんなAloneは理解したくねーよ」と叫びたい気持ちをぐっと抑えれば、それだけでイイ男の階段を1歩上がれます。

ここまで書いてもMy Lifeはマストじゃない。それはシンプルにこの曲を歌っているMaryJがは若いから。若いならまだ別の選択肢もある。けど、このKandiは違う。純粋に崖っぷち。だからこそマスト。この曲を100回聴けば1段なんてレベルじゃない。3段は上がれる。そんな曲なんて10年に一曲ぐらいのレベル。

やっぱりこれこそがSoulでしょう。純粋にそう思う。

ということで、続きは次回。

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM