スピーカー自作

「音楽好きは、いつか演奏 or リスニング環境に凝り始める」
と聞いたことがある。

けど、ずっと個人的には演奏もリスニング環境も縁が無いと思ってた。スピーカーやアンプとかに拘っている人って、ジャンルは大体クラシックかJazzなんだよね。それに音楽をベストな形で聴く事に拘り過ぎるあまり、歌手自体への突き詰めが弱い気がしてたから。Blackミュージックはボーカルの奥に息づく心情を汲み取ってこそだと思っていたから、ヘッドフォンで真夜中に聴きこめばいいと思ってた。加えて、R&Bを聴き始めた90年から20年間ずっと同じCDラジカセを使ってる意地もあったしね。さすがに8年目にCDトレイが壊れたが、Pioneerの25枚CDチェンジャーと繋いでスピーカーとして使ってました。こいつはきっと日本で一番R&Bを流して酷使されているCDラジカセです(笑


ところが、このCDラジカセが壊れ始めたんだよね。
電源を切る毎に動作がおかしくなるから、今はメインスイッチは切らないようにしてるんだけど、、あと1年も持たないと思う。。だから最悪の事態に備えて、新しいリスニング環境を準備をしようと思ってました。最初は「ハードオフで適当なスピーカーを中古で買えばいいか」と思っていたのだけど、色々と調べているうちに何故か自作スピーカに流れ着いた(笑

やっぱりバックロードフォーンに惚れたんだよね。ウーハーとかでガンガンやるよりも、一個のスピーカユニットの能力を最大限引き出して、機敏性が良く&クリアな音の方が、個人的に合ってる。かの有名なBoseのスピーカーもウエーブガイドと言っているけど、仕組みは一緒です。このボーズ製品は昔、聴かせてもらって感動したのもあるしね。

けど、個人的にはBose派ではない。だから、色々と調べて長岡鉄男設計スピーカ集自作キットとか見つけて、かなり迷ってました。ネットに図書館に、色々情報を集めた結果として、初心者に作りやすいスピーカとして、「新スピーカーの完全自作」に載っていたダブルロード方式バスレフシステムを作ることにしました。作りがシンプルな割りに周波数特性が低音までちゃんと出ていた点を気に入ったから。本自体はAmazonの評価が低いけど、初心者フレンドリーな本です。


リスニング環境といっても、電源とかスピーカーケーブルとか、そこまで凝るつもりはない。個人的にはあくまでもコストパフォーマンス派だから。アンプとスピーカーはある程度出そうと思うけど、いくら社会人といっても全部で5〜10万円で収めたいと思ってた。

■スピーカユニット
Fostex FE166En
 スピーカーケーブルと一緒に小泉無線でネット買いしました。
  スピーカー2個:12,320円
 ケーブル2mx2:1,080円
 防音材:525円

■エンクロージャ(木材)
ラワンランバーコア
1220X2440X18mm
4,750円

 もともと以下の木材を工作用に買っていたので、
 木目の良さを出すため、正面だけは使ってます。
  GA SPF 184X3650X19mm 1180円


これらをホームセンターのカインズで買って、その場で切ってもらいました。ワンカット50円の安さ最高です。ただ、直線カットしかやってくれないので、円切りカッターも買って、自分でバフレスダクトとスピーカ取り付け穴を開けました。もともと電動ドリルもドリルドライバーもジグゾーも持っていたので、工具に関する追加投資はほとんど無し(笑

基本的に本の通りに作っただけですが、休日の昼間だけの作業のため、以外と時間がかかってました。。


サイズは高さが95cm、断面積が22cmx25cmです。スピーカーとしては、トールボーイの分類になるんだと思う。

実際に作成してみると、木材を丸くくりぬく以外は、
思った以上にシンプルな作業でした。本棚とか作るのに近い。
見た目も重視したいため、木目が綺麗な正面部分はニスのみ。合板の部分はこげ茶のツートンカラーに塗りました。


2/12に無事に完成しました。初めてのスピーカー製作だったので、色々と戸惑う事も多く、時間も結構かかってしまった。今回でポイントは掴んだので、次回は5時間ぐらいで作れると思う。


1m離れてみたら、既製品に見えること間違いなしの出来になりました(笑 何度も塗り重ねたため、思った以上に色も綺麗になった。

気になる音については、期待以上のレベルでした。16cmのユニットながらも高音域の解像度が高いのがびっくり。スピーカーがこれぐらいのサイズだと部屋全体に音が響いて、スピーカーの場所が気にならない。もちろん予想以上に低音も響いて、大満足でした。


R&B以外にもJazzやクラシックも聴いてみたのだけど、オーボエの音とか見事に再生してくれます。これまでクラシックに全く興味が無かったのは、スピーカーの能力が低く、あれだけの楽器で演奏された音をちゃんと再生する能力がなかったせいなんだろう。スピーカーを良くすれば、これだけ環境が変わるとはね。。驚愕です。


多分、市販製品だと、ONKYOのこちらが近いのかも。けど、8cmのユニット2つなら、どれだけ工夫しても、低音の量感さで、こちらの自作の方が上だと思う。もちろん、鏡面加工や占有スペースの狭さなど、使い勝手はあちらが上だと思うけどね。

市販製品としては同じくYAMAHAのこちらも近いと思う。13cmコーン型ウーハーx2にツィーターを重ねるなら、フルレンジ16cmの方が良いと思うけど、そこら辺はスピーカーユニットが単数or複数の趣味の違いかもね。


2万強でこれだけリスニング環境が変わると知っていれば、二十歳の頃に作成してたのになぁ、、、と後悔する位の出来栄えでした。いくら真夜中にヘッドフォンで聴きこんでいたとしても、音楽を聴く快感としては、こういうスピーカには勝てない事を痛感しました。


何よりもずっと90's名盤の誉れが高いBluに対して、スピーカーの能力が足らなかったせいでいまいち聴きこめていなかったから。。これだけ生音&ダンスナブル&メロウ&フロア受けする&低音ボイスのUPの曲は、リスニング環境をかなり選ぶから。金曜日に完成した後、ずっとこのスピーカーでBluを聴いてます(笑

最近はR&Bもそこそこなので、かといってHip-Hopもあまり性に合わないので、このスピーカーを使ってJazzでも聴き始めようかなぁ、、、と思ってます。





コメント
はじめまして。私もこのスピーカに興味を持っています。FE166Enで作成されていますが、本ではFE167Eで設計されていますね。低音・高音の出方に不満はありませんか?製作されて落ち着いた(エージングが進んだ)状態での音色に不満はありませんか?ぜひ感想をお聞かせ願えればと思います。
  • paddle
  • 2010/07/26 9:42 PM

ご返事遅れてすみません。
確かに本ではFE167Eですね。けど、FE167Eは買えなかったので、深く考えずにFE167Enを選びました。
もう半年近くしてエージングもかなり進んだ状態ですが、特に何の不満も無いですよ。周波数特性まで計測する予定が無いので、その点はすみません。
  • 若井寛
  • 2010/08/06 8:46 PM

はじめまして。
現在自作のスピーカーについて興味があるのですが、こちらのサイトで紹介してくださっているエンクロージャーと同じ寸法で作成しようかと思っています。
しかしながらお金のない学生なので(苦笑)、ユニットをケチって「ダイトーボイス DS-16」か「ダイトーボイス DS-16F」を使おうかと検討しているのですが、やはりFE167En等のものを使ったほうがいいですかね?
ご意見よろしくお願いいたします。
(2010年の記事に今頃申し訳ございません。)
  • PaP
  • 2014/07/26 10:21 PM

確かに安いユニットですね。
ネットで簡単に調べた限りでは、このサイズのエンクロージャに入れるのならばアリなんじゃないかと。

http://meridianstar.blog15.fc2.com/blog-entry-23.html
こちらのサイトぐらい本格的にやっていないので、アドバイスもできないのですが、学生は学生らしくでいいと思いますよ。

社会人になってからユニットだけ交換してはどうでしょう(笑

ユニットを将来的に交換しやすい設計にできるといいですね。

私はスワン型のユニットだけ(厳密には首から上)交換できる設計にしとくべきだったと、よく後悔しますから。
  • 若井寛
  • 2014/07/26 11:40 PM

こんにちは、迅速なご回答ありがとうございますm(__)m
今日秋葉へ行くので、ダイトーボイスのユニットを見て来ようかと思います。
確かにエンクロージャーを工夫するのはいい案ですね!とても参考になります。
また、質問させていただく機会があるかもしれませんが、次回もまたよろしくお願い致します。
  • PaP
  • 2014/07/27 9:04 AM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM