ASA - [asha]

金曜夜はこの感謝感に浸りたい → 優しい気持ちになれる


 [2011/11/18]
フード・インクが見たくて仕事帰りに新橋のTUTAYAに寄った。とりあえず音楽コーナーにも行ってぶらぶらしてた。その時ついつい手に取ったのがASA - [asha]です。R&B-Soulの向かいのコーナーにあったけどアフリカ出身ならジャンルは問わない。新作がPUSHされてたけど、やっぱりデビュー作から聴くべきでしょう。

これ、いいです。

いま、一回通して聴いて、アルバムリピート中。色んな意味でアフリカらしさを感じる。ファンには悪いけどエリカ・バドゥはパス。アフリカ回帰の志向性を持った歌手は他にもいるけど、この歌手ぐらいにアフリカで育った期間が長いと肩肘張ってなくていいね。フランスでデビューならCorneilleと比べたくなるけど、あまり似てる感じはない。歌詞カードをみると詩には特に感銘は感じないのだけど、曲と彼女の声には何かを感じる。Sadeからお洒落を抜いた感覚でちょっとびっくり

「私は、美しくポジティブなものが黒い大陸から生まれる出ることを世界に示したい」
とCDの帯には書いてあるけど、もっと自然体。1982年生まれだから発売時は26歳か。アリシア・キーズのデビュー作とまでは言わないけど、もうちょっと隠し切れない野心が見える方が安心するんだけど、この感覚は何? 聴きこむほどに後ろに控える大きな黒い大陸を感じる。その分だけ、彼女自身は自然体なんだよね。彼女自身が圧倒的に黒い大陸にコミットしているからこその説得力とでも言うべきか。

何よりもアルバムの後半部分を気に入った。アルバム後半の一般受けしない曲にどんどんハマっていって、気づいたら一度も「→」ボタンを押さずにアルバムが終わったことに気づく。なんでこんなにすんなりくるんだ?4:Subwayの悲哀感が心地よくて、ここら辺から彼女にのめり込んでいく。だめだね、これが入口になるのは。分かっちゃいるけどやめれないことってある。何より彼女の悲しみには内省感がある。この内省感がアリシアの時より心地よい。マクナイトのデビュー作をカバーしたぐらいにアリシアも内省的であろうとしているけど、やっぱり本作ぐらいに素で、なんとなく内省的な方がいいのかも。続く5:Fire on the mountainもいい曲です。Deepな曲の次こそが冬から春への歩みだと思っているので、その点でも合格点を軽くオーバーしてる作品。シングルカットされてHITしたのも納得。CDからネットに移行して音楽のジャンルの垣根が今まで以上に下がっている。Black歌モノと決めてきた立場からはちょっと寂しい気もするけど、こういう歌手が若い人の間でHITするならあんまりネガティブに考える事も無いと思う。

9:Peaceも凄い。このタイプの曲をこの説得力で歌えるのか驚愕。10:So Beautifulもかなりいい。こういう曲を聴くと、この先も歌手として伸びると思う。Mamaに対する曲はゴマンとあるけど、この曲はTOP3には入るね。所々に民族音楽のようなメロディーに変わるのも面白い。11:Ibaもいい。歌詞カードは「タイトルのIbaはヨルバ語で感謝に相当する。詩の大意は人生や美しいものごとや、全てを与えてくれた神様に感謝を捧げます」としか書いてなくて具体的な歌詞は紙面の都合で?全て省略してある。けど、この曲が一番いいかも。個人的には一番ツボにはまった。日本語盤のボーナストラックがアルバムの中で一番気に入ったのって?うーんリスナー人生で初めてかもね。

最近はありがたいことに休日出勤が無いので(週末に電話で呼び出されませんように・笑)、金曜日夜の零時以降はこういう曲をとりとめもなく聴くのが、かなりハマル。金曜日の夜に、仕事が終わったことを感謝する。一つ小さな贅沢をして、今週の仕事で生じた事わだかまりを消していく。そんな生活スタイルを理想とするならば、このIbaは必須です。新橋の飲み屋でもいいかもしれないけど、さすがに金曜夜に終電まで仕事すると終電の酒臭さと混み具合に気が滅入るからなぁ。って、他のスタイルにとやかく言う気もないので、こちらはこちらで良い形にしていきたいだけだから。

じゃあ問題は「小さい贅沢」だね。なんかのスイーツでもいいのだけど、そうだなぁ、34歳の素直な気持ちとしては白州と南アルプスの天然水がいいな。9月にせっかく北岳に行ったしね。水もそこらで売ってる水じゃなくてあの山小屋の水で飲めたら幸せだろうなぁ。旨い水に感謝する。そういう一番プリミティブな所から一つずつ積み重ねて。この曲を聴くと、そういうラインから感謝したくなるんだよね。

静岡東部にいた頃はあれだけ富士山に登っていたのに、今はかなり北岳を気に入ってます。やっぱり火山由来の山と造山運動由来の山は違うね。富士山はやっぱ円錐が基本だし、日本で一番大きい山だけど性別としては女性だと思う。主神がコノハナサクヤヒメだしね。そしたら北岳はこの彫りの深さが男なのだ。火山由来の山が噴火で崩れるのとは違う、このプロポーション。下山後からずっと壁紙にしているから。およ、今、見に行ったら新しい写真もあるじゃないですか。こちらもいいねぇ

なんかとりとめもなく書いてたらズレてきたけど、この曲の感謝感にハマった。Motherへの曲と神への曲はR&Bの基本なのにね(汗 金曜日の夜に家に帰ってから仕事自体に感謝をするのは、恥ずかしながら社会人10年目で始めて知りました。とりあえず次の週末までに酒屋に行かねば(笑 そういや8年前に友達と山梨観光旅行に行った時、白州蒸留所のウイスキー紹介コースを体験したんだよね。興味がある人はオススメです。

---
[11/19追加]
感謝感という意味では、06:Eye adabaも凄い。現地の言葉で歌う時ほど凄い。今のアフリカでも実際に歌われているのだろう民族に根ざした音楽をそのまま召還してる。バックの楽器は民族楽器じゃないけど、この声は直接繋がっているから。そういうスタイルだから僕らにもすんなり入ってくるんだろうね。



[2012/02/24]
仕事が忙しかったり、早く帰っても家で他事してたりで、実際に金曜日の夜にゆっくりこの作品を聴き込んだのって、この3ヶ月で3回ぐらいかも。。久しぶりに聴いて、この作品のレベルの高さを痛感してます。前よりももっともっと好きになっているし、やっとこの作品の真価が分かったから一言コメントも追加します。こんなのBlogで再開してから初めてだ。

単に仕事の愚痴を解消するために聞くのはもったいなすぎる
コメント欄に少し書いたけど、今週は色々あった。怒られると覚悟してた部分は想像の中で一番軽い対応で終わったし、逆に完全に問題なく終わったと思った年末の案件で穴が見つかって。その上、普段の日常業務でもポカミス。

Misery loves company.
初めてこの歌詞を見た時まったく意味不明だった。「ミザリーさんは会社が好きです??」 あのSisqoの吼えっぷりとこの歌詞の関連が不明すぎて・・・「不幸は仲間を呼んでくる」だと知ったのは数ヵ月後。なんでか知らないけど、悪い時に悪い事って重なるんだよね。あれ以来、僕はこういう時にこの英語の言葉が浮かんでくるようになった。これだけでどの曲か分かった人は、真のSisqoファンとして認めちゃうね。

この世の事である限り愚痴を言い出せばきりが無い。
複数のメンバーが一緒になって仕事をする限り人のせいにしてもきりが無い。
だから自分が一番悪いと言われると結構辛い。
こういう状態だからこそ、この曲の真価が分かった。この曲は愚痴を解消してくれるだけでなく、聴き込むほどに優しい気持ちになれる。その理由が謎だったけど、やっと分かった。

虐げられた大陸
奴隷貿易がアフリカ大陸に与えた影響。社会の発展に必要な一定数の就労人口。アジアも植民地にされた場所が多いけど、奴隷貿易によってアフリカの人口ピラミッドの形がひょうたんというより砂時計に激変した影響度を世界はもっと意識すべきなのだろう。昔、そんな本を読んだことがある。

Asaは世界に対してアフリカ大陸を訴えたがってる
その気持ちは彼女の全身で感じる。なのに、ネガティブがゼロなんだよね。これは「褒めるべき」とかでなく驚嘆すべき事実だと、やっと気づいた。どれだけでもアフリカの不幸を訴えれる立場なのにそんな部分が微塵にもない。そういうのって自分自身にネガティブがあって初めて分かるかもね。同じ立場なら絶対に一曲はアフリカの悲劇性を訴えた曲を入れると思う。それが当然の権利であり、すべきことだと思い込んで。

そんな面が全く無い。「私は、美しくポジティブなものが黒い大陸から生まれる出ることを世界に示したい」という言葉どおり。その素晴らしさは03:Biranke、05:Fire on the Mountain、06:Eye Adabaに特に感じる。「背負った」という志向性でこれだけ感動するのはJaheimの処女作以来かもね。あの作品も幼年時代のネガティブが全て優しさになっていて聴いていて泣けてきたけど、この作品も同じぐらいに価値が高い。



あ、しまった。ついつい感動して書き始めてせっかくの白州を飲んでない。といようよりも去年の11月に早速買ったのにまだ封を切ってない。まあそれだけ仕事がそれなりに回っていたという事にしよう(笑 これを書き終わってUPしたら飲みますわ〜。そうそう上ではああいう風に書いているけど、純粋に自分のミスです。責任をもっている部分は何人で仕事しようと責任を持っている人のミスです。逆に責任者にミスを押し付けられる事も社会人でよくある事だと思うけど、この10年感じた事無いかも。そこから感謝すべきかもね(笑



コメント
金曜日の夜は、酒場に行ったりしますか?
http://neiro2010.web.fc2.com/
  • 通りすがり
  • 2011/11/19 5:23 PM

リンク先のようなお洒落なバーに行ったのは数えるほども無いですねぇ。けど現在のTOPのロバータフラックのChapter 2が流れているならば確かにかなり惹かれる。
  • 若井寛
  • 2011/11/19 5:38 PM

いつかは、行ってみたいですね〜
そういえば、この動画見たことあります?
http://www.youtube.com/watch?v=FpEipWqPmbI&feature=player_embedded#!
  • 通りすがり
  • 2011/11/19 5:49 PM

通りすがりさんは東京近辺在住ですか?
もしそうなら今度一緒に行きますか?(笑
私自身は大学生時代にクラブやバーの文化に属してなかったので、カクテルの種類とか全くの素人ですけど、白州ぐらいなら置いてあると思うし(笑 常識的に考えれば家で飲むより金曜夜にバーにでも行く方が普通ですしね。

久保田がSoulTrainに出演してたのは知ってたけど、この動画は初めてですねぇ。楽しめました。
  • 若井寛
  • 2011/11/19 6:09 PM

いや〜東京に行くとなると、新幹線で2〜3時間かかる福島県に住んでおります(笑
しかも、放射線量の高い福島市(笑
  • 通りすがり
  • 2011/11/19 6:35 PM

じゃあいつか機会があったらということで♪
  • 若井寛
  • 2011/11/19 7:26 PM

そうですね。それではまた♪
  • 通りすがり
  • 2011/11/19 8:41 PM

内容と関係のないコメントですいません

知ってらっしゃるかも知れませんが、最近3 frum tha soulが二人に減って新しいアルバムを、あとJavierが新しいアルバムをリリースしました♪


  • Tour
  • 2011/11/21 10:23 PM

やっとJavier出ましたか。
III from the Soulの新作とはびっくり。残った二名はデビュー作からの二名かな。こちらも買わねば。

ちなみに今はTyreseの新作を聴いてます♪
  • 若井寛
  • 2011/11/22 12:03 AM

そうですね
Big Jimと従兄弟のVic Gの1stアルバムから続く2人です
3人目は1stと2ndでメンバーが違うし、新作の3rdでいなくなるしなんで どうも難しいみたいですね

TyreseはHMVオンラインで注文しました♪
色々まとめてなんで発送されるのが1月中旬なので二ヶ月我慢です

私はGordon Chambersの3rd『Sincere』聴いてます♪

あとブログ版で取り上げられてなくて以前HP版で取り上げられていた人達だと、今年始めにPublic Announcementの中心人物だったFel Davisが「It´s About Time」などのセルフカバーも収録したソロアルバム『Secret』、春に112のメンバーでMikeことMichael KeithとリードヴォーカルだったSlimに続いてDaron Jonesがソロアルバム『Uncensored』、9月末にSyleena Johnsonが『Chapter 5 Underrated』、先月くらいにVan Huntが3rd『What Were You Hoping For?』を出してたりと、今年はどうしたのって思うくらい多くの人たちが出してますね
  • Tour
  • 2011/11/22 6:35 PM

Gordon Chambersの3枚目は聴いてます。UPしてないのは・・・いまいち掴めてないから。FelDavisはリードボーカルなんですね。今YouTubeで聴いてます。懐かしいなぁ、この声。彼らの1stはホント大好きだったから。今注文しました♪ ちなみにP.A.の2ndも聴いてるけど、ちょっとUPが強くなっているのでUPはパスしてます。。

Daron Jonesは好きなんで迷ってます。Syleenaはジャケで迷ってます。Van Huntはどうしようかなぁ.
  • 若井寛
  • 2011/11/22 10:45 PM

Fel Davisのアルバムは個人的に凄いよかったです
Daron Jonesは112らしさを求めると肩透かしをくらう感じですかね
俺にとって一番良かったのがグループ時目立ってなかったMichael Keithのアルバムでした
Van Huntはブルーノートから出す予定だったお蔵入り3rdアルバム『Popular』がおとなしめだった反動か、はりきっちゃった印象です
Syleenaはまだ聴き込んでないんでなんとも…


  • Tour
  • 2011/11/22 11:27 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM