R. Kellyの真の魅力

Keith Sweatのところで書いたように、本サイトにとってR. Kellyの最高傑作が[You]です。
"Chocolate Factory"の前、Napsterに流出した"Love Land"に収められていた。"Love Land"の曲は、[More&More]をJoeに提供し、他の数曲は"Chocolate Factory"の2枚目に収録された。けど、この[You]はずっと未公開のまま。それが昔から謎だったけど、Keith Sweatの[Something is Everything]やCalvin Richardsonの[I'll Never Know]を聴き込んで、やっとその理由がおぼろげながら見えてきた。

Youtubeに置いてあるので、聴けるうちに聴いておくのがお奨めです。


きっとこの曲はR Kelly自身にとっての最高傑作なのだろう。
個人的すぎて、そして達成感が高すぎるから、公開したくないんじゃないかな。
公開した後での低い評価に耐えれないし、耐えてまで公開したくないんだと思う。

この説明が99%の人に嘲笑されるのは分かってる(汗
けど、自分の中では、一番しっくりくるんだよね。この《行き場の無い確信感》は、"Chocolate Factory"が発表される前に、R Kellyを、そして"R."を好きと言いたかった時と同じぐらい。
なんで、この歳になっても同じような羽目になるのか分からないけど、[You]の良さと、公開されない謎はこの曲を最初に聴いた時からずっと感じてたから。個人的には、6年間の霧が晴れた気分です。
別のUPもあるんだね。 ちょっとうれしかった。


以前にHPのアルバムコーナーのR. Kellyの最後に書いたけど、彼の曲の中で一番、熱いのが [You're Body's Callin'] のRemixです。(以下に再掲) 
[2005/05]
あんまりRemixは好きじゃない。アルバムにおまけで収録されているRemixはどれもイマイチな気がする。元歌が名曲ほどRemixは一段落ちる。その中でも個人的に好きなのはJodeciの[Come and Talk To Me]。これはRemixの方が上な珍しい作品。PVもRemixの方だしね。あと、R Kellyのいくつかの作品。MaryJ.の1stのREMIXはあんまり聞いてないのでコメントできない。R KellyのRemixは元歌を大幅に変えてくるから、別歌に分類した方がいい気もするくらい。その中でも[Your body's Calling]は凄い。なんと言っても歌いっぷりが熱い。R Kellyに「熱い」だなんてこの曲だけの気がしてくる。新作じゃ"12play"の頃に戻ると言ってるらしいが、戻るならこの熱さに戻って欲しい。けど、それはあり得ないかもね。この熱さは人生の一瞬なのだろう。そう思うほどの歌いっぷり

こちらもyoutubeで見つけました。こちらです。
こんなにも名曲なのに再生回数が6回ってそりゃ間違ってるよ。x1万回ぐらいいくべき曲だと思う。

YouとYou're Body's Callin' Remixの間にR. Kellyの全ての曲がある。
R. Kellyの《男としての魅力》は、この二つが体現している。この二つの曲が重なる場所が、リスナーが本当に探す場所で、そこは"Chocolate Factory"以降の世界には無い、何かがあると感じる。この2曲だけで何百回とリピートしてれば見えてくる気がしてて・・・

だから、"Love Letter"はパスします。ごめんなさい。前作よりは気に入ったし、ファンにはお奨めだけど、それ以上に僕はこの2曲をもう一度、とことん聴きたい。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM