CD布ケースはMaxcelia


みなさんはCDをどのように保管していますか? 

以前は普通に棚に並べていたけど、200枚を越すと流石に困難になってきた。 お洒落に飾る棚もあるけど、CDが大量になると採用できない場合が多い。Googleで「CD 棚」で画像検索すると皆さんそれぞれに工夫されて収納&鑑賞していますが、私は基本的にコストパフォーマンス重視派(笑
低コストで収納量が多く、かつ取り出しやすい棚として、ワイヤーシェルフに100円ショップのケースを組み合わせて使っていました。

24枚収納できるケース(100円)を2段or3段重ねて、横と前後2列で収納。手前の2列は片側だけとして、滑らせれば隠れている奥もすぐに取り出し可能。まるでスライド式本棚のように収納力と使いやすさを両立していた。棚一段で144枚。合計5段あるので、ワイヤーシェルフ1つで750枚弱入る優れものでした。(注:写真は上段・下段で分けて撮ってあります) しかし、最近は本商品をダイソーが取り扱っていない(他社は最初から扱っていない)ため、CD収納が困難になっていました。

最上段の上は紅茶の缶からワインのコルクに変更。その奥には富士山の絵の中でも一番好きな
林武の赤富士です。富士山の絵に興味がある人にとって富士急ハイランドのフジヤマ・ミュージアムは必見です。絶叫マシンのついでにぜひ。


ところが、来月から異動により東京で働く事に。念願?の地方都市脱出だけど、どうしても部屋は狭くなるので、この棚も仕分けの対象に・・・・ このためCDケースを布ケースに変えることで量を減らすことを計画して色々と調べていました。以前にCDショップで裏ジャケも入る特別ケースを見つけたのですが、コストが高すぎて却下。改めて考えれば裏ジャケは別の場所保存してもいいと気づいた。いつかプラスチックケースに戻せるように?捨てない事が大切であって、表のジャケがあれば裏ジャケは別の場所でも問題ない。



以上の判断のもと通常のCD布ケースを比較。ここで見つけたのが冒頭のMaxcelia(松木技研)です。エレコム等の他のケースにくらべ微妙に大きい。2,3mmの差なんだけど、この横幅の増加分によって、無理やりCDと表ジャケを片面に入れれる。通常は両面布ケースの片面に表ジャケ、裏面にCDなんだけど、 Maxceliaだけは片面ずつにCDとジャケの両方を入れる事ができる。(逆にCDしか入れなかったら抜け落ちやすいかもね) ところがこのMaxceliaが店でもネットでも手に入 らない。このため近くの電気店を色々回って、やっとヤマダ電機にまだ在庫が残っている事を発見。これを100枚パックx6 個買ってきて、全部で3000円弱でした。

両側に入れるので1200枚分のCDが入れれますが、アルバムを一枚しか発売していない(or一枚しか買ってない)歌手同士を両側には入れないことにしたので、結局布ケースを500枚弱使いました。

これで全体の量を約1/3に圧縮できました。裏ジャケは全部揃えて、下の段(写真では4段目)に入れておきました。ということで最初の予定通りになったのですが、作業全部で5H+5H+9Hで19時間かかった。GWの3日間はずっとCDケースを分解して、ジャケとCDを取り出して布ケースに詰める作業・・・流石に手が痛くなり、最後に大量のゴミが・・・ これだけ作業をするとCDの多さに自分自身でもゲンナリするというか業を感じるというか、ブルーな気持ちで延々と作業をしていましたが、終わって綺麗な状態に再びなると、まだまだ収納できる余裕が出来たのがうれしくなってきた。まあ人間ってこういうもんかもしれん(笑

Maxceliaがなかなか手に入らなかったので、再出荷?を期待して本情報をUPします。




コメント
お、東京に異動ですか。楽しみだね。
  • kei natsui
  • 2011/05/14 1:01 PM

とりあえず1年なんで、新しい仕事に慣れる頃に期間終了の気が・・・今回の案件は大変そうなので、気分はブルーですが(笑
  • 若井寛
  • 2011/05/14 8:34 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM