Puff Johnson - "Miracle"

当時の僕はガキ過ぎて、本作の上辺(うわべ)しか分かりませんでした。。


Puff Johnsonの95年『Miracle』のレビュー希望です!この1枚で終わったシンガーなのですが、個人的に素晴らしい作品と思うので、ぜひ! Spotifyでも聴けます! よろしくお願いします

[ブルースマン]

 

あれ?聞いたことある名前だな、と思ってジャケを見た瞬間に記憶がカムバック。発売当時にナッツに薦められて聴いたんだ。いまではAmazonプライムでも聴けるんだね。すごい世の中。

 

このジャケはかなりレベルが高くて、曲も結構良かった。次回作でもっと伸びたらガツンと感動してレビュー書けるかも・・・

の状態でとまってた。

 

01:Forever Moreは今からでも聴く価値があるほどの傑作曲。「うんうん当時聴いたなぁ」とは思ったけど、それ以上の情景がよみがえってこない。だから、あの当時の私の状況にまったく重ならなかったんだね。

 

おしゃれ系かDeep系の区別ならばこのジャケのようにおしゃれ系。それでも最高峰のTerry EllisやAdriana Evansのレベルまでいかない。あのレベルまで行けば「木漏れ日の召還」INなのだが、、けど間違っているのは当時の私の人生であって、この作品に問題点は全く無いです。今になって聴くと余計に痛感する。そもそもこのジャケは「全身ジャケ」に登録すべきなほどだから。このシングルのジャケを見ると同じ服ながらも立ち姿。シースルーな服が良い意味でエロい。ということは、アルバムでのこのポーズはエロい服を着ながらも目立たないポーズをしているという高度な技なのか。それだけで一部の男性はガチ惚れる。

 

じゃあ、彼女がMAXになればsexyの根源は≪身体を飾る≫まで到達したということだね。

このジャケとこの作品からここまで気づくような人生でありたかったけど、、、その100歩、いや千歩手前でのたうちまわってたなぁ、、、と今になってしんみりと。

 

----

02:Outside My Windowも良い曲だね。あら03:All Over Your Faceは結構良い。重さが良い感じで出てる。この後ろの声はデュプリな気がするけど、ジャケを探すのが大変でいまチェックできないが。。この曲の重さなら当時でも聴けた気がするなぁ。

 

04:Yearningも赤でしょう。Sexyさが出てる。05:Love Between Me & Youは、、、まったく聴いた記憶がないけど、これは緑。Yearningほど分かり易いSexyさでは無い。けど、なんていうのか、このジャケのポーズのような抑え方を知ってるから。その分だけ深い。06:Some Kind Of Miracleか。Miracleだけにしなかったんだね。ここら辺の変化球が作家性。「貴方の存在がMiracle」と歌い上げているけど、Some Kind Ofでぼかしてる。「たとえば君」の「たとえば」と同じだね。こういう距離のとり方をするんだ。そのくせ最後はAngelとコーラスか。最後がちょっと焦点がぼけるな。

 

07:All Because Of Youからはちょっと雰囲気を変えてる。08:God Sent Youはタイトルのとおりゴスペル寄り。11:Please, Help Me, I'm Falling (In Love With You)というタイトルもすごく面白い。彼女らしさ全開。I'm Fallingでとめて、続く語句を()に入れちゃう。それだけでも面白いのに、Please, Help Meを入れる。これさ、今の私の理解からすると、別の男性が割り込む余地だと思うな。意味不明なことを言っているかもしれないけど、やっと40歳を越してそこまで分かるようになってきた。

 

あれが本当の怖さなことに男性陣は気づくべき。確かに当時の自分は全くきづいてなかった。ここまで書くと語弊あるけど、人に依存してない。よく男性の性欲は対象を拘らないというけれど、男性だけじゃない。女性にも対象を拘らない性欲はある。多分、90%の男性はそんな世界を知らずに死ぬ。知らなくていい。けど、根本的な男性のやれたかもは女性のそこを全く見えてないからかもね。あの第三巻のあの話をヤリマンと切って捨てる男性にだけはならないでね。今回の安田くんとヒロインはお互い凄い好きじゃないけど、たまたまそんなタイミングだから。生きて るとそういう時もある。

書いたけど、「あの第三巻のあの話」とセットで味わえば、まったくこういう面が分からなかった当時の自分でもちょっとは気づける感性が身についたと思いたい。

 

12:Hold On To His Handはアウトロだけど緑。アウトロを緑にしたのは初めてだと思う。純粋に素晴らしい。この声の表情も。

 

 

----

あーあ、発売当初にこれぐらい手取足取で説明してくれるレビューがほしかった。

だからこそ作っているワケだが、20年以上経過しているとかなり凹む。本作が今年の新人のデビュー作ならば胸張ってレビューできるのに、20年以上前に聴いてまったく分からなかった作品だから。Terry EllisはFAVの扱いだから、本作もそこまで行くべきなのにそうなってないのは当時の私がアホだったから。Sexyさを可変する女性にはまったく歯が立たなかったのだろう。こんな一言コメントは書きたくなかったけど、全部聴いたら素直に書く気になった。

 

---

ブルースマンさんへ。

諸々感謝しております。最近はちょっと曲とコメント欄を合わせようと思っているので、あちらのコメントは本記事のTOPに書いたから消しておきましたー。

ーーー

 

Wikipedia読みました。2013年に40歳で亡くなってるんだね。。南アフリカか。本国では大ヒットしなかった。ニュージーランドで一番ヒットして、Leelaの作品に共同作者。もう一枚ぐらいは発表できたのに、本作以上になる自信がなかったのだろう。その思いは良く分かる。けど、デビュー作はアメリカ本国以外で認められた人の方が最終的には良いと思う。この可変さは、シンプルなアメリカ人には難しかったのかな。そんな気もする。

0



    コメント
    Amazonプライムで聴きました
    歌声が綺麗でSexy、曲も良かったです
    2枚目が聴けなくて残念です
    この方の個性がもっと出たかも
    • Hide
    • 2020/09/17 11:23 PM

    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM