なぜなんだろう。トニブラはなぜこんなにも。

Toni Braxton - "Spell My Name"


なぜこんなにも傑作なんだろう。現時点ではアンジーよりトニブラの方が上。
そもそも何故僕はマライアもメアリーJも新作を追いかけてないのだろう。
前作と今作の傑作レベルをみると、現時点の女性歌手の最高峰がトニブラになる。そこまで言い切れる。

整形、ヌード、破産、そんなことがあったから?

新曲のビデオクリップみて、ボディラインを強調した服にびびった。その年齢でそれをやる??相変わらず過激なセクシャリティがある。なのにこの声の痛み。僕にとってポジティブな面も、ネガティブな面も、両方とも想定以上。 

 

このジャケ自体がそう。下胸の角度に脚まで揃えるとは、、、いまどきどのOLも履いてないような高いハイヒールだしね。そんなセクシャリティなポーズなのに意志の強さも感じる。バックがまるで霧の中のようで全部がモノトーン。全体として非の打ち所がない。まさか文字を黄色とはね。昔のトニブラなら赤か紫だろうに。

アーシーもメロウもトニブラが90年代の代表例だった。
トニブラって、女性からみて憧れになるのかな。。

いま一回目だけど今作の方が前作よりも上な気がする。

流石に零時すぎて布団の中でスマホで書き始めるとはね。。このまま一時間ぐらい聴いてそのまま寝落ちかな。テレワークさまさま。通勤中に聴く時間がなくなった分、深夜に聴いてる感じかな。
ーーー
全曲きいた。まだギリギリ零時台。
差がほとんどなかった前作とちがって、本作はこの曲が最高峰。そもそもこの曲の最初のサビで観念して書き始めたのだから。

泣けるほどに凄い世界の先に、泣けないほどに凄い世界がある。
どんな分野でもいい。それを体験することが生きてる意味。
この曲は純粋に女性向け。レディーソウルの傑作。
アレサのwomanと並べて聴くべき曲。

まだ9月だけど、この作品が今年の最高傑作。そう断言できる。


この曲は運命の谷間に挟まって動けないときに聴くべき。
社会人になったら数年に一度はくる。仕事と恋愛・結婚で少なくとも10年に一度はある。だから結局、単純計算でも五年に一度はくる。二つが重なると死にたくなるレベル。そうであってもこの曲は救ってくれると思う。

ーーー
先週土曜日は10年ぶりに静岡美術館のロダン館にいってた。地獄の門。男女の愛憎。門に二つのフギットアモールがあることを初めて知った。通常は接吻を選ぶけど、本当はフギットアモール。今回はシグマを持って散々に撮ってきた。この曲はダンテの彫刻と同じレベル。
 

0



    コメント
    私も同じ意見です。同じ時代に活躍したメジャーな女性シンガーで一番輝いてるかも。
    2、3日続けて、10回リピートしました
    テレワークの良いところです
    • Hide
    • 2020/09/04 10:16 PM

    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM