アニソン特集

カラオケで己の恥を書いたのは、この場でガツンと書きたいから。今日のカラオケで邦楽を探したらJoJo2部OPのBLOODY STREAMあって嬉しかった。ところがカラオケの映像にアニメが出てこない。マジ?やる気あんの?JoJoで一番良い敵はワムウ。ワムウといえば神砂嵐。アニソンのカラオケでアニメが使えないって、アニメ会社のせいなら頭悪すぎ。カラオケ会社のせいなら仕事サボリすぎ。だから世間にアニソンの大切さと良曲をもっと訴えていかないと。

 

アニメにおけるアニソンは3番目以上の優先度にならない。

良い漫画をアニメにするとき、絵と声優の方が優先だから。

 

3番目の優先度だと手を抜く奴はとことん手を抜く。一番酷かったのは「アニメじゃない、アニメじゃない」と始まるZZガンダムOP。一遍でなく百篇死んで来いレベル。

 

アニソンの最高峰は ZガンダムOP「水の星へ」
各種調査結果からも当然。この動画に対訳だけでなくローマ字歌詞までついてるぐらい全世界で賞賛されてる。最後にカミュは戦争のストレスから発狂する。当時の子供にトラウマレベル。なのにその次があのアニソン。ほんと日本の子供全員がブラウン管に蹴り入れたかったと思うよ。今日も当然「水の惑星」歌ったよ。最初にマークIIが出てきた時点でアドレナリン。

 

アニメの最高峰がガンダムなのかジブリなのか、人によって判断が違う。けど毎週放送でOPとEDに歌があるアニメであればガンダム。ガンダムの曲の最高峰は間違いなく澤田かおりが歌ったハモンだけど、OP/EDの世界じゃないから。

 

アニソンの前に漫画と音楽をそれぞれに詳しいこと。音楽はこのblogで。漫画は「中学生で『傷追い人』読んだ」でOKだと思うけど同意されるかな(笑)。こちらにお勧めリストは書いたから判断してもらえば。中学以降は全くアニソンというかアニメに興味なし。そりゃそうだ。当時連載中のJoJoの第3部はアニメになる気配全くなかった。高校時代1番人気のサンクチュアリも。だからこのコロナのGWにアニメ三昧で感じたことを。ネット配信で連続視聴ならOPもEDも殆ど飛ばす。なのに本当に良い曲だけは聴きたくなる。それが真の価値のあるアニソン。

 

■鬼滅の刃

根本的にアニメのクオリティが半端ない。ふつう最初の頃は絵が下手なのに、このアニメは最初からMAX。そして空や川の描き方がアニメ映画のレベル。だからこれだけ大ヒットしたのだと思う。漫画だけだと絵が細かすぎる分類いになる。JoJoで慣れてる分だけ全然OKだけど女性陣は漫画のあの絵に拒否反応する人が多いでしょう。そんなアニメ鬼滅の刃はアニソンも丁寧なつくり。OPは全体的な雰囲気含めて漫画にmatchしてる。メロディーもボーカルの声も。それでもEDの方が上かな。ここら辺は純粋に好み。

 

■ちはやぶる

1期のEDのよさ。OPはそこまでじゃない。EDの方が完全に上。2期のOPは男性ボーカルの声がよくなった。作品世界にマッチしてる。けど、まだメロディーも歌詞もいまいち。2期EDは悪くはないけど、気づきも無い。歌詞世界が漫画の中に収まりすぎ。3期OPの吹っ切れ感が良い。驚いたのは3期ED。意外性からくる良さ。このボーカルの内向的な声と音との対比が良い。早口の部分はヒップホップなほど。リスクをとってる。純粋にすばらしい。こちらですこのアニメも最初から絵が上手いから良いね。

 

■キングダム

1期EDは何だか良い。声も良い。OPは可もなく不可もなく。

2期OPは軽い。使えないアイドルグループのレベル。振り付けに意識行き過ぎて声が中途半端。EDもなぁ。そもそもOPとEDにほとんど差がない。けど、声とリズムはEDの方が良い。

3期OPもうちょっと声が重い方がよいが。EDは何より毛筆アニメーションがよい。有り得ないレベル。けど、声はイマイチ。

そもそもアニメとしては期ごとに絵柄が違いすぎると思うな。

 

 

■デスノート

1期OPは退廃的な声がでて良い。ビジュアルバンドっぽい。EDも曲のタイプは同じだが、声とメロディーはあってる。気に入ってる。もっと悪のヒーロー感必要だが。

2期のOPは掘り下げてなくて音でごまかしたオープニング。本気でやるならドラムだけとかもっと尖らないと。EDの方がまだ頑張ってる。デスノートリライトは編集版だからエンディングしかないけど、二話目のインストはよかった。

 

■カイジ

1期OPは良い。特にEDがよい。OPとEDの曲のタイプをちゃんと変えているのが良い。OPとEDの全てが良いのはカイジ1期だけ。

2部EDは一転明るい。美心とのらぶらぶアニメに目が行き過ぎて曲に集中できないが、これはほめ言葉。OPは音とがなりでごまかしてるね。

 

トネガワのOPはゲス乙女の川谷だけど確かに良い。センス感じる。ただ良い意味で歌手に内向性があってアニメには合ってない。EDの方がアニメにあってる。太い声が良いし、るるーるーってアドリブは最高!!竹原ピストルはすごい。アニメ2クールでEDだけ変更。ちがうだろ。どれだけ有名でもアニメと合ってなければそちらを変更しないと。個人的にはベッキーが惚れた理由は感じたけど、それでも中間管理職ならば竹原ピストルかな。竹原ピストルは「泳げたいやき君」を越せるサラリーマンソングを作れると思う。

 

■義風堂々

OPの方が有名だけど、個人的にはEDを押す。サクラの木と坊主頭の慶次。慶次と兼継の両声優が歌っているけど、もうちょとアレンジとか手を入れれば男性同士のデュエットの傑作になったと思う。そりゃ邦楽には男性2人組って少ないから。この曲のプロデューサーがBlack Musicに造詣深ければ本当の傑作になったと思う。吉川晃司よりも推す理由はこの可能性。個人的には現時点でも歌いたいレベル。けどアニメとしては絵がなぁ。もっと原哲夫の絵のレベルに近づいてくれないと真面目に見る気になれない。。

 

■蒼天航路

OPはインストで最後にほえてる構成だが何かが良い。この王欣太の絵柄に合ってる。王欣太の独特の絵柄の良さを分かっていたら漫画マニアとしてはそれなりのレベル。EDは普通かな。アニメがシンプルな青空だけど、ここまでなら実際の中国の青空が欲しかった。アニメとしては絵のレベルが最初から高くてうれしい。歴史としての三国志は横山光輝でいいけど、「男の生き方」としての三国志を学ぶなら間違いなくこの漫画だから。

 

----

もちろん全部のアニソンを聞くほどアニメ好きでもないので、個別の曲についてはここまでで。

ここから先は根本的な部分について考えたい

 

★★アニメのOP、EDとは

今回改めてアニソンを集中的に聞いて、最近の傾向が分かった。その中で一番の違和感はOPとEDの区別が無くなっていること。だからこそ似通った曲が多くなって全体的なレベルが下がってる。私の基本は「一休さん」「ルパン三世」のアニメ放映だけど、両方ともEDは「母上様お元気ですか~」「ワルサーP38」

 

シンプルに言えばOPは長調、EDは短調。幼いころは明るくシンプルな長調のOPが好きだけど、大人になって思い出すのは短調のED。あの「水の星へ」はOPなのに微妙に内省的なのが良い。だから、この基本形を崩したくなるのは分かる。けど、崩しすぎてOPとEDの差が無くなったのが末期的な今の状況と分かった。

 

特に分かり易いのはデスノート。これってさ、本当はもっと悪を掘り下げるか、逆にとことん光に行くか。光ならゴスペル。悪なら失楽園かな。あそこでのサタンの心情。地獄に落ちたあと堕天使達にチームビルディング。一番困難な課題(アダムとイブを視察)は自分で出かけるしかない。その悲哀。こういう部分まで抑えてこそ掘り下げれる。悪も光も難しいならば、EDテーマの主人公を変えないと。デスノートならばミサでしょう。もちろん1期ならばエルでもよい。主人公以外の心情を言葉にして相応しいメロディーをつける。キングダムなら 嬴政を主人公にしてEDを作る。王者の孤独をメインするとか。鬼滅の刃も禰豆子を主人公にしたEDとかね。

 

結局、EDになると既存の曲を持ってくることも多いからそこでセンスが問われる。JoJoシリーズのEDもほんと良い選曲眼。やっぱり作者本人に選んでもらうのが一番かもね。OPが長調、EDが短調というシンプルな文法が全てではないが、今後はアニソンも傑作が増えてほしいし、ちゃんとアニメの名シーンで歌える世界が増えて欲しいと思ってます。

 

今回はこのレビューを書くために集中的に聴きなおして竹原ピストルとバンドハラスメント。これは良いものを良いというだけの世界。本当のレビューはリスクをとって可能性を見せる事だと思っているので、義風堂々のEDを推す。Youtubeに無いのが残念だけど、これが男性デュオを聴きまくったうちの結論。

 

おお、みつけた

こちらも感動。やっぱりワムウなんだよ

---------------

[07/01]

 

Youtubeでアニソンを重点的に観てたら北斗の拳が候補に出てきた。たしかにこのOPのユアショックは名曲。英訳およびローマ字歌詞までついてるから。特に北斗の拳はEDのユリア・・・永遠にも名曲だからすげー。水の惑星と愛をとりもどせは種類が違うから比較できないけど、アニソンOPの双耳峰、2TOPでしょう。

 

0



    コメント
    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM