微笑みの奥の影

The Shadow of Your Smile


「ベストで満足するのは間違ってる」とこれだけ言うのはStevie Wonderの苦い経験があるから。19歳のとき新発売の彼のBestを買った。今と違って古い歌手を気軽に聴ける環境じゃない。Bestが新発売になるのはトリビュート作品ぐらいで、96年は存命なSoulの偉人が多かった。あのBestで唯一の感謝はLatelyが収録されていたこと。けどそれ以外は全て明るいStevie Wonderに焦点が当たっている。間違っているとはビタ一文思ってない。Bestって基本そういうものだから。

明るくなくたっていい。心の一番奥に来てくれて、その先の深い場所を見せてくれるような、そんなStevie WonderのBestが欲しい。それは同じタイプの人にも救いになる。本サイトはそのために作ってる。

それでも一般的なBestとここまでずれると結構凹む。だから踏み込みに躊躇してた。Shadowという単語でやっと気づく。Stevie Wonderの影を追いかけている。光と影。太陽と月。影がない物体はこの世には無いし、月の無い夜も無い。なぜ新月と日食の頻度が同じでないのか。地球からみて同じ大きさならば、頻度だって同じでいいじゃんと思えてくる。せめて2つが重なる日。あれだけ惑星直列は話題になるのに。

 

光と影の両方のBestが決まれば、その二つから自由に組み合わせて全ての人がMyBestを作れると思う。

ウソはいけないよ。光が無ければ影は無い。影とは物体によって光がさえぎられた部分だから。けど、これは人間では逆。先に影=背負ったモノがある。影があるから光ができる。何も苦労をしらないと調子にのるかダレる。生命の無駄。無駄なんて無いと言う人もいる。違うよ、本人が自覚的に無駄にしてるなら、やっぱり無駄なんだよ。当時はよく思ってた。だから根本には性弱説がある。Stevie Wonderのstudio作品の最新は未だにA Time 2 Loveだけど、あそこでも光はFrom The Bottom Of My Heartで影はMoom Blue。さすがに性悪説から出発する芸術作品はない。けど、性善説と性弱説の違いは確実にあって、自分がどちらの立場なのかはっきりさせたほうが良い

5/13にHideさんからStevie Wonderが古希だとメールをもらった。こちらの記事のURLとともに。

吉岡氏はいまNoteがメインなのかな。やっぱりプロが書く記事は違うなぁ、と思いながら読んでたらMusic Of My Midが漏れていることに気づいた。あわてて買って聴いけど、そこまで新しい気づきはなかった。。一番びっくりしたはのMy Cherie Amour。彼のどんなBestにも含まれる初期の傑作だし、このアルバムはずっと前に買ってた。けど、、、05:The Shadow of Your Smileは当時掘り下げれなかった。社会人になったあとでも、己の闇は自覚してても影には気づいてなかった。。今ならば分かる。これは絶対に外せない傑作曲。

Latelyは誰も無視できない。いや、本当に無視できないのはAll In Love Is Fairだけどそこは全世界の合意。光のBestにALFを収録しないのは正しい。影のBestにだって収録できない。光と影を超越しているから。Latelyは影だけどBestで無視できない。なぜならBestを作る人は光のBestを作っている意識は無いから。単にBestを作っていると思ってる。その死角にThe Shadow of Your Loveが入る。このブリッジのハーモニカ。聴き込むほどに乱暴になる。最初はサックス未満なのに、ある線を超すとサックスでは出せない世界が見えてくる。

そもそも光と影の対比が気に食わない。こんなのは愛と憎しみレベル。本当は愛と無関心。それと同じく、光と蓋なのだ。どれだけ辛くても自己が起こした結果に蓋をしないこと。蓋をするから闇になる。それがAFLの本質。光と影じゃなくAmourとShadow。その先にAngieがある。6:You And Meが一般的な答えだけど、違うと感じる。9:Yester-me, Yester-you, Yesterdayはもっと違う。10:Angie Girlこそが答え。この声がそう言ってる。一番深い場所で聴けば見えてくる。この歌のサビの'Cause I Love Youこそが答え。答えまで納められているのが傑作の証。この三曲を抜き出して散々リピートすれば見えてくると思うよ。Amourをベストの中で聴くのは暇つぶしかファッション。単体でリピートすればそれだけ価値を生む。けど本当の答えはこの三曲をリピートすること。これが現時点の僕のMaxです。

 

ーーー

これだけ影の傑作がある点が他の大御所との違いで、やっぱり眼が見えないことと関係があるのかな。素直にいえばレイチャールズの曲群にはついていけない。コンセプトがやっと見つかったのだから他にも該当する曲をトコトン探さないと。
日本のウィキペディアも情報量がふえたね。仙台の加茂中学校か。こういうのを不意打ちという。当時、ここまで情報があったらそのまま深夜に車で聴きながら運転していったのに。

ーーー

真面目に考えればわかる。同じ日に日食と新月はこない。月は自転と公転が同一周期なだけであって、地球の自転と月の公転が同じだったら満月だけの地域と三日月だけの地域になるから。新月は無くなるのでなく見えなくなるだけ。こんなの当然なのに上記で「月の無い夜は無い」を見てアホかと思った人もいる。書いてる自分自身が驚いたから。そして、視覚優位過ぎる死角にやっと気づく。

 

日食は確かに太陽を月が隠す。けど、新月は誰かが月を隠している訳じゃない。地球と月の間に何も邪魔はない。こんなのも当たり前なのに今まで全く意識したことなかった。。中学理科でなにやったてんだろう。数学と理科と社会は5を取ってたのに。国語?国語で5を取れるぐらいの人間があの当時に黒人音楽聴くわけないだろ(笑) 英語?頭悪かったんだよ。歌詞カード?真面目にみる気無いって知ってて聞くか。50m走だって8秒切れなかったよ。音楽なんて同情されるぐらい音痴だったよ。ほっといてくれ(笑)

 

冗談はさておき、最近本当の零からやり直してる。

なぜ錘の体積は三分の一になるのか当時分からなかった。断面積はどう切っても半分。あれも当時散々考えてドーナツと実で納得してた。厳密に三分の一になる証明は言えなかったけど、錘が半分より小さいのは体感できたから。いまはこんなサイトができて本当に感激。それでも積分を使わずに球の表面積、体積を説明する方法を人類はまだ知らない??

月と地球と太陽の関係を本当に突き詰めるのはその先か。色々かさなって、次の新月が滅茶苦茶楽しみになってきた。新月はスティービーに近づける日だと分かったから。

 

----

ここまで書いて「さすがに購入当時に何か触れているかも」と希望?が出てきた。これって全く気づいてないよりも性質が悪い。

[2005/03/27]
そんななんなで、たまたま中古屋で見つけたMy Cherie Amourを買いました。タイトル曲は超有名だが、他の曲も結構いい。声がかなり若くて、アルバム全体が若さに満ちてる。びっくりしたのが5:The Shadow of your smile メランコリックな曲だけど、Innervisionsよりも底にいる感覚がなく、女性に対する気持ちが心の低音部分から伝わってくる。ベストには選ばれな いタイプの曲だけど、こういう曲が聴き込むのには大事な気がする。

ベストにもあるyester-me,yester-you, yesterdayもこのアルバムの若さの中の方が輝いているや。10:Angie Girlって、えーーAngieって固有名詞じゃなかったの??辞書に載ってないぞ。この曲のI Love Youというフレーズはかなりナイス。ベストに選ばれてもいいんじゃないかな。今まで聴いた彼の曲の中で、一番誰もが入れるI Love Youだと思う。次の11:Give Your Loveもいい。重くなったバックの上で、声にリアルさがある。Innervisonsが重過ぎるという人には丁度イイ感じのアルバムだと思いました。

当時の自分を張っ倒したくなったから太字にした。何が「気がする」だよ、お前はいつだってそうなんだよ。。このレベルでしか掘り下げてない曲ってあと100曲は残っている気がしてきた。。BBSでasさんとやりとりしてたんだね。そういえば当時、映画のsoundtrackって聞いた記憶がちょっと戻ってきたかも。

 

ごめんなさい、当時まったく分かってなかったです。改めて見てやっと分かった。この曲はStevie Wonderの曲でなくカバーなんだ。「いそしぎ」って当時固有名詞だと全く思わなかったです。このBBSでの自分のコメントは汚点というより黒歴史レベル。

いそしぎもぐぐってるじゃん。で、15年間できれいさっぱり忘れる?まじかよ、、2005年。28歳。仕事は3年たって徐々に全国出張もするようになって。成功でしか越せない過去の傷はある。それだけ卒業直前のBlack Musicに救われたということ。その感謝を忘れつつある書きっぷり。いまの42歳の視点から見るとこんな勘違いクソガキがいたら一度飲みにつれてって散々説教するレベル。か。

 

01:My Cherie Amour
05:The Shadow of Your Smile
10:Angie Girl
11:Give Your Love

なんどか試してこの4曲の連続リピートが一番。Give Your Loveは入れる価値がある。そんな意味では選曲基準は変化ない。唯一の成長はThe Shadow ou Your Smile単独を100回聴けるようになったことか。2005年当時はそこまではできなかったから。改めてみるとこのアルバムは小学生高学年に一番お勧めなのかも。どれだけ親本人が好きでもベストなんて聞かせちゃだめ。MyBestなんてもっと子供を馬鹿にしてる。子供の意思に任せるべき。けど、本当の傑作は買い与えていい。聞くべき歳に聞くべき作品を聞ける幸せ。それだけだから。そしてこの作品は19歳の時の作品。やっぱり小学生でも聞ける作品は歌手本人が二十歳前だと思う

 

0



    コメント
    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM