中華製DAP:mp3player

ついでに今使ってるDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)も紹介しておきます。昨年の秋にずっと使ってたKENWOODを旅先のカーシェアの車に忘れてきた。。宿泊先と違って電話して着払いで送付してもらうこともできない。新幹線往復でとりに行く時間とお金を考えると最新型を買ったほうが良い。これまで2,3度音が聞こえなくなって分解して修理した。大体充電かイヤフォンのコネクター部分に力がかかって基盤との接触不良。分解&半田づけの5分で直る。そしたら8年もった。だから愛着もあったけど、、、さすがにね。

 

DAPに求める用件は8年前に洗い出したとおり。最近はハイレゾ音源対応をDAPと呼んで、通常の製品はmp3playerと呼ぶのか。。知らない間に概念分割&名称変更が生じてる。。まあいいや、誰かに「DAPって言うけどあんたのは単なるMP3Playerじゃん」といわれるまでは気にしないでおこう(笑。

 

これでイヤフォンもDAPも中華製。そういう時代か。工場が日本にあったころは細かい作業をするスキルがあれば仕事につけたけど、そういう仕事は全部中国・東南アジアに行ってしまった。ユニクロとかの服はいまやバングラデッシュ製も増えてる。そうやって先進国が貧乏になり発展途上国の所得水準があがる。アメリカは日本の10年ぐらい前に同じ状態。金融&ネット革命で持ち直したアメリカのように日本は行かなかった。あの世界は一位総取り。日本の企業は全て海外進出失敗。ドコモiモードやニコニコ動画は海外でも伸びて欲しかった。ソフトウェア産業もダメ。ハードウェアも気づいたら家の中で純粋な日本製の電気製品って自作のアンプ等だけかも。2000年頃は日本メーカーの海外工場生産品だったのが海外メーカーになってる。この差はでかい。本社が日本にあればそこで大量の仕事が発生するから。

 

ーーー

そうそう忘れたのは2019年11月23日の静岡県三島駅南口のタイムズカーシェアの車の中。次に使った人は多分見つけてると思う。車のオーディオに繋がったままだから。まずは再生してみて選曲にびっくりしたかもね。持ち主不明で調べる手段もない。以前に登山のために山梨で借りたら名刺入れとスイカが忘れてあって、電話して着払いで送ってあげたけど。入ってる曲は消してくれて全然良いから、誰かに使われていると嬉しいけどね。

 

 

0



    コメント
    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM