記事の一覧(歌手名順)

随時更新中
112     "Part III"            「当時はスルーしていたけど、やっぱり良作だね」   
214     "Finally"            「「終わりの風景」を歌わせたら00'Sでピカイチ」   
III from the Soul     "Time Waits for No One"            「敗北を抱いて飛べ」   

Adriana Evans         "Walking With The Nigt" 「陽光が似合うのは変わらない」   
Andre De Lang     "Worth the Wait"            「北欧の陽光」   
Anthony Hamilton     "Back To Love"            「Bestとはどうあるべきか」   
Angel Grant            "Album"             「隠れ"オシャレ名盤"」
Angie Stone         "Unexpected"
Ahmir                  "The Gift"           「00年代最高の4人組」
Alexander O'neal
Asha                   "[asha]"             「金曜夜はこの感謝感に浸りたい」
ATL                     "the ATL Project"             「You Areでとめる」
Avant                  "Avant"             「"君はなんてセクシーなんだ"とナイーブに叫んでみる (≧д≦#)」 

Babyface            "Return of  the Tender Lover"        「再びI Want Youと言うために」
Big Bub              "Tug Of War"        「傑作の基盤には歌手自身の恋愛スタイルが必要」
Blue Magic          "Blue Magic"        「このSweetを10年探していた」
Blue Magic          "The Magic Of The Blue" "Thirteen Blue Magic Lane"        「Sweetの奥にあるビター・スウィー」
Blackkurrent         "Urbal Soul"        「ヒネった音に割り込む重い声」
Blackstreet          "Level II"        「テディーとエリックの良さの融合:明るいやるせなさ」
Bobby Brown       "The Masterpiece"        「ギラギラを取り戻せ」
Bradd Marquis      "Finding My Way"        「吼えるRollercoaster」
Brian Mckngit       "The Way Love Goes"        「乱暴と透明の奇妙な同居」
Brian Mckngit       "Evolution of a Man"        「Evolutionとはいかないけれど・・・」
Brian Mckngit       "Just Me"                        「今の自分を素直な形で」
Brian Mckngit       "More Than Words"           「で、お子さんはどうなるの?

Calvin Richardson  "Country Boy"         「初夏に似合うR&B」
Calvin Richardson  "America's Most Wanted"  「40歳の理想像」
Calvin Richardson  "Facts of Live"            「熱さの正統伝承者」
Calvin Richardson  "When Loves Comes"   「本作がデビュー作だったら、絶対に第一線になっただろう」
Calvin Richardson  "I AM CALVIN"       「奇跡な組み合わせ」
Cante Moore        "Love the Woman"    「結婚の偉大さ part2」
Carl Thomas        "Conqure" "So Much Better"  「自分の強みを分かってない《弱み》」
Case                    "The Rose Experience"    「Open Letterを潜り抜けた先にある、寛ぐ歌世界」
Charlie Wilson      "Just Charlie"    「大人の男のための 聴いてて寛ぐミドルソング集」
Charlie Wilson    "Forever Charlie" 「これだけ澄みきったUPの曲があるのならば」
Coop Deville          "Showroom Floor"          「90'Sの手触りまでも」
Corinne Bailey Rae  "Corinne Bailey Rae"  「妹萌え」
Corinne Bailey Rae  "The Sea"                 「綺麗な放物線を描いて、そのまま底へ」
Corneille                 "The Birth of Cornelius"      「Heaven最高峰」

Darien        "If These Walls Could Talk" 「Marvin Gayeの明るい面を継ごうとしてる」
Dave Hollister       "Chicago Winds...The Saga Continues" 「世俗、娑婆、そしてこの世の事」
Day26                "Day26" 「柳の下のドジョウは5匹でワンセット?」
Devante              "Ready or Not"       「僕が発した言葉は 相手に届く前に 地面に落ちてしまった」
Devante              "The Renaissance"       「00年代デビューの最高男性歌手」
Devante(David Verity)  "Inexorable"           「新しい面を打ち出しても拭い去れない本人の刻印がある」 ,日本盤
Drizabone   "Conspiracy"   「オシャレとセンスと○○○」
Dru Hill              "Indrupendence Day"       「純化」というべきか、「袋小路」というべきか

Eddie Horan        "Love The Way You Love Me"     「メロウと思いきや想像以上の全方向作品」
Eddie Levert        "I Still Have It"     「失う事の無い熱さ」
Eric Benet          "Lost In Time"             「Sometimes I Cryの積み重ね」
Freddie Jackson       "For You"             「キャリア後期の傑作」
Fel Davis       "Secret"             「Playを歌っても声の痛みでPrayになる。それが理想のR&B」
G.I.       "GOD's Image"            「新世代の神概念。新しいGODの手触りは午後の穏やかな陽光のような想い」
Glenn Lewis    "Moment of Truth"   
Groove Theory       "Groove Theory"             「スキの無い女性が、一瞬だけ扉を開ける曲」
Groove U       "Tender Love"             「普段ナイーブ、ときどき吼える」
Hamilton Park       "Hamilton Park"             「これがR&Bの基本であり米だ」
the Isley Brothers          "Harvest For The World"             「理解を望む男の終着点」

Jaheim          "Another Round"             「彼と個人的に仲良くなりたいのなら
Jaheim          "The Makings Of A Man" 「同世代派になったJaheimに祝福!」
Javier            "Left Of Center"            「求めるとは、バランスが崩れる事」
Javier            "Come Through For You"            「I'm a lucky manと言える凄さ」
Jennifer Hudson    "i remember me"     「仕事が一番、男は二の次 の女性にオススメ」
Joe                "Everything"                    「色気が足らない」
Joe                "All That I Am"                    「色気とは」
Joe                "New Man"                    「聴きこむほどに核が見える傑作」
Joe                "Signature"                    「ファン歓喜の傑作」
Joe                "Doubleback Evolution of R&B" 「BabyそしてSex,Music,Smoke,Liquor」
John Legend     "EVLOVER"                 「ギターの構え」
Johnny Gill        デビュー作
Johnny Gill        "Still Winning"                 「歌人生の集大成」
Johnny Gill        "Game Changer"              「カムバックの先にあるもの」

K-ci & JoJo      "My Brother's Keeper"      「彼なりの謝罪の形」
Kandi              "Kandi Koated"     「女の情感」
Kenny Lattimore   "Anatomy of a Love Song"   「昨晩からの雨があがった朝の爽やかさ」
Kenny Lattimore   "Back 2 Cool"          「爽やかさと内省の交差点」
Keyshia Cole     "A Different Me"      「突っ走ったいじらしさの完成形 【祝!R&Bの入口認定】」
Keyshia Cole     "Calling All Hearts"    「勢いは続いてる」
Keyshia Cole     "Point of No Return"  「90'sへのオマージュの先に」
Keith Sweat      "Just Me"             「Keith Sweatの完成形」
Kolaboration of Soulz  "Kolaboration of Soulz"  「内向的なボーカルグループなのにRAPが映える」
Kolorz             "Kolorz"                「甘酸っぱいメロウは不思議と澄んでいて・・・」

L2                     "Forever"             「ジャケに似合わずかなりの美メロ 08インディーの傑作」
Leela James   "Fall For You"    「Lady Soulというシュラフに包まれて頂で寝る幸せ」
Leonard Julien III  "Reflections of Soul"      「 流石!啓志ブランド」
Le  Jit  "Le Jit"                 「昇華の先にあるもの 」
Le' Jit  "New Beginning"      「「良質な音楽」の定義の全てを満たす作品 」
L.L. Brothers        "Next Level"      「シャウトが無いR&Bは片輪だ」
Lyfe Jennings       "Lyfe Changes"  「変えなければいけない人生 という幸せ」
Lyfe Jennings       "The Phoenix"  「ネガティブ」と「泣き」が紡ぎだす後悔の心地よさ」
L.V.              "Still L.V."           「50代で有りえないほどの恋愛感」
L.V.              "Hustla 4 Life"      「Streetと人生経験の融合:若者を諭せる歌手No1」

Marc Nelson    "Marc: My Words"      「ナイーブから歳を重ねて」
Marques Houstion    "Naked"      「身も蓋も無く言えば、SEXとの距離感が違う」
Men At Large   "One Size Fits All"      「一般的では無いが、最高のプロポーズ・ソング」
Mikki Bleu       "Melodic Massage"      「80'S後半のメロウな夜に」
Monica          "Still Standing"     「Monicaの最高傑作」
Mokenstef     "Azz Izz"      「女性の《からだ》の奥にあるもの」
Next  2010
Noel Gourdin  "Fresh The Definition"  「ジャケ買いというより「表情買い」」
Peabo Bryson       "Missing You"  「キャリア後期の傑作」
Q. Parker       "The MANual"    「理想の男性に近づくために」
Raheem DeVaughn   "Love & War Masterpeace"
Raheem Devaughn   "Love Sex Passion"      「肌の裏側で崩れている人たちへ」
Raul Midon   "Synthesis"            「一番低い場所にある力強さ」
Revelations  " Deep Soul The Revelations","Concrete Blues" 「シャウトの上に「泣き」が載ってこそ、おとこ」
Ruben Studdard  "The Return"     「いつだってOne Side Storyと痛感しているなら」
Ryan Shaw   "Real Love"            「シャウトという太い筆で描く、穏やかな午後の風景」
Ryan Shaw   "This is Ryan Shaw" 「欠乏感の無いシャウトに惹かれるか?」
R. Kelly           "Love Letter"       「繋がる熱さ」
R. Kelly           "Write Me Back"   「彼が一番治したい事」
R. Kelly           "Black Panties"    「俺を「いい人」と思わないでくれ」
R. Kelly           "the Buffet"    「貴方はどんなR. Kellyが好きですか」


Sade              "Souldier of Love" 「彼女が独り佇む場所」
Shaliek    "Blood Sweat Tears" 「膝を抱えて座りながら吼える」
Slim      "Lover's Crazy"            「2人で歌うSo Gone」
Smokey Robinson    "Time Files When You're Having Fun"   「大御所、渾身の作品」
SMUV   "We Give Good Lovin"   「パワーボーカル王道路線」
SMUV   "Special Lady"             「小難しいことを言いたいワケじゃない。ぼくは単に「サックスの後ろで吼えて欲しい」だけなんだ」
SMUV   "Grown Man"              「歳を重ねるとは「切なさ」から「やるせなさ」に変わること」
Sylvia Powell          "Revue"      「アフリカ大陸を俯瞰するような視線が魅力的」

Talent                  "Bulls Eye"   「後悔を抜いたR. Kellyの最深部」
Toni Braxton          "Pulse"        「第一線への復帰」
Toni Braxton&Babyface   "Love, Marriage & Divorce"        「本当にあり得ないことは夢想すらしない。・・・・」
Traci Braxton          "Crash & Burn"        「王道アーシー」
Tyrese                  "Alter Ego"   「ぎりぎりのTyreseを、君はどれだけ聴きこんだ?」
Tyrese                  "Black Rose"  「歌い続ける意志」
Vivian Green                          「《美》を追っかけた果ての結論」
Will Downing   "Sliver"          「心の奥のひっそりとした想い」



■Specialコーナー
Teddy Pendergrass  「男の色気はどうあるべきか」
Bobby Womack       「男に生まれた良さ」


bmr:「プロデューサー列伝」
クリスマスソング
「伝説のイエローブルース」

----
■以前の作品はHPのリストへ
 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM