Toni Braxton - "Sex & Cigarettes"

成熟とは年齢以外の重ねてきたモノできまる


[2018.04.19]
「イマドキこのタイトルでこのジャケ? ありえんだろ」が普通の反応。ところがAmazonのレビューが無茶苦茶いい。読んでいても説得力がある。だからMp3vaで買って聴いたけど、確かにこれは凄い。全部で8曲だけど全て緑にしていいレベル。なんといってもどんな時間帯でも聴ける幅の広さ。

朝の起きたときでも、駅まで歩く道でも、仕事帰りでも、寝る前の布団の中でも、
1人でも2人でももっと大人数でもいける。全方位な作品だけど、全曲が深みがあって幅も広い。ありえないレベル。純粋に素晴らしい。

ここまで傑作だとこの中からどれを選ぶかでかなりリスナーも問われる。曲の粒が揃いすぎてて、ホンの微妙な差。だから、今、聴きこんでます。うちの結論はまた今度で。トニブラの作品も1枚でも持っていればマスト。それは断言できる。だからこのタイミングでUPすることにしたから。
 


I'm Sorry, You're Sorryを重ねて


追記すると言ってそのままのページが多々あるので、今後はちゃんと追記していきたいと思っています。まずはこの作品から。上記のように発売当初の感覚は変わりない。それでもあえて微妙な差に注目すれば、03:Long As I Live~06:My Heartまでの4曲が全て緑レベル。その中でも一番は05:Sorryとしたい。この時点で「お前の願望だろ」と言われたら否定はできない。この結論を明確に意識するのがイヤで上記で筆を止めていたと、今になって気づいた。もちろん02:Sex&CigarettesもCrazy,Crazyという声が太く切ない。これも緑レベル。それでも自分自身にfitするのはSexとCigarettesではないから。カフェインならばかなり該当しても。。

今年の新作があれだけ傑作だったことに衝撃を受けたけど、あらためて考えるとAngieもMaryJ.もマライアだってここまでI'm Sorryとは歌わない。歌ってほしいとは思わないけど、正面からI'm Sorryと歌えるトニブラの方が深い地点にいるのだと。最近はスポーツ選手の不倫が話題になっているし、基本的には男がSorryというべき状況の方が100倍以上だと思うし、そこでも無理にSorryというとMaryJ.の傑作2ndになるから絶対にやめておくべきだとは思う。だからこそ、I'm Sorry、You're Sorryと歌える相手と出会ったトニブラの男運の良さなのかもしれないけど。

思い返せばトニブラがその道を歩いているのは、この頃から兆候があった
[2004/06/19]
ごめんなさい。こう↑書いた後に、トニブラの3作目を聴きこんでました。「若い頃のトニブラはアホ」というつもりは無いが、やっぱりふっと彼女が浮かんだので・・・ずっと一番暗いと思ってちゃんと聴きこんでなかったけど、この12:Never Just For A Ringが一番泣いていて、一番辛さを浮かび上がらせている。聴きこむほどに男の影を感じない曲で、トニブラが体を張って掴まえた結論があると思う。I Can Love YouやMad Issuesから遠い女性ほど、この曲が側にきてくれると思う。曲の中盤から歌いこむ所が圧巻です

 

2004年から14年経過して、18年からは黒人女性のSoulはトニブラが一番背負っている状況になった。今はトニブラの時代なんだと。そう断言レベル。

さきほどは05:Sorryを一番としたいと言ったけど、本当は06:My Heartのほうが上だと思っている。けど単にMy Heartを歌えば良いわけではない。Sorryという気持ちをSorryという言葉を使わずに表現する地点。I'm SorryにYou're Sorryが重なると、Sorryという言葉自体が消去される。そして残るのは言葉の無い世界。この言葉の無い世界を堪能することがBlack Musicを聴きこむ真の価値。

残暑が厳しかったのに急に寒くなってあわてて部屋の窓を閉める。92年。トニブラはBoomerangのサントラでデビューした。魅力的なVCだったけど、当時はどうしてもマライアのほうが好きだった。そして18年。ここまでになるとはね。

おめでとうトニブラ。君が女王だ。そう言うのはまだ世界で僕しかいないかもしれない。
けど間違いない君が女王だ。今はToniBraのEraだ。いつか世界はこの認識が浸透する。
それだけは92年も今も同じ手触りの秋の風が保証するから。

 

0



    コメント
    気になってたアルバム、今度、聴いてみますね!
    ジャケットとタイトルは、あり得ないあたりを狙っているのではないでしょうか。私は好きですね。
    • Hide
    • 2018/04/25 11:12 PM

    ようやく、このアルバム聴けました。
    ベテランらしい完成度の高いアルバムですね。どの曲もいいです。
    • Hide
    • 2018/07/16 8:47 PM

    コメントする








       

    All List

    Categories

    Selected Entry

    links

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM