最近のニュースと諸々のこと

昨日、電車に乗りながらLala Hathawayについて考えていたら、やっと違和感の正体に気づいた。
そうなんだよ、父親のDonny Hathawayに対する想いを歌った曲が無いんだ。。

いくらDonny Hathawayが自殺してようとも暗い曲じゃなくていい。生前の父の笑顔な一瞬を切り取ったような明るい曲でもいい。どんな曲であってもDonny Hathawayに捧げた歌ならば気づく。それぐらいには彼を聴き込んだ。そして、そのまま小室圭さん&眞子様の結婚延期が浮かんできて、最終的には秋葉原通り魔殺人事件の弟まで考えが辿りついた。なぜって大きな共通点があるから。



身内が自殺をした人生
誰だってメンタルに揺れ幅がある。UPな時もDOWNな時もある。数年に一回、とことん底に落ちる時も有る。そんな時にこの事実があると結構辛い。僕は義叔父さんが自殺したけど血は繋がっていないから悩んだ事は無い。血が繋がっていたらもう一段底に行くな、と思ったことはあった。一ヶ月前に叔母の葬式に行った。夫が自殺した後にあれだけ穏やかな笑顔で暮らしていたこと、遺影を見ながら色々と考えていた。

小室さんのお父さんは自殺、しかも焼身自殺なんだって? 流石に結婚延期のニュースには驚いた。職場の雑談の話題になるぐらいには日本国民が気になっているのだろう。

 某大学の理工学部卒
  横浜市役所で技術吏員
  みなとみらい21の設計も担当
  体調不良で欠勤がち
  小室圭が10歳の時に河原で焼身自殺
  一週間後に祖父も自殺

これは凄い環境だよ。。いまネットで検索したけど週刊誌に載らなかった衝撃的なことも書いてある。真偽は不明だが焼身自殺をした説明にはなっていると感じる。自殺の方法にも色々あるけど、焼身自殺って切腹の次ぐらいに強い人が選ぶ方法だとは思っている。

霊能者関連は何系か気になるが掘り下げると長くなるので。借金については「返せという男も男だ」と思っていたけど、こういう事実があるならば判断に迷う。
小室圭さんの母親・佳代さんは「口座に200万円無いと大学が留学を認めない。残高証明を大学に提出したらお返しする」と言って交際していた男性に振り込ませたのに、いつまで経っても返済せず知らん顔。しびれを切らした資金提供者が「返してほしい」と要求するのは極自然の成り行き。話し合いの場で返済意思を質されたとき、同席していた小室圭さんが、「返すというより、もともと贈与を受けたと認識している」と母親を擁護したというのだから
もしその後に結婚していたら返せとは言わなかっただろうし、借用書も無いだろうし、揉めたら家庭裁判所レベルだろうね。個人的な理想では「こういう場合はあげたつもりで貸せ」だけど、このスタンスだと2万でも躊躇するのも事実。この金銭問題についてはこちらで提案があるようにクラウドファンディングでこの結婚を応援する国民から1人1000円ぐらいで集めればいいと思う。「高校時代は社長令嬢と付き合ってた」や「湘南江ノ島 海の王子」とかは判断に迷うけど、これだけの環境で育って前向きに生きているなら、それは賞賛すべきだと思う。

この記事に書いてあるとおり周囲がなんと言おうとも問題にできるのが金銭的な面だけならば、それを取り除く協力はしたい。世間では眞子様が悪い男に引っかかった系の言説も多いけど、アホかと思う。少なくとも眞子様は本気だし、それは貴乃花と宮沢りえのレベルだと。あのカップルも上手く行って欲しかった。ある種の重い経験は、同じレベルを体験している人じゃないと共有できない部分がある。

皇室に生まれるというのは、この小室さんの環境と同じぐらいに重い
これがこの世の真実なのでは? そろそろ、うちらもこういう理解をする国になろうよ。じゃないといつだって「上を向いて歩こう」は越せない。あの姉妹を「スキャンダル皆無の超絶アイドル」みたいな視点で見るのはやめにしたい。

数年前にたまたまネットで見つけた。秋葉原通り魔事件の加藤智大の弟が自殺したときに遺した文章。自殺だろうが他殺だろうが、家族がいるならまずはこれを読んでからにしろ。道徳の副読本にしてもいいと思ってる。偉人の話ばっかりだから道徳の授業は20%ぐらいにしか伝わらないのでは?


そして最後に。
Lalah Hathaway、もしくは他の歌手でもいいけど、もし今回の主旨に合致している曲があったら教えてください。自殺でなければ、イチオシはコリーヌだし、生まれた時から母子家庭ならヒューストンがいるし、ここら辺はこっちに書いたけど、このテーマに合致する曲は、いまだ知らない。。
 




コメント
Lalah Hathawayが幼い頃、父親が亡くなったそうです。父親はあまり覚えてないとのこと。父親を想ってのアルバムは、Live版でしょう。お父さんの曲を歌ったので、意識しない訳ないかと。最新アルバムのHonestlyもお薦めですよ。

ブログの主旨と外れるかも知れませんが、身内が亡くなったという意味だと、若井もご存知のCorneilleのHeavenですよね
  • Hide
  • 2018/02/26 7:08 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM