Charlie Wilson - "In It To Win It"

大御所、最後の恋愛歌!?



毎年のようにアルバムリリースできるのは本当に凄い。1953年生まれだから、今年で64歳。キャリア後半でここまで活躍しているのはロン以外にチャーリーだけでは? あまりに作品のラッシュが続いて全部を揃えてないのだけど、本作は気になった。ジャケは東南アジアの大統領の正装みたいだが、顔は真面目だし、アルバムタイトルが今までになく深いと感じたから。

「そろそろCharlie Wilsonも大御所最後の恋愛歌を歌ってくれるかも」と期待してレビューが出る前に購入。今までこの基準に該当するのは2歌手のみ。Curtis Mayfieldは54歳の時、ロンは63歳の時。個人的には60歳を越して初めて歌えるフェーズの曲だと思っています。(Curtis Mayfieldはあの作品が遺作になってしまったから例外扱い) それだけでなく曲名自体が「最後の恋愛歌」に相応しい名前になっているか。そして、最後は声の表情。積み重なった痛みがある種の弱さに昇華して欲しい。

これら3つの基準を全部満たすことなんてありえないと思ったけど、唯一近い曲があった。ただ、チャーリーだからね、声の弱さは有りえないか(笑 けど、あまりに基準を厳しくてもしょうがない。なんといってもうちと真逆の志向性を持つ。2005年の傑作が2000年当時に発表されていたら、僕はR&Bのサイトなんて絶対に作らなかったと思う。それだけの影響力を持つ人だから。

個人的には一番痛みが見えたThru It Allを越す表情を期待していたけど、それはなかった。あのShavaShavaは本当に価値がある。それを越す声ではないから、現在は暫定かな。取り急ぎ最近の作品と90年代のソロデビュー作をMp3vaで集めたところ。全部聴いてからじゃないと正式認定できないね。

ちなみに、いつもながらにチャーリーばりの良曲が多いので、その点でもオススメします。追記するのは聴き込んだ後で。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM