Tuxedo - "Tuxedo"

80'Sを蒸留したら《爽やかさ》が凝縮されて



巷の評判の高さに影響されて買ったけど、確かに80年代の良い面を凝縮した作品。どんなグループなのかも全く知らないけど、信じられない手触り。80'Sを参照しているのに古臭くない。「美メロチューン」みたいに形容される音じゃなく、あくまでオールディーズの雰囲気なのに、時代を超越している。ずっと個人の内面の奥底から生まれる作品を追っかけてきたけれど、この作品が生まれるプロセスは真逆。その真逆さを《爽やか》と表現すること自体が表現体系の貧弱さ。もっと良い言葉があるハズだけど、2ヶ月がんばって諦めました。。

何よりも本作は5月の青葉の季節のドライブに一番合うと思うから。ならば流石にこれ以上引き伸ばせない。アルバム全体に一貫したコンセプトがある作品。だけど本当のプロのリスナーならば、この作品から一曲ごとに意味を引っ張り出せるはず。それが出来ない。。タイプが違う人には全て同じ曲に聴こえるという点では、Mario Winansのデビュー作品と同じ。この作品も3年かけてやっと真の言葉が浮かんできた。というよりも、2作目を発表してくれて、やっと一作目の差が分かった。そういう意味では、もっとメイヤー・ホーソーンを追いかけるべきなのかも。

02:R U Readyはキャッチーで攻めている。アクティブな感情があるのに女性の声を全面にもってきてクドさを消している。正反対なのが05:Two Wrongsだね。06:Texedo Grooveはインストだから、5曲目までが一つの塊だと思える。その中でもこの2曲が軸だと感じる。そして、当然、ウチはWrongs派。そんなのはタイトルからも当然。切なさが見え隠れする。悲哀感の10歩手前をKeepしている良さ。

こんな風に色々と掘り下げたいのだけど、そんなメンドイことはやめて、素直に一作丸ごと何も考えずに楽しく聴けばいい
と久々に?というよりも初めて、こう感じる。それぐらいに傑作です(笑 07:I Got Uでインストの後に一気に押し捲る曲を持ってくる、このセンスもナイスだね!




コメント
これは自然と体を動かし、楽しく聴けば良い音楽かと思います

メイヤー・ホーソンの音楽は懐かしく、でも古くなく、好きです

タキシード・供▲瓮ぅ筺次Ε曄璽愁鵑Man About Townも傑作ですね

ジェイク・ワン、メイヤー・ホーソン、
HMV record shop渋谷でイベントやってくれたり、気さくな良い方です
  • Hide
  • 2017/10/15 5:23 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM