映画『ムーンライト』は黒人映画の金字塔



想像以上に凄かった。「黒人映画の新しい時代の幕開け」という言葉はダテじゃない。普段からチェックしている冷泉彰彦氏のブログからのリンクで、「ホモフォビア(同性愛嫌悪)とアメリカ:映画『ムーンライト』」という記事を読み、公開に合わせてレイトナイトショーで見てきたけど、想像以上に凄い。

今までと根本的に違うのは、役者の選出と、音楽の使い方。全くの異次元。主人公:クンタキンテで伝わるぐらいに黒人文化に詳しい人は、第二部が始まった時点で目を見開くし、第三部になった時点で深い感動を覚える。音楽はストイックに使用しているのに、「ここまでするのか」と感じる。

 

 

 

どれだけストレートに文章を書いても、流石に超傑作に苦言は言えない。だからあのRootsにネガティブはいえなかった。けど本作を見て痛感。1人の人生を追う映像作品である限り、役者の選定に細心の注意を払うべき。Rootsは少年時代と青年時代の役者が違いすぎる。だから、感情移入に深い断絶が生まれる。 

このムーンライトの凄さはこのポスターが示す通り。
少年時代、学生時代、中年時代の3つの時代のそれぞれで雰囲気が大きく変わるのに「1人の人生の中での変化の幅」に収まっていると思わせる統一感がある。このポスターには惹かれたし、あの紹介記事とこのポスターがあったからこそ、ブラッドピット製作とも知らずに映画館に行った。映画を観た後、改めてポスターの写真画像を見て、やっと3人の顔を繋げたと分かった。それぐらいの統一感。

 

3つの時代を演じたそれぞれの役者の演技力が凄い。特に高校生の頃を演じた俳優の、オドオドしてひょろひょろながらも、芯の強さは隠し持っているような演技。聡明さに溢れる少年時代を演じた役者はRootsの少年年時代を演じた俳優と同じレベルの親近感だし、中年時代の奥行きのある○○(ネタバレになるから伏字)を演じる俳優も凄いが、一番難しいのは学生時代なのかもね。エンドロールの最後まで見ながら、そんな気がした。
 

音楽を止めるタイミングの絶妙さ
感動というより唖然。選曲が良いとか、映画のために作った曲が良いとか、そんな基準がチンケに思える異次元さ。今までで映画音楽が絶賛された黒人映画って、サントラからシングルカットされた曲のチャートアクションで言えば、ホイットニーの「ボディーガード」かな。LaFace全盛期の「ブーメラン」はサントラ曲が全米同時No1,2だけどバブリー感満載の映画だから今から観るほどじゃない。やっぱりR. Kelly渾身の「Life」でしょう。映画の最後にK-ci&JoJoが歌うLifeが流れる感動は何物にも変え難い。そうであっても、このムーンライトは音楽の選曲だけでなく、音楽の使用を絞って、そして止めるタイミングが凄い。一番ビックりしたのは、本映画のキモでもある「この音楽が流れたからお前に連絡をした」という場面。それをこのタイミングで止めるのか、、という落胆。余韻とかそんな生易しいものじゃない。

 

音楽を乱暴に止めることで、映画の最後のシーンの余韻につなげる。

 

ありえない。映画音楽なんてミュージカルタッチの実写版美女と野獣のように華を添えるのが基本の方向性なのに、それを削る方向に使うとはね。映画音楽で飢餓感を演出したのは始めてでは??


----
麻薬を絡めて黒人の男性を描く事、ゲイについて描く事、どちらもステレオタイプになりがちなのに、全く交わらないステレオタイプ。この背反さはHip-Hopに馴染んでいる人ほど当然すぎて空気レベル。だからこそ、この両者を融合させた時点で奇跡といえるかもね。「この映画は絶対観るべき」とまでいいたくなるのは初めて。個人的にはマニアックな映画は観ているから、聖職者と性の問題を描いた「スポットライト」宮崎駿の映画の主人公のような人生とまで絶賛される「人生フルーツ」は見たけど、本作だけはうちのサイトを読みに来てくれている全員にオススメです。
 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM