R. Kelly -"Black Panties"

俺を「いい人」と思わないでくれ


このジャケの時点でやりすぎでしょう。買うつもりは全くなかったけど、Devanteで気になったsengoku aizuさんが紹介してた曲が気に入って

「12Playを継ぐアルバム」
って何回聞いたっけ? 3回以上は聞いてるし耳タコ状態。けど、本作を聞いてやっと分かった。何度も「いい人」になれる道があったのに、彼はこの地点にいる。選びたくないんだ。R. Kellyにとっては「いい人=不自由」なんだね。別に「女遊びに支障が出るのがイヤ」っていうタイプじゃない。もっと根源的。R.を2枚組みで作った時にここまで道はひかれていたのかもね。

2000円出して買う気にはなれなかったけどmp3va.comで見つけたから。最近は超有名歌手の心惹かれない作品をレンタル待ちの前にmp3で買うことが多くなってます。

一番良い曲は間違いなくsengoku aizuさんが選んだCircle。ところが日本盤ボーナス。。最近、そういう事多いんですけど。。けど、日本盤を買いなおすことはしません。ごめんねR. Kelly(^ ^; 日本盤のボーナスがこの曲なら、R. Kellyは日本の事を好きでいてくれるのかもね。ちょっと嬉しかったです。
 

じゃあ本国盤は全くダメかと言うと2曲だけ惹かれる曲を見つけた。
12:Crazy Sexです。元から壊れてるR. Kellyがcrazyを使うと、逆に清浄な世界に行ける。とまで書いたら言い過ぎかな(笑 この曲を久しぶりのR&B-Timeで聴きこんで、彼のCrazyと自分のCrazyを比較すると奥の世界が見えてくるかも。Crazyというタイトルでは最高なK-ci&JoJoとは違う。あれはストレートで誰でも聴きこめる傑作だった。この曲は普通のCrazyからのズレ具合が楽しい。

16:Physicalです。この曲に注目した人は、自身のセンスを信じていい。本サイトにそう言われても嬉しくないと思うけど(笑

100回連続で聴ける。けど、多分、直感では、この曲は対となる曲があるはず。そういう香りがする。本作の中なのか分からないけど。一般的なphysicalは身体的、物体的だから逆の意味はmental/spritualになるのかな。そんな意味では原点は17:Every Positionになるのだろう。この曲は全体的にパスなんだけど、アルバム構成的にはこれが正しい。だから隠れた曲として 18:mental/spritualがあるハズだが、それは次回作にしたいのかな。

今は日本盤の追加曲群が分からないけど、circleはPhysicalとmentalをぐるぐる回っている曲。そういう曲を収録してくれて非常に嬉しい。けどR. Kellyはmental/spritual側を作れるハズ。音を13年に合わせたEvery Positionを聴かなくてもR. Kellyの原点は分かってる。R. Kellyの振り子が見える人は全員知ってる。そういう人はPhysicalを聴きこめば対となるmental/spritualが見えてくると思う。

興味があれば試してみれば?

---
お、面白い投稿みつけた。歌詞を貼り付けただけじゃなくてそれぞれのシーン画像の選択がナイス。

「完全な善は完全な悪と変わらない」
のが出発点。「もしかしてら完全な悪は完全な善の可能性もあるかもしれない」と気づけば、極限のループを見つけたことになる。結局、対立概念の全ては円環になるから。そこまで腹落ちしてないとPhysicalの先には行けない。歌詞は相変わらずとことん一般常識で理解できる世界になってる。けど、この声の表情は違う。この声こそがR. Kellyがこの世の円環を知っている証左だから。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM