K-ci & JoJo - "My Brother's Keeper"

彼なりの謝罪の形


これを「謝罪」と言ったら女性陣から総スカンかもね。「本気で言ってる?MaryJ.の2作目を前にしてそう言える?」って。けど、K-ciがR. KellyのLookin' For LoveやWWFUみたいな曲を歌うワケないじゃん。これが彼のMAXであって、それは男性陣の総意だと思うな。少なくとも以前のソロ作は中途半端な片膝のポーズで内容は輪にかけてイマイチだった。あれより百倍マシになってる。純粋に、ソロ作の時にこのレベルを出して欲しかった。

(ソロ作は個別UPするほど感銘をうけなかったのでWeekly Commentのみ。以下再掲)

K-ciのソロがあの出来だったので、ちょっとLatelyに書こうか迷い中。聞き始めても、結局MaryJ.の去年の作品を聴いてしまうんだよね。2:My Bookとか4:Conversationとかアットホームな感覚はよく出てる。4はCan I Talk To Meの続編とも思える作品でかなり好きだが、突き詰め度合いが足らない気がする。8:I Apologizeがなぁ、「お前が謝るのはもっと別の時代の話だろ」と言いたくなる。
まるで彼氏の友達から「あいつも反省してるからさ」って聞かされる女の子みたいなもんで、謝る曲でバックを連れてくる男は嫌いだ。やりたかったら多重録音までにしとけよ。唯一はFFFFの続編とも思える14:Cheating On Usだね。これが一番底から吼えてる。このサビってShe No Goodって言ってるの? これを「俺は俺で女で苦労したんだ」ってタイトル でLatelyに書こうかと思ったけど、個人的にその台詞を言う気もないからなぁ。せっかく久々にR&B-Timeで聴きこんだのにね。この曲に完全に重ねるほどに男が下がると思うな。と、相変わらずけちょんけちょんに言っているけど、15:YouはAll My Lifeの続編とも思える作りで、K-ciの心情がストレートに出てる。イイ曲だしイイ表情だと思うよ。16:Care For Youもいい。山場はこの3曲だね。だから、ファンにはお勧めアルバムだと思ってます

この作品を買っている男女どれだけいるか謎ですが、さてさて一番、「俺が悪かった」という気持ちが出ているのはどの曲でしょう?
ちょっとアンケート項目作りたいなぁ(笑 これが分かれば人生における恋愛の苦労の半分はなくなる。女性のほうが難しい問だと思うけど、もしかしたら男性でも難しいのかもね。
----
アルバム全部を通して聴きました。この心地よさは一体なんだろう。全曲10点でもいい気がしてくる。
いかん、ついついアンケート作ってしまった。。

これを「悪ノリ」と見なされるのか、「本気の感動」と言ってもらえるのか、それすら良く分からないですが、僕はずっとCalvin Richardsonのガチファンだと思ってたけど、本作を届けてくれたK-ciにはもっともっとファンになった。けなすべき作品はけなすのだから、賞賛すべき作品はこれぐらいやらないと。10名以上の回答があれば嬉しい限り。

----
世の中には色々と評価軸がある。K- ci&JoJoの最高曲をAll My Lifeとする人がいるのも、当然だとは思う。けど、「ソウル」という文脈であれば、今までの中の最高曲は3作目XのWanna Do You Rightになるし、これは全てのR&B-Soulファンの総意だと思う。けど、僕は本作を上に置きたい。曲の良さではWannaになるのは分かる。けど、一番大事なのは込められた心情だから。Wannaでは泣けない。けどこの曲は泣けてくる。K-ciしか歌えない、K-ciの人生の総決算といえる曲はWannaでは無い。

これはね、Annaレベルなんだよ。普通に聴くとまったくDeepじゃないから誰も気づかないと思うけど。

やっとAnnaと対になる曲を見つけた。Annaがこの世の最底で、同じレベルは他には存在しないと思ってた。ナイーブなMarvin Gayeと正反対のK-ciだからこその到達地点。それがこの単語か。やっと遊び人タイプの男の心の最底が分かった。それにここまで感動している自分は、、「同じアホでも種類は違う」と思っていたけど、根は一緒だったという事実か。
 



コメント
謝罪というのは、深読みが過ぎるというか、思い入れ先行な感じがするけど、確かにいいアルバムだし、4曲目はすごくいいね。もう調べているかもしれないけど、このタイトル、旧約聖書のカインとアベルの話から取っているみたいです。
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20081017172847AA8rESt
  • kei_natsui
  • 2013/11/07 10:22 PM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM