Joe - "Doubleback Evolution of R&B"

BabyそしてSex,Music,Smoke,Liquor


Joeの10作目となるスタジオアルバム。前作の"The Good the Bad the Sexy"はタイトルと巷の評判からパスしてた。本作と一緒に買って聴いてるけど未だにピンとこない。けど、この10作目は別。アルバムの第一印象からナイス。ミドルの曲群の出来がいい。けど、このアルバムの本質はミドルでなく10:1 To 1 Ratioのサビだと感じた。

Sex,Music,Smoke,Liquorは快感の序列と思うが、この歌詞を歌う時の声の表情がナイス。これこそが真の売れ線。エロすぎる事もなく、クドすぎる事もなく、あくまで自然体。ここまでの雰囲気が出せるならば、快感ではなく現代人が見失いがちな人生の価値の順序のようにも思える。

コンパで盛り上がってきた時にこのノリを出せればモテル。ずっとGood Girlと対になる曲を探してきたけど、この1 To 1 Ratioを対とする。アホと言われそうだが、それがウチの基準。ちなみにSmokeはマリファナなのかな。マリファナよりもMusicが上かい。これこそがJoeの矜持なのだろう。

01:Smothing For YouはJoeの平均レベルだけどミドルの分だけ押し気がある。02:Easyは個人的には普通。03:Babyですよ。これを長年待ってました! サビでBaby連発。これこそがR&Bの正しい形。なのに今まで該当するのはR KellyのセルフタイトルのBaby, Baby, Baby, Baby, Baby....だけ。あちらはSlowの傑作だが、個人的にはミドルも欲しかったから。2005年には以下のように書いてる。

個人的に「歌って欲しいシュチュエーション」、「歌って欲しい形」ってある。そのうちそんなコーナを作る気分になってるけど。そしたら、All Babyな曲はぜひ欲しい。R Kellyのポイントの一つにタイトルがBaby,Baby,Baby,Baby,Baby の曲がある。サビもそのまんま。結構ナイスな曲だよ。で、これを突き詰めて歌詞が全部Baby 絶対R&Bに必要だ(爆 これが歌える歌手は声の表情で名人位でしょう。Babyしか言ってないのに、「ここで付き合い初めて、ここはXXX、曲の終わりの方は泣き声入ってるなぁ」って、そんな曲があったらみんな聴きたくない? キーボードだって無地があるんだし、パズルだって牛乳パズルがあるんだし、歌詞がBabyだけの曲ってはプロの歌手とプロのリスナーの間には必要だ。ぶっちゃけ声の表情を突き詰めれば、「めし、ふろ、ねる」だけで結婚生活が続くと思う。俺はそんなのに憧れてて?だから変わってるんだけどね(泣
現実としては「めし、ふろ、ねる」だけじゃ結婚生活は回っていかない。だからこそ余計にこういう曲を求めているのかもしれん(笑

04:Comporomiseもナイス。Middleというよりも[UM]ぐらいのテンポ。UPテンポの曲を作ったことが無いJoeとしては一番BPMが早いのでは。05:Magic Cityもテンションは持続してる。Mp3va.comで買ったから誰が曲を作ってるのか分からん。ここら辺はどうにかして欲しいのだが。。06:I'd Rahter Have A LoveはJaheimっぽい曲。低い声の質ではJaheimには勝てないね。07:Love & Sex feat. Fantasia BarrinoはまるでEric Benetのような曲。ファルセットは彼には勝てないか。高い声も低い声もTOPでは無いJoeだが、もう10作だもんね。御大レベルじゃん。曲としてはナイスだしね。

08:Sexyもそうだけど、本作でのJoeはSEXに拘っていると思う。けど、イヤラシサが無い。その立ち位置の素晴らしさ。普段は内省的な曲を聴いているけど、たまにはこういうノリの曲を聴かねば。サビのキック オブ シューズ、ワラップ オブ ジーンズのフレーズこそがJoeの良さ。この曲も基本スロウなんだけどSignatureと比べるとミドルに振れてて、そこがナイス。09:Moreも捨て感覚は無い。サビのSex Morningが印象的。10:Mary Janeはうーん。

11:1 To 1 Ratio feat. Too Shotの良さ。Ratioという言葉の重さ。「日本人は未だにRatioという言葉の厳しさを分かってない」という副島隆彦の言葉には納得してる。そんなRatioをSexと結びつけるJoeのセンスがナイス。コンパでの飲み会の後にカラオケに行って皆で合唱する価値がある。あんまり小難しい事はやめて、35過ぎたらシンプルに考えた方がいいんじゃない? と先日、会社関係で飲んでる時に同期(独身女性)と話して思ってた。「俺の友達でも紹介したい人はいるよ。けど35歳過ぎて残ってるのはデブかハゲかの外見ハンデあるけど、それでいいなら」って。イイ男なんて30歳までで売り切れるもんだから。そういうリアルな現実を痛感した女性が今から価値観を変えるならばこの曲は激オススメ。

アラフォー独女の絡まった糸を一刀両断 →Sex, Music, Smoke, Liquor

SEXについてとことん歌っているけどイヤラシサが無い。下手に相手の年収とか考えるから該当者がいなくなるのであって、大事なのはもっと別な所にあると思う。仕事をバリバリこなして稼ぐ女性ほどそういう選択肢をもてるぐらいの思考の自由度が必要なんじゃないかな。35過ぎても「長男はパス」とか聞くとワケ分からん。もちろん長女としての自覚は感じるが、そういう希望は25歳までにしといた方がいい。

最近というか05年ぐらいから普通に社会人してるから、飲み会でも言えなかった事はサイトに書いちゃうなぁ、特にこういうドンピシャの曲があると。ちょっと反省。けど、本当にこのアルバムはオススメ。この曲を聞きながら感じたことをまとめると以下

・一般的な選ぶ基準
年収、性格、家族親族、浮気度合い、、、、

・Joeが薦める基準
居心地の良さ(Sex,Music,Smoke,Liquor)
 年収→仕事へのやる気&家事手伝い度合い&お金と無関係な幸福感
 性格→一緒にいて気持ちよければOK
 家族親族→マザコンやめとけ
 浮気度合い→?

----
以前に「Brian McknightがSEXYサイトのテーマソングを作った」とのニュースがあった。残念ながらイマイチの曲だった記憶が。マクナイトはまだこの絶妙なSEX感を出した事が無い。だからこそ、このアルバムの価値が高いんだと思うな。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM