214 - "Finally"

「終わりの風景」を歌わせたら00'Sでピカイチ
KarmaとRelationsの奥にあるものを掴みかけている


以前はAmazonでmp3が買えた。今は彼らの2作目は買えてもこのデビュー作は買えない。けど、00'S以降にデビューした男性グループの中ではかなりレベルが高い。基本吼える。ガンガン押してくる。Hamilton ParkAhmirに並ぶ作品なのは間違いない。

良曲の多さならAhmir、Power SorryならHamilton Parkで、この214はアルバムタイトルでもあるFinallyが最高。Slowを歌う時の声に微妙な陰影があって、曲の深みを生み出してる。Disk Unionで買った当初は「歌えるなぁ」ぐらいだったけど、その後たまたま出張で訪れてた時、Finallyの良さを痛感したから。

インディーのわりにジャケが良いのもポイント高い。服装とジャケの色を適度に合わせるなんて当然のようにも思えるけど、ここら辺から適当なジャケってインディーには多いからなぁ。

01:Introから期待が持てる02:My Lovinはレベルの高いミドル。適度に押してる感覚がいい。バックトラックが印象的なのもポイント高いです。03:Benzもナイス。こっち系が好きな人はかなり気に入るタイプの曲かと。04:Crunk Texasも03の延長線上。個人的にはHip-Hop色が強くパスですが。05:Whoaもガンガンきます。アルバムの前半はMiddle、後半がSlowというオーソドックスなつくりだが、両側ともそれぞれのタイプのリスナーを惹きつける。06:RidinはちょうどMiddleとSlowの中間点。

きました。ウチのサイトは基本Slowなんで。07:Sundayは緑つけたいけど、最近インフレ気味なので赤にしておく。SlowとMiddleの中間ぐらいのBPMでパワーボーカルなのにSundayに相応しい光景が見えるのがナイス。彼女とバイクで流してる午後ひとときがピッタリくるような曲。車よりもバイクが浮かぶのは、214がもつ押し気かな。音楽流すのが一番だと思ってるのでバイクは乗ったことすらないけど、この曲の説得力は感じる。08:Bearutiful Girlsはパスで。09:GIGも苦手なタイプ。

10:Finally - Interludeは緑です。このFinallyには何かがある。歌詞ではFinallyって単語しか出てこないのに説得力がある。11:Tonightが一番かな。泣きが見え隠れしてて最後の夜にも思える。サビでの重ね具合が素晴らしく、後ろで吼えてるリードの歌いっぷりもいい。押し気はあるから最初の夜にでも流せる。そういう意味で懐が深い。フェードアウトしていく曲の終わり方は個人的に嫌いだが。12:Karmaですよ。黒人文化における「カルマ」の受容については大学の卒論のテーマになりえるね(キリスト教とカルマの概念は背反だから余計に明確化したい)。Karmaというタイトルで一番いいのはAngie Stoneだが、この曲はいいラインに来てる。ボーカルグループでは初だから。

別ファイルにするほどの曲数でもないので、ここで
【全13599曲中でタイトルにKarmaが含まれる曲】
214:Finally -12- Karma
Alicia Keys:The Diary Of Alicia Keys:Alicia Keys -02- Karma
Angie Stone:Stone Love -15- Karma
Dave Hollister:Real Talk -08- Karma
Lady:Lady -05- Karma

13:RelationsはテンポがMiddleなんだけど自然とこの場所が似合ってる。もし明確な意志を持ってKarmaの次にRelationsを置いたのならば、この部分を決めた人は仏教に造詣が深い。両者をこの順序で並べると華厳経でのインドラの網に近い世界観が出てくるが、曲としては表現しきれてない。もうちょっと個が揺らぐような踏み込みが欲しい。2:30以降でバックで吼えてるところはかなりナイス。ここを突き詰めるとKarmaのTOPにいける。14:Talk To Youは明るさがナイス。アルバム全体の幅は広い。15:Wish You Where My Firstは重くは無いけど、Finally系の想いが載る。

冷静に説明すれば、アルバムは全体的にバランスがよく、色んなタイプの傑作曲が収められてる。そういう意味では収録曲が少ないHamilton ParkよりもAhmirに近い。けど、うちは緑にしたこの3曲を固め聴き。「相変わらず」と言われそうだけど、ボーカルグループ初のKarmaを作り、タイトル曲をFinallyにした点からも、ここがグループのコアだと思ってる。

参考までに他のレビューもリンク貼っておきます。こちらこちら

皆が絶賛する17:Pamoer Youはちょっとバックトラックとボーカルがずれてないか。16:Marriedは好ましい雰囲気の曲。けど、90'Sのグループと比べたら平均点かな。15の方が平均以上の何かがあると思う。曲のレベルはAhmirの方が高いけど214の方が深い。それはKarmaの存在もあるけど、突き詰めるとこの声かな。個人的にはAmythに近い深みを感じる。

----
[2013/06/23]
KarmaとRelationsをシンプルに説明すると、「個」と「関係」の関連なんだよね。
普通は「個」が先にきて、個同士が「関係」を結ぶと捉える。
けど、個を定義しようと突き詰めると、結局は「関係の束」として定義するしかない事に気づく

これが全ての出発点。極論から言えば、個を定義した瞬間に無意識的に関係も想定してるから。Karmaは関係の一番濃い形であり、生まれる前から決まっていた関係。個として存在する前から関係が決まっているのは、??な状態だが、こういう世界観だから。別に難しい用語なんて使う必要もなくて、もっとシンプルな用語で小学生ぐらいから教えればいいんだよ。

例として一番分かりやすいのは親子関係だね。生まれる前に決まってる(笑 恋愛においても「生まれる前から決まっていた」と思ってる恋人達もいる。恋愛初めの頃はお互いに「運命」と思ってる微笑ましい光景だが、恋愛終わり頃では「業(カルマ)」としかいいようのない状態になる。この言葉で逃げる気はないけど、そういうもんです。

もっと言えば、チベット仏教では「魂として浮遊している時に両親のSEX風景を眺めて、父親に嫉妬を抱いたら男の子、母親に嫉妬を抱いたら女の子として生まれる」という考え方もあるらしい。フロイトのエディプス・コンプレックスにも近いシュールな光景だから、ここを考える気も無いし、他人には言ったコトないんだけど。村上春樹の「海辺のカフカ」も読まなかったしなぁ。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM