Talent - "Bulls Eye"

後悔を抜いたR. Kellyの最深部


R. Kellyがトータルプロデュースした(もちろんレーベルはRock Land)唯一の男性グループであるTalentだけど、このデビューアルバムは無残にもお蔵入りになった。チョコファク前にリリースしてもヒットしたとは思えないので、ビジネス的には妥当な判断だと思う。けど、R. Kellyがこれだけ成功した今、再発売する価値は高い。ずっとそれを待ち望み、再発売されて皆が手に入れれる状況になったらレビューを書こうと思っていたけど、もう2013年。だから再発売を熱望するためにもUPする事にした。どれだけ傑作と思っているかはBelong特集および2005年のWeeklyコメント(最後にも再掲)を見てもらえば伝わると思う。

R. Kellyの全作を持っている人が世界に何人いるのかは分からない。日本に何人いるのかも分からない。ボクはJay-Z等のコラボ作品以外は全部持っているつもりだけど、そういう人はぜひとも本作を聴いて欲しいとずっと思ってる。どうやって聴けばいいんだ?といわれると困るのだが。。

R. Kellyの最深部は未だにR.だが、あれは後悔が強すぎる。後悔を抜いた最深部をR. Kelly自身は歌いたくても歌えないんだと。だからこの3人に託したのだろう。けど、グループの幅が狭い。こちらのレビューでも書いているように、メンバーの声質が殆ど同じ。アルバム全体的な性格としては112のデビュー作に近いが、112にならってバリトンをメンバーに入れるぐらいの配慮はすべき。こんなのは当然R. Kellyも分かっているけど、イヤだったんだろうね。

R. Kelly自身の枠からはみ出したグループ構成にするのが
3人組としたのも示唆的だと思ってる。売れるグループ構成(普通は4でしょう)にするつもりは無く、あくまで青年時代のR. Kellyとの類似性が欲しかった。ソロ作にしなかったのは、1人では弱いと思ったのもあるし、そこまで1人に入れ込みたくなかったんじゃないかな。だから、殆ど同じ声質の3名にしたんだと。このデビュー作をHITさせたければ、自身のデビュー作のBorn into the 90'Sに合わせた内容にすればいい。なのにこの楽曲の幅だからBorn into the 90'Sは不本意な妥協があったというべきなのかもね。

ミドルでオススメは05:Every Where I Goです。リードもバックももっと吼えていいのだが、アルバム全体を貫く抑制が効いている。そういうグループなんだね。もうちょっとBPMを早くしてRAPを攻撃的にすれば大ヒットする曲なのだが、この黒色ベースのジャケの印象どおり。黒のジャケってクラブ的なノリも出るのだけど、抑制感が強いのはこの3名の表情のせい。どうみても悪く言えばコムヅカシイ顔してるから。

続く06:I Don't Wantが傑作なんですよ。この後悔の真逆のタイトルこそが一番訴えたい事なのかも。サビで淡々とI Don't Wantと歌っているのに、曲全体からWantが浮かび上がってくる。この浮かび上がってきた形は、Wantと叫ぶ歌では作れない形。それがたまらなくいい。純粋にありえない。本作以外ではありえないこの世界に、零時を過ぎて浸っていると、、何かが見えてくるようで。

2005年当時は「剥ぎ落とす」と書いたけど、これはちょっと意識が入りすぎ。そんなアクティブな世界じゃないから。「一つずつ手離していく」という情景が一番近い。そうやって手離して、最後に残るモノは何? 4:08の長さなのに聴いてる身としては非常に短く感じる。それは手離さなくちゃいけないモノが多いからなんだろう。こういう自身のエゴの量を測るのにベストな曲。こういう曲を流しながら自問自答するのが恋愛なのだと、若い男の子のために書いておく。

07:Descriptions of Loveもナイス。この2曲の連結はホント奇跡。ついつい気になって調べたけど、私が現在持ってる13599曲の中でdescriptという単語があるのは本曲だけ。えっと、0.001%かな。これって全部R. Kellyが作ってるんだよね? どこまで彼ら3人の意見が入っているのか謎だけど、もし自分達が選んだタイトルならそれだけで絶賛できる。

08:Til the Angels Singも曲としてはナイス。09:Break'in UPは本作で唯一のUPの曲なのだが、うーん。勢いが足らない。シャウトも足らない。やる気あんのか? 10:Turn To Liesはそこそこ。11:All Up In His RideはMiddle-Upだけど、ちょっと曲の連結悪いなぁ。せめて10と11は入れ替えたら? 締めの12:My Heart Will Go Onはタイタニック。この曲を選んだ理由は不明なんだけど。

で、アルバムの最初。以前と被るけど、やっぱり書く(笑
01:Together We Standは02:11の長さだからinterludeに近いと思う。個人的にはSparkleのLean on Meと並べて聴きたい。ふたりが並んで立っている。たまに片方がもたれかかり(lean)、稀にお互いが寄りかかる。すると「人」という漢字になる。こういう言葉はよく結婚式でも聞く。けど、この曲が示す通り、寄りかかる前提としてのStandがあるんだと思う。だから緑です。

02:Celebrityは悪くは無いけど、他の曲の完成度から比べると赤でもないかな。03: I Belongの良さはあれだけ書いたから。あの時、この歌があったらBelongの意味に辿りつけていたのだろうか。→問いを立てた瞬間に鼻で笑うぐらいの愚問。

あれ?俺はこの作品を、とことん後悔で聴いてるのかな。せっかく後悔を抜いたR. Kellyの最深部なのに・・・と、今、初めて気づいた。
うーーん、素直に言えばYESか。けど、R. Kellyはこの聴き方を喜んでくれてると、勝手に思ってる(笑。斉藤教授にとってゲーテが親戚のおじさんなら、ボクにとってR. Kellyは親戚のお兄ちゃんだから。

そんな上で、最後に一つだけ。

Talentの本作を再発売しないのも、2作目を作らないのも、R. Kellyの意志なのかもしれない。この直感は考えるほどに、この3人構成でこの手触りの作品を作った事実から生まれる自然な結論とも思えてくる。

 
R KellyのレーベルRock Landが2000年にインディーから出した男性3人組:TALENTの"bulls eye"を聴きました。あれほどR Kellyの再・全面プロデュースを訴えてる身としてはね。TP-2の頃とは思えない作品になってます。というよりR Kellyっぽい曲が無い。かなりナイーブ系の手触り。interludeの1:Togher We Standからアルバムの性格が全開に出てる。最初にこの曲が流れてきた時に一発でかなり好きになりました。
色気も余りないし、売れそうにもないけど、声の表情とかたまらなく好き。もうCD-Babyにも置いてないけど、R Kllyの作品を全部聴きこんだ人には凄くお勧めです。湿っぽくないし、苦悩さも無いけど、淡々としたBottomな感情が流れてる。零時廻った夜中に独りで聴くにはこういう曲が一番いい。冷静に見れば発売してもチャートを駆け上がるだけの曲は無いと思う。けど、1,2,3の連チャンは最高です。その中でもやっぱり3:I Belongが一番いいと思う。

突き詰めるとLoveよりもBelongの方を選ぶのは事実。初めてこの単語を聴いた時は「部活じゃないんだから」って思ったのにね。マクナイトの3rdのI Belog to Youで真価が分かったからだし、好きと言う感情さえも剥ぎ落とすのが正しいと思っているから。体のダイエットだけじゃなく、心にもダイエットが必要だと思ってる。簡単に言うと、以前は嬉しかったことを当然と受け留めるようになって、感謝の気持ちが減るってことかな。相手への感謝だけじゃなくてもっと大きな枠組みとしての感謝。それは心の脂肪だって言い切った方がいい。一番減るのは振られる事だね。一番太るのは自分から別れ話を切り出した時かな。

ストレートさとシンプルさは違うし、シンプルさとパッションの少なさも違う。パッションの低さでTOPはマクナイトのあの曲だとずっと思ってたけど、よく よく聴くと想いの量が少ないわけじゃない事が分かる。ただあの曲は、3作目を作ったマクナイトの年齢が浮かんでくる。だからデビュー作の本曲の方が上だ な。若い時しか出せない透明感があるから。いつかBelong特集をしなくちゃね。

パッションが嫌いな訳じゃないよ。けど、恋愛にもレベルがあると思ってる。そしてLikeよりもLoveの方が高い。その上に知ってる人は知ってると思う けどAdoreがある。たまにこの単語が出てくる曲がある。けど、個人的にはAdoreよりBelongを置きたい。なんでそんな風に思っているのか自分 でもよく分らない。けど、パッションじゃ最終的に幸せは長く続かないと思ってるからか。自分にとってのパッションっていうのはフレアみたいなもので、フレアってのは本質にはならないから。
好きっていう気持ちを剥ぎ落として、その先に何も無かったらやっぱり別れればいいと思ってるんだよなぁ。そこでBelongが残っているのが最高なんだよね。ということで、このインタルードの1曲目ぐらいは置いても怒られないと思うので、こちら



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM