Big Bub - "Tug Of War"

傑作の基盤には歌手自身の恋愛スタイルが必要


ある意味、当然のことかもしれない。
「同世代派」でなく「コンセプト派」の歌手にとって、歌というものは掘り下げれば必ず何処かで歌手自身の地層にたどり着く。同世代派は掘り下げるとその時代の社会という地層にたどり着く。けど、傑作の根本には歌手自身の個性が必要。誰がカバーしても、元歌を越せない。それこそが本当の意味での傑作なんだと。

HPを作り始めた01年と比較して、一番評価が変わったのが、このBig BubのTimelessです。だからこそ以前の書いたものを丸ごと保存している。両方読んでもらえたら分かると思うけど、本質的には同じなんだよね。変わったのは、歌手自身にどれだけ親和性があるかだけ。

All Alone by the Phone
この歌詞を聞くたびに浮かぶ情景の両極としてCarl ThomasのGiving You All My LadyとBig BubのCall Meがある。僕だけでなく全ての人にとって。それだけの悲しみと○○だから。このBig Bubが表現する○○を、未だに僕は言葉に出来てない。。

歳を重ねてあれほどTimelessを気に入ったのに、ネガティブは書いてる。
こんなに良い作品なのに、昔の自分は分からなかったし、巷でもそこまで話題になってなかった気もする。その理由を再検討すると、尖がった部分が少ないからかな。恋愛面での深みが無いのも、名作の条件から外れる気もする。

尖った部分としての、恋愛面での深みに該当すのが「歌手自身の恋愛スタイル」です。だからこそ先日書いたように色々準備してMp3va.comで手に入れて、本当に良かった。2作目のNever Too Lateは三千円以上に値上がりしてたのに収録曲はイマイチだった。この黒髯危機一髪のような格好のジャケは判断に困るが、Youtubeで聴いた時から傑作だと感じた。アルバム丸ごと聴いて、この05:Can I Hold UこそがBig Bubの個人的恋愛スタイルだと思うあれだけ気に入ったTimelessだけど一曲だけ取り出して100回リピートする曲は見つからなかった。このCan I Hold Uはいける。アルバム全体として切実感が増えて、いい意味で個性が溢れている作品だけど、05:Can I Hold U?はその中でも最高。

何故なのか、まだよく分かってない
けど、男性歌手の個人的な恋愛スタイルが見える曲は、突き詰めると《泣き》が出てくる

たとえば特大ヒットしたUsherのConfessionsでもそう。あの中で一番Usherの個性が出ているのはCan U Handle IT?だと思うし、あれも泣いている。いや、泣いてないね。ごめん、「吼えてる歌」に限定させてください。吼えてる歌は突き詰めると泣き声が見える。じゃあCan U Handle ITは? あれは「つぶやいてる」から。ここら辺はもうちょと曲が増えないとわからないし、根本が叫ぶじゃなくて呟くタイプの人間の事は、俺は一生分からないかもしれないが。

このTug of Warは2枚組みの作品で、CD2も良い曲多いんだよね。二枚組みの両方ともが傑作って、R. KellyのチョコレートとHappy Peapleぐらいじゃないか。太い声の時点で、歌手としてはBig BubはR Kellyよりも色気があるしね。このCD2の07:Renew My Mindもいい。この曲は歌いっぷりがすごいから、聴けば誰でも分かると思う。曲の殆どがシャウトで組み立てられているから。

このアルバムにどれだけ入れこんでいるのかは、このためだけにVISAデビットカードを作った事実で伝わると思うけど、想像を越す出来の良さだった。好きな男性歌手はリストに溢れるぐらいにいるけど、基準は‘眈福↓Deep、B世だ
だから。ファンには悪いけど、本作を持ってBig BubはIII from the Soul - Big Jimを越した。ソロ作のCommitmentの時から感じていたけど、Time Waits For No Oneを聴いて思った。これについてはこちらで書いたので。

----
[04/06]
気に入った曲をメモっておきます。
01:It is What It isは作りが普通だからTimelessに近いね。02:This Thingからレベルが上がる。
03:Have U Seen Herから押しが強くなる。04:Downsizeは結構メロウ。05:Can I Hold Uはやっぱり緑。先日は「泣き」と書いたけど、懇願の方が近いかもね06:Take It Offもいい。08:U And Iもオススメ。09:Let U Goも好き。赤以上、緑未満。うーん、今後オレンジで(笑 13:Sailingはオススメ。

Disk2では02:Father Houseはちょと意外。女声がいい味出してます。04:Stonesは面白いタイプの曲。はっきり言ってTimelessは曲の幅としては狭かった。なんでこの3作目ではこれだけ広くなったのだろう。05:Soulはかなりいい。07:Renew My Mindはサビでトコトン吼えている切実感が好きで。「やるせなさ」が出てる。

結構、Youtubeで聴けるので、それで判断していただければいいと思います。そういえば、Mp3va.comは今の標準と比べてちょっと音圧が弱いような。。他と揃えようか迷ってます。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM