デジタルアンプ・キット

 以前に書いた投稿の通り、デジタルアンプが完成したので、ご紹介します。

若松通商のTA2020-020/KITです。アルミケースと電源アダプタもついた完全キットを買いました。やっぱりアンプぐらいはアルミケースに入れたかったので(笑

もともとは真空管アンプを買おうと思ってました。やっぱりあの暖かみのある光には癒されると思ってたので。大人の科学シリーズなど、それなりにキットもあったしね。

けど、「オーディオの事実」を見てデジタルアンプの実力を知った。アンプやスピーカが音に味付けをする事自体が個人的に合わないのも大きい。BOSEのスピーカと合わないのも、その独特の味付けだから。喩えれば「ウエイターが運んでくる間に勝手に味付するレストラン」みたいなもので、音源からスピーカーまでの間で皆が好き勝手に味付けをすると、結局滅茶苦茶な音になると思うんだよね。だから味付けをしていいのは、一人だけ。あとは忠実再生を心がけて欲しいと思う。そしたら、パソコン上のイコライザーのみが味付けをして、残りのアンプもスピーカーも周波数フラットが良いと思うワケです。

ここら辺は色々な考え方があると思いますので議論しても不毛な気もしますが。ただ、この考え方に立脚すると、真空管のカマボコ型の周波数特性は、ちょっと合わないなぁ・・・と。それより、冷たいとも揶揄されるデジタルアンプの正確さの方に惹かれました。もともとアンプの予算は2万ぐらいを考えていたので、この1万円ちょいのキットを作る事にしました。

ちなみにあちらのリンクにある「オーディオの科学」も面白いです。下手にケーブルを拘るより、部屋の温度を下げた方がよっぽど雑音が減るなど興味深かったです。やっぱりブラインドテスト以外は信じちゃだめだね。有名オーディオ批評家のしがらみの入った?評価より、一般人のブラインドテスト結果を私は信じます。そもそも自分自身がそんなに耳がいいと思ってないし(笑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ここからは、純粋のこのキットでの作成上のメモだと思ってください。
とりあえず中身の写真を置いておきます。最初に外観から配置を考えたので、基盤が斜めになってしまいました。基盤と出力プラグの近さは考慮したけど、電源ケーブルの取り回しの方がノイズの影響度が大きかったかも・・・中の配置はイマイチです。

とりあえずはんだ付けは説明書通りに完成。アルミの加工はリーマー買いました。1000円程度だったので、まあ工具投資も良しとしよう。

一番困ったのは、完全キットを買ったのにボリュームのつける場所が説明書に載ってない事。たまたま東京出張だったのでついでに秋葉原の店まで行って聞きました。
ところが、言われた所(電源とVCCの間)につけると殆どボリュームとして機能しない。ずっと無音で完全に回しきる直前にいきなり大音量が鳴るから。そもそもの作成が失敗したのかと思って落ち込んでました(笑

その後、ネットで色々と調べると「負帰還の場所に抵抗を外してつけると良い」と書いてあったので、そのように配線を直しました。そしたら見事にちゃんと動くじゃないですか! 大学で電子情報系だったくせに電子回路に関するスキルが低すぎる私も問題ですが、なんかなぁ。

「アンプ作成による電子回路実習」や「スピーカ作成による音波の授業」があったらもっと楽しいのにね。大学の電子回路の授業なんて、ワケ分からん複素数を使った計算ばっかりやらされて、頭が痛かった記憶しかない。まあ、今から思うと時間成分を一気に計算するために複素数を使う趣旨も分からない事も無いけど、あの頃は数字の羅列に嫌気がした(笑

で、ボリューム入れる場所ですが、説明書の20KのR2,R3を外した場所です。確かにボリュームの感応性は抜群に良くなるけど、このボリュームの精度がかなり音に影響してる。機会があれば、もうちょっといい部品に交換しようかなぁと思ってます。このキットで話題になる電源投入時のポップノイズですが、電源ON/OFF時はボリュームを最小にすることで、実用上問題ないと判断しました。ディレイ回路を組み込むのは、スペース的に断念。

肝心の音ですが、、、アンプの違いは分かりませんでした(笑 
結局、それがオチなんですが、自分が違いが分からないものにお金は沢山出せません。個人的には電子回路の基礎も学べて、最後はちゃんと動いて、満足な3連休でした。ボリュームの付け替えで丸1日ぐらい潰れたのが・・・まあしょうがないね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM