Avant - "Avant"

「君はなんてセクシーなんだ」とナイーブに叫んでみる (≧д≦#) 


一言コメントに顔文字までつけるのは初ですが、こうとしか表現できない歌世界にかなり惹かれてしまってます(汗

HP時代から読んでくれている方はご存知のように私自身はAvantのガチファンとは言えないです。R. Kellyのフォロワーとしてデビューした時点で、R.を聴き込んだ身には微妙な違和感があって。基本ナイーブなのにエロジャケの作品を発表したりする。そのくせエロ自体にR. Kellyのような奥底の痛みが無い。ナイーブ系が好きでDeepが苦手な人から絶大な評価を受けているのは分かるのだけど。

アルバムコーナーでは1,2作目しか取り上げてないし、3作目以降はレンタル/中古待ちぐらいの位置づけでしたが、見つけたらやっぱり集めてました。とはいっても「一作毎に楽しみにしてる」という程でもなくて、この半年ぐらいにまとめて聴いていたのだけど。

なのに本作の2:Perfect Gentleman3:Involve Yourselfは本気でやれた。この2曲の延べ回数は100なんてもんじゃない。300は軽く越してます。そういう意味では1,2作目にもそれぞれ好きな曲はあったけど、この2曲こそが本サイトがイチオシするAvant。Amazonで誰も書き込んで無い時点で一般的な評価が想像できますが、個人的には「ずっとこの手触りの曲を探してた」から。

サイドチェンジにおけるミッシング・リング

本サイトがR&Bの主流とずれる理由の一つが「サイドチェンジに拘っている」こと。もちろん逆サイド→正サイドのサイドチェンジ。以前にこちらで書いたが、あの当時は本作を知らなかった。NextのButta Loveと4.OのCan I Spend the Nightの間にはリングが足らない。そりゃそうでしょう。「ほのかな恋心が階段を上がっていく事」と「最初の晩を二人で過ごす事」は直接繋がらないよ。やっぱりその間には「《からだ》として君が欲しい」が必要。けど、これをナイーブをKeepしてエロさを抜いて表現するのは奇跡以上に難しい。Sexyって単語が連呼される曲なんて持ちアルバムからマジメに調べるのがアホらしい位に多い。けど、この絶妙感を表現できたのは本作だけだと思う。「君の体が欲しい」じゃないんだよね。「からだとして君が欲しい」なんだよね。この差が分かればサイドチェンジの核心が分かるんじゃないかな。

きっと、このPerfect Gentlemanというタイトルで決まってたんだと思う。Sexyとサビで連呼するのに全く似合わないタイトルこそが、サイドチェンジ道半ばの両義性を伝えてる。逆サイドが「僕」という言葉を使い、正サイドが「俺」という言葉を使うとしたら、その両者のど真ん中だから。3:Involve YourselfでのAvantの吼えっぷりも最高。誰ひとりAvantをシャウターに分類しないが、この曲を歌う彼に限定すれば分類していいと思う。このワンサイドで分類できない吼えっぷりは個人的に一番好きなタシャウンに近いな。

他の曲も全体的にレベルが高い。1:Sensualityもそこそこ。4:When It Hurtsは個人的には普通かな。5:Out Of Characterは好きです。Slowの曲なのに吼えてる感覚が03に近くてナイス。6:Material Thingsも好き。7:French Predicureは個人的にはパス。次のDoggyを呼んできた曲もパスかな。10:Y.O.Uはかなり好きです。何の変哲もない曲だけど、Youというタイトルの曲の歌詞にselfishという視線は欲しい。「君と向き合う前に自分のselfishと向き合う必要がある」を理解するのがコアだから。11:Sailingはちょっと大げさな手触りだが悪くは無い。

2,3曲目を気に入った分、他の曲の評価も吊られて上がっているのは分かってる。Avantのファンを自認する人は他の作品をベストとするのも納得はできる。けど、やっぱり僕は本作です。Involve Yourselfの吼えっぷりはvolがもつ渦巻きのような捻りこみの感覚があって、エロさゼロの勢いこそが正サイドへの切符だと思うから。DJ,Dont Stop the Musicという部分の詩もいい。やっぱりDJが味方についてくれるのが正サイドで、R. Kellyのデビュー作もそうだったじゃん(笑 無理やりエロなマスカレイドをしてたR. Kellyはこの絶妙さを表現したことは無い。だからこそ、この部分はAvantの独壇場なんだと、そう思う。

----
投稿が遅れてる他の作品もここでメモしておきます

2003年発売のPrivate Roomは03:Read Your Mind、05:Don't Take Your Love Away、12:Wamma Be Close、13:Everything About Youかな。12,13はちょっと甘すぎる感もあるかも。5は緑です。それがうちの基準。15:Read Your Mind(Remix)は面白いひねりで結構好き。


2006年発売のDirectorは01:So Many Waysと02:This Is Your Nightは手堅い作り。個人的にはちょっとヒネって欲しいから赤色までは行かないけど良曲とは思う。04:MinutesはAvantに珍しく早口で歌っているけど、イマイチ。05、06は全体的に冒険が足らない。07:Exxlusiveは面白い試みだけど、成功はしてないような・・・一番期待するのは08:Right Place,Wrong Timeかな。このタイトルはかなりグッとくる。けど、曲は普通過ぎるような・・・ アルバムタイトルの10:Directorもなぁ。11:Lie About Youが本作の中では一番じゃないかな。デュエットの女声がいい。12:Imaginationも好きな人は好きなんだと思う。アルバム全体として気に入ったらここら辺の曲の評価も上がるとは思う。13:Mr. Dreamも面白い試みだが成功しているとは言いがたい。16:Makerも12と同じで熱く歌っているのがいい。全体としてはそこそこいい曲はあるけど、Avantならもう一歩いけると思う。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM