2012→1992

最近ぐっと気温が下がって秋らしくなってきましたね。
初夏にCalvin Richardsonを聴くように、秋になったらBoomerangは必須。

Boomerangが発売された92年はマクナイト、R. Kelly、MaryJ.、トニブラといったキラ星たる歌手のデビュー作発売の年であり、BoyzIIMenのEnd Of The Roadと年をまたいでホイットニーのI Will Always Love Youが大ヒットした。だから90年代のR&Bの中で最重要の年が92年だと思ってる。夏の終わりと共に部活から引退した「15の秋の過ごし方」が92年だったことは凄く感謝してる。今年は記念すべき20年目。だからついつい書いてしまってる。

改めてBoomerangを聴くと12:Hot Sexの前に11:Feel Like Heavenがある。これって逆さに聴いても11曲目の方が上じゃない? あの頃から疑問の余地無かったし、だからこそHip-Hopは合わないと思ったのに、結果は皆様のご存知の通り。Hot SexはMaryJ.がサンプリングしたけど、このFeel Like Heavenは歴史に埋もれたまま。。まあ、こればっかりはしょうがないか。

いつもブーメランを聴くと、必ず次にトニブラのデビュー作を聴く。
この頃のトニブラはSony Music TVですり切れるぐらいにみた。Seven Whole DaysとかVCもいいんだよねぇ。アルバムコーナーでは緑曲が1つだけだが、今の甘くなった?採点基準なら3つぐらいいけるね。

今回は同じく92年発売のサントラ、Mo'Moneyも聴いてます。ブーメランがLaFace監修で、こちらはJam&Lewis。両者に収録されているのはJohnny Gillだけ。これが僕が思う黄金期のJohnny Gill。個人的にはブーメランのThere You Goの方が好きだがLet's Just Run Awayも傑作です。Mo'Moneyはアルバム全体で見ると傑作曲が少ないと思うからHP時代も取り上げてなかったけど、確か記憶ではColor Me BaddのForever LoveはそれなりにHITしたハズ。個人的に結構好きです。よくよくみるとRalph Tresvantも歌ってる。サントラ全体的にミドルテンポの曲が多く、あの頃のJam&Lewsが好きな人にはオススメなサントラかも。(あの頃はColor Me BaddやAll-4-Oneみたいに白人&黒人のコンビが流行ってたんだけどね。Color Me Baddを知ってたらかなりのR&Bファン)

当時、R. Kellyのデビュー作は全く知りませんでした。。Sony MTVもFMラジオの全米TOP40でも流れなかった記憶があるのですが・・・ マクナイトのデビュー作は何度も書いたとおりOne Last CryのVCだけだが、ヒット性が少ない作品だからしょうがない。たとえこの一曲だけであっても発売当時に聴き込めたのは幸せだった。

Silkも92年です。この作品は発売当時に買いました。あの頃からLose Controlだったんだよね。で、やっぱりSHAIですよ。けど、このデビュー作は秋というより冬に似合う手触り。Together Foreverが好きで好きでたまらなく。Lose Controlも隠れ名曲だけど、こちらの曲はあそこからHを抜いた地点がいい。Bobby BrownのBobbyも92年作だが、個人的には93年に聴き込んだ記憶が強いかも。

ということで、個人的には90年代は92年が代表だと思ってるけど、もし「いや、○○の点で9X年の方がナイスだ」という意見があればぜひ待ってます♪





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM