Eddie Horan - "Love The Way You Love Me"

メロウと思いきや想像以上の全方向作品


Blue Magic
を買って以来、どんどんメロウの世界にはまっている。たまたまDiskUnionでEddie Horanを見つけた時は帯が極上メロウ・ソウルでジャケがコレでついつい買ってしまった(笑

01:Love The Way You Love Me
は確かにメロウ全開。一曲目がこのレベルだとアルバム全体期待してしまう。02:When I Fly With Youはミドルテンポで結構ナイス。Slow以外も聞かせる。びっくりしたのは03:Concert By The Seaです。

なんなんだ、この寛ぎ感は。
メロウと言われたら確かにメロウだけど、それよりも寛ぎ感の方が強い。逆さに聴いても夜より休日の午後に映える。アルバムの帯に70年代ソウルの隠れた名作とあるのはダテじゃない。04:Man Without His Womanとか聴けば伝わるかな。

いい意味で「黒くない」から誰でもすんなり聴けるぐらいに窓口が広い。不思議と曲に古さを感じなくて、そこら辺もオススメな理由。05:Love So Easyはベタで分かりやすい曲。けどレベルは落ちてない。やっぱりソングライター・プロデューサで他人に曲を提供する人の作品は完成度が違うね。

06:Turn My World Back AroundからUPテンポの曲になる。個人的には今までSlowメインで買った作品のUPは合わない事が多かった。ところが07:Cant Do Without Youがいいんですよ。マイケルのOff The Wallに近いんだよね。79年発売だからかな。08:The Dancerもそのまんまのタイトル。これはUPの曲ながら緑つけちゃいます。いや〜まさかこのタイトルのUPの曲にハマルとはね。自分自身でも驚愕。けど、カッコいいんですよぉ。この2曲のUPはメロウ・ソウルという枠組みから大きく外れているぐらいに強力曲。ほんとR&Bの入口に登録できるほどに全方向作品。全部で8曲だけどお腹一杯になること間違いなし。

一般的な全方向作品ってSlowからUPまでだけど、MellowからUPまでってこの作品ぐらいじゃないかな。ななのにあまり有名じゃないんだよね。それもびっくりです。こういう作品に出会うから、ついついマイナーな作品も買ってしまうんだよね。勝率は2割ぐらいの気もするけど、当たるときにはここまで傑作を見つけれるなら、やっぱり一生続けてしまう。この作品ならば10代でも聴ける。もちろん20代でも聴ける。そして今の30代でも聴ける。そこがまたいい。素直にそう思う。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM