日本のHip-Hopシーン

コメント欄はGoogleの検索はおろかブログ内の検索でも対象にならない。だからこちらに貼り付けておきます。

----
若井さんもヒップホップに興味がでるとは…!

日本のはほぼききませんが早速punpeeちらっと動画で拝見しました

トラックはいい線いってると思います 飽きさせないflow(歌い方)も技巧派です 特に'お嫁においで'の加山雄三コラボはいいです 本場のトラックメーカーが70's soulをサンプリングしてhiphop classicを創ってきたのと同じ扱い方です(加山雄三の良いところをさらに引き立ててる感じ)

ただヒップホップかっていわれると向こうのアンチギャングスタのヒップホップと比べても軽い感じでよりポップに近いです なんていうか一つ一つlylic,flowのリアリティ&迫力がまだまだ追いついてないと感じます

お嫁においで 2015 - 加山雄三 feat.punpee

https://youtu.be/gLS_4iPoZ40

おまけでアンチギャングスタなヒップホップです

black eyed peas - like that

https://youtu.be/Wmxxg45gglc
  • yuya
  • 2018/07/31 9:31 PM

若井様

14年前くらい、私が中学一年の頃から拝見しております。以前HPの名前はp2s2h2だったと記憶していますが、若井様のR&Bレビューを皮切りに他ジャンルにも手を伸ばし音楽リスナーライフを邁進しております。

さてこの度久々にblogを拝見していた所、punpee の名前が目に入り、驚きと嬉しさでコメントいたしました。
ザックリ言いますと彼はここ10年弱日本語ラップのホープであり続け、ソロ活動よりプロデュースワークの方が多い、和製ファレルと言っていい存在かと思います。
フロントマンとしての作品は2009年のPSGというグループで出したdavid,また昨年リリースのmodern timesのみですが、メロディセンスの素晴らしさと、ポップながらヒップホップの「太く、ザラついた」音感覚にこだわったサウンドはライトリスナーからミュージシャンにまで相当な支持を受けています。
そんな彼の傑作としてオススメしたいのはPSGというグループでリリースした「愛してます」でしょうか。
https://youtu.be/iZFocDZMbh0
また彼の弟の5lackというラッパーが素晴らしく、よりパーソナルな感情を洒脱に曲にしている印象があります。https://youtu.be/pRk9K1eB-JQ

どちらも日本のポップミュージックに於いて他の追随を許さぬ存在かと思いますし、現在のUSヒップホップと比べて劣っているという印象はないばかりか、USの後追いとはレベルが全く違うと思っています。

いきなりの長文で失礼しましたが、こういう奴もblog見てるんだなと言った感じで、とりあえずYouTubeを見て頂ければ幸いです。
  • organ
  • 2018/08/29 11:23 PM
----
日本のヒップホップも歴史が長くなり、ドメスティックな性質が強くなってきているため、USのものと単純に比較するのは難しいかもしれません。現在ではUSのヒップホップも単純にブラックミュージックとして定義するのも困難になってきている印象すらあります。

さて、若井さんの言われるようにヒップホップは演者の思想が分かりやすく、その分内向的な作品が多いジャンルなのではと私は思っています。最近は特にその傾向が強くなってきている印象ですね。ただR&Bの内向性との違いは、「病的」なものも少なくないという所でしょうか。

以下、僭越ながら一応「内向的な」という括りでお勧めしたい曲を貼っていきます。私はそこまで英語に精通していないのでリリックがよく分かる日本のものが多めですが、USのものもサウンドとフローだけで音楽としてとても魅力的に聴けます。

KOHH - 貧乏なんて気にしない

https://youtu.be/1Iw_m-CXywo
ここ数年punpee とは少し違う畑で日本のヒップホップの台風の目となってきたのは間違いなくこの人です。2年前、宇多田ヒカルのアルバムにフィーチャーされた事でも話題になりました。また、frank oceanの楽曲にもフィーチャーされ、韓国のラッパーたちとリリースした曲がUSでも支持を受けたりと、日本のラッパーの枠を拡張する存在になっています。特徴としては平易な言い回し、憂いを帯びた語り口、ハイファッションとDQN的なスタイルが同居したような佇まい。足立区の団地出身でハードな生い立ちだったらしく、それはこの曲に顕著に現れています。
サウンドは現行のUSヒップホップと同時進行のもので、そこは好き嫌い分かれるかもしれません。

EVIS BEATS feat. 田我流 - ゆれる

https://youtu.be/nE1nzTE5ESA
EVIS BEATSというプロデューサーの曲で、ラップしているのは田我流という山梨出身のラッパーです。KOHHと比べると尖ったカリスマ性は希薄で、市井の人という感じが強いというか、そこから醸されるブルース感覚が魅力かと。この曲は90'sヒップホップスタイルのリラックスしたサウンドが心地良く、じわりとエモーショナルなリリックが胸にくる名曲です。

SEEDA - Daydreaming

https://youtu.be/dmbcnX8hs8E
上の2人より世代は少し上になります。2000年代後半のジャパニーズヒップホップを代表するSEEDAというラッパーです。プロデュースはBACH LOGICという、非常にクオリティの高い楽曲を作る方で、SEEDAはロンドンからの帰国子女、しかし日本でドラッグの売人をしていた経験があります。卓越したグルーヴ感とよく通るザラついた声を持った、とにかくラップが上手い人ですが、センチメンタルな詩情があり、この曲も少し俯瞰した感じの哀愁がいいなと思います。この曲が収録された「花と雨」というアルバムはジャパニーズヒップホップ史上屈指の名作です。

JJJ - BABE feat 鋼田テフロン

https://youtu.be/Kp7sZi7KeeY
JJJはラッパー兼トラックメイカーで、少しPUNPEEに近い存在と言えます。作風はアーバンな雰囲気たっぷりで少し切なさを感じさせ、音楽的にはR&Bフレンドリーと言えるかもしれません。近年の作品では泣きの情感を感じさせるものも多く、YouTubeにはなかったのでリンクが貼れませんが「midnight blu」と言う楽曲が個人的には絶品で愛聴しています。

nomame - don't forget about me

https://youtu.be/zzSxG5rjRcA
シカゴ出身の女性ラッパーです。ポエトリーリーディングに近いラップスタイルと、ネオソウルの影響下にある柔らかで彩り豊かなトラックがとても心地良い新進気鋭のアーティストです。R&Bでいうとfloetryを思わせる感じもあります。音の柔らかな印象の反面、リリックの内容はシカゴの疲弊した生活を切り取ったものです。陰惨と言っても良いです。書きながらの思いつきですが、同郷のCurtis Mayfieldの遺伝子を受け継いでると言える気がします。

Kendrick Lamar - LOVE feat. ZACARI

https://youtu.be/ox7RsX1Ee34
彼のことはご存知かと思いますが、現在ヒップホップの枠を超えて世界で最も影響力のあるアーティストの一人です。
彼の作品は自己の内面を省みたものが多く、共通して物憂げな雰囲気が漂います。特に
  • organ
  • 2018/10/07 9:39 PM

 



あの街へのRegret ⇒「玉置浩二 メロディー」

金曜日の夜にカラオケ行ってきた。宿泊研修の懇親会の二次会。せっかく施設内に二次会会場を用意しているのに、わざわざ別行動で最寄り駅まで繰り出してカラオケに行く。前日の自己紹介で「お店で歌うぐらいに得意」と自己紹介した人がいて、他の得意な人達も「じゃあ行ってみるか」と思ったみたい。普段なら参加しないのに、今回は後輩から誘われたのと、、、最近の練習の成果を見せたくて?!

 酔ってるとあそこまで音程補正回路が動かないのね。。普段のカラオケ練習の時はアルコール入れないから、そのギャップを初めて痛感した。9人で3時間半。その中で一番下手でした。。けど、やっぱり上手い人達と行くと純粋に聴くだけでも価値がある。今回はそれくらいのレベルだった。もうひとつの良い点として邦楽の名曲を知る機会があること。


前置きはこれぐらいにして、ずっと探していた曲に一番近いものを見つけた。それがこの玉置浩二のメロディーです。

めちゃくちゃ声が良い人がいた。ちょっと声にかすれが入っている点で玉置本人よりも声がよかった。改めてYoutubeで聴きながら書いてます。以前に書いたように僕にとってのR&BはRgret&Babyの略だし、

久しぶりに訪れた時、街全体からRegretを感じるような、そんな人生は間違っている。
というメッセージの曲を探していたけど、この曲はほんとドンピシャに近い。
ただ唯一、歌詞のサビの一部が。

あのころは何もなくて
それだって楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
 ぼくたちは しあわせを みつめていたよ


サビの最後の歌詞はどんどん変わる。AメロBメロでちょっとぐらいコミットできない歌詞があってもいい。けど、サビの絶対変わらない歌詞に違和感あるとダメだね。。英語の歌詞だったら頭の中の翻訳回路を遮断すればいいけど、日本語だったら出来ない。。とくに太字以外の下線部分は完全コミットできるからこそ落差が激しい。。歌詞に気づかせてもらうというか、もっと深い受けとめ方があったことを教えてもらえるのが良い出会いなんだけど、あまり邦楽には感じたことがない。。前提となるヘビーさが弱くて、入口の時点で合わない事が多い。

こういうときは替え歌しなかん。元歌を最大限尊重しても。
あのころは何もなくて に続く部分は「いろんなことを断ち切って」「部屋でずっと音楽聴いた」「暗闇の奥を見つめた」「だから君に出会った」「お互いの気持ちに甘えてた」 の5個ぐらいかな、変更案は。このどれかであればフルコミットできる。

 

-----

この曲を歌った人は他にもいろいろと歌っていたけど、オリジナルラブの接吻もびっくり。93年なんだね。R&Bチックなメロディーもいい。上記の歌とは真逆だけどかなりツボにはまった。92年が90'Sの黄金時代で僕がBlack Musicだけを聴き続けると決めた年だけど、その次の年に邦楽でもこれだけの名曲があったとは。この曲を当時知ってれば、それから3年は邦楽も聴いてたと思う。それぐらいのレベル。

 

そんな意味では、宿にもどったら深夜2時だったけど、いろんな意味で楽しめました。去年はこの宿泊研修でHideさんと知り合ったし、なんか縁が重なりやすいイベントなのかも(笑

 




| 1/1PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM