Johnny Gill - "Chemistry"

「若さ」と「エレガントさ」の狭間で


歌手名を知らずに聴くと誰だか分からない。歌手として上手いのは分かるけど、上手すぎで逆に個性が見えない。MyMyMyが収録された90年のセルフタイトル(3作目)は「エレガントさ」が個性になっているけど、さすがにソロ2作目の本作を発表した85年は19歳だからエレガントさはない。83年のデビュー作は本人の年齢と歌詞世界がミスマッチだった。今回はそういうミスマッチも無いから、余計に誰だか分からないのかも。この歌い方はPeabo Brysonの最良部分のようにも聴こえるから。

Johnny Gillは歌の上手さだけでなく、声に乗せる感情の深さが魅力。特に96年のLet' Get,,,で掘り下げた部分。2000年以降のカムバック作はその深さに裏打ちされた明るさがある。本作は良曲が揃ってる。Johnny Gillじゃなかったら「すげーー」というレベルなのに、Johnny Gillとして聴くと物足りなさを感じてしまう。けど、そういう前提知識を横におけば、かなりの良い作品。

01:Half Crazyの良さ。普通ならこの曲がある時点で傑作になる。こういうタイプの曲は歌手の上手さがダイレクトに出るね。さすがJohnny Gill。特に1:50ぐらいの喉の使い方。こういう声を出せるのはR&B男性歌手の2割ぐらいじゃないかな。個人的には3作目の他の曲と比べても、MyMyMyと並べて聴くと相乗効果が一番出ると思う。それぐらい名曲です。結婚式のバックで流せるレベルだね。

02:Can't Wait Til Tomorrowの良さ。バックの音の使い方では、そのまんま80年代の攻め方をしているMiddle-Upの曲だけどレベルが高い。A、Bメロに抑制が効いているからかな。UPになればなるほど時代性が出てくるけど、この曲は古さを感じさせない。バックコーラスの入れ方も80年代なんだけど、やっぱり時代を超越している。このテンポの曲で緑をつけることは滅多に無いけど、かぎりなく緑に近い赤だと思ってください。03:Don't Take Away My PrideはMiddle-Slowのわりには時代を感じる。懐かしさを感じる部分はJohnny Gillの声の良さかな。

 

続きを読む >>



| 1/1PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM