今年もよろしくお願いします

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

勝手に恒例気分の新年の富士山の写真ですが、12/30に足柄山の金時山に登ってきたのでその写真。Angieのところで書いた日本1位2位の写真は天気が悪くて仙丈ケ岳まで行けなかったので。。その代わり、今までで一番綺麗な夕日が撮れたので置いておきます。

 

 

昨年は新作で取り上げたのはJavierとSlimとR. Kellyのクリスマスアルバムのみ。JaheimとSilkとマクナイトは簡単なコメントだけか。全部で25投稿なので、今年も同じぐらいのペースで出来ればと思っています。今年発売の作品で他にもご意見あれば、こちらのコメント欄におねがいします。

 

昨年は色々と大きな決断をした一年だったから、今年はその影響が出てくると思う。今までもここにHHAIを書いていたけど、R.が発売された98年のときは両極端だと思っていたけど、思った以上に両者が近づいてきた。幾ら此処がBlack Musicのレビューサイトで、もっと大きな視点でいっても芸術分野に関する個人コメントであっても、Blog2にも書いたけど芸術を客観的に定義する方法がまだあるのかもしれないと、思い始めてる。

 

以前に感動を若干クリアにしたけど、このレベルならばまだ芸術分野であってコンピューター分野には来ない。階段はアナロジーであって、建物についている階段じゃない。ストレートに書けば「Soulの階段」だけど、登る行為、下がる行為、それらによって発生する事まで考えると途端にドツボ。ここら辺をクリアにしていけば、こっちの世界に持ってこれるけど、どうせ美まで射程に入れるならば、聖と性も入れるべきだと思っている。それがMarvin Gayeが代表するBlack Musicの世界。男で性から聖にいけるのはLose Controlだけだと思っていて、あの手触りの曲がもっと増えて欲しいと思っているのは事実。そりゃ中坊のころからShaiのTogether Foreverも好きだけど、あれは最初から性要素(SEX感)が無くて、聖(清き正しい相手への思い)だけだったから。

 

 

今、94年のEx-Girlfriendというグループの作品を聴いてます。全く知らないしEn-Wikiみてやっとフル・フォースが作った妹分グループだと分かった。そもそもフル・フォース自体が00'S以降の人は知らないだろうに。グループ名自体が「元カノ」だから、「こんなグループ名つけんなよ」ぐらいの気分だし、アルバムの最終曲も13:X In Your Sexとか狙いすぎ。ただ、こういうアホな名前をつけるグループの方が、傑作の時は傑作なんだよね。03:Your For Meは緑にしたい。05:I Want Youも良い。なんていうかな、ケバすぎる女性がふっと見せる素の表情のような魅力はある。昔は、こういう良い意味でアホなグループが多かったのになぁ、と懐かしくなる部分もある。

 

昨年末はゴスペルと神概念について少し考察したけど、今年はもっとガツンと行きます。

その分だけ、ここに全く書かなくなるのか、ガンガン書くのか、今はさっぱり分からない。

ただ、今までは半分ずつの労力で両者をこなしていたけど、今年は重ねる。というか重なった。というかこれ以上、別にしておけない。

そんな感じです。




Charlie Wilson - "In It To Win It"

大御所、最後の恋愛歌!?



毎年のようにアルバムリリースできるのは本当に凄い。1953年生まれだから、今年で64歳。キャリア後半でここまで活躍しているのはロン以外にチャーリーだけでは? あまりに作品のラッシュが続いて全部を揃えてないのだけど、本作は気になった。ジャケは東南アジアの大統領の正装みたいだが、顔は真面目だし、アルバムタイトルが今までになく深いと感じたから。

「そろそろCharlie Wilsonも大御所最後の恋愛歌を歌ってくれるかも」と期待してレビューが出る前に購入。今までこの基準に該当するのは2歌手のみ。Curtis Mayfieldは54歳の時、ロンは63歳の時。個人的には60歳を越して初めて歌えるフェーズの曲だと思っています。(Curtis Mayfieldはあの作品が遺作になってしまったから例外扱い) それだけでなく曲名自体が「最後の恋愛歌」に相応しい名前になっているか。そして、最後は声の表情。積み重なった痛みがある種の弱さに昇華して欲しい。

これら3つの基準を全部満たすことなんてありえないと思ったけど、唯一近い曲があった。ただ、チャーリーだからね、声の弱さは有りえないか(笑 けど、あまりに基準を厳しくてもしょうがない。なんといってもうちと真逆の志向性を持つ。2005年の傑作が2000年当時に発表されていたら、僕はR&Bのサイトなんて絶対に作らなかったと思う。それだけの影響力を持つ人だから。

個人的には一番痛みが見えたThru It Allを越す表情を期待していたけど、それはなかった。あのShavaShavaは本当に価値がある。それを越す声ではないから、現在は暫定かな。取り急ぎ最近の作品と90年代のソロデビュー作をMp3vaで集めたところ。全部聴いてからじゃないと正式認定できないね。

ちなみに、いつもながらにチャーリーばりの良曲が多いので、その点でもオススメします。追記するのは聴き込んだ後で。




| 1/1PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM