The Isley Brothers - "Harvest For The World"

理解を望む男の終着点


The Isley Brothersの初期の傑作が"3+3 (1973)"であることはBlackミュージックの共通理解だと思う。その次が"Heat Is On (1975)"になるのかな。個人的には未だにグループサウンド時代のThe Isley Brothersは聴き込めてない。90年代からBack Musicにハマった立場としてIsleyといえばR KellyのVideo Clipであり、2000年のEternalだから。

RonとR Kellyの親子以上の信頼関係には惹かれるけど、その核にあるのが本作に納められている"At Your Best"だと思う。R KellyがこれだけRonに憧れている一番の理由がこの"At Your Best"なのは間違いない。傑作が多いIsleyの初期の作品だけど、本作は05:At Your Best、06:Let Me Downのためだけでも聴く価値がある。

AaliyahのAt Your Bestを100回以上聴き込んだ人にはお勧めのアルバム
AaliyahのAt Your Bestを彼女に聴かせたことがある人には聴くべきアルバム
それ加えて「お前は何も分かっていない」と言ったことがある人は本作に嗚咽するだろう

数字が上がるにつれてアホ度が急上昇する。私が上記3つのどれに該当するかなんて皆様には当然すぎる話でしょう(汗 最初に本曲を聴きながら書いてた文章は生過ぎたので、仕切り直してこの文章を書いてます。R Kellyとは愚かさを含めて底から共有していると思っているけど、このIsleyの元歌を聴くまで完全に勘違いしてた。

At Your BestはR Kellyがあの当時のAaliyahに歌わせた

Aaliyahの歌いっぷりが素晴らしく、Isley自体も知らないガキの頃に聴いたから、18年間ずっと女性が歌う曲だと思ってた。だから余計に△酷くなってた。けど、この曲は男性が歌う曲なのだ。

R Kellyは自分自身でこの曲を歌いたかったのだ。
だけれども、あの当時のR Kellyはこの曲を歌えるほどのSoulは持っていなかった。
だからこそ、何度もこの曲を部屋で流していたのだ。
それを聴いてたAaliyahが歌い始めて、R Kellyは衝撃を受けた。

「本曲の価値」「R Kellyがロンの何処に惹かれたのか?」「R KellyとAaliyahの間の関係」 これら全てを解くのは、この情景しかないと、そう思う。

なぜあの歳でAaliyahはこれだけパーフェクトにカバーできたのだろうね。14か15歳の時じゃん。その歳で26歳のR Kellyの事がどれだけ分かったのだろう。個人的には「単にR Kellyがロリコンだった」とは思いたくない。あの当時のAaliyahがここまでAt Your Bestを歌えたからだと思う。単に高音が綺麗とかそんなレベルじゃない。あの当時のAaliyahは何かを掴んでる。もしAaliyahが本曲をカバーしなかったら、いつかR Kellyは自分自身で歌っただろう。そしてAaliyahが若くして死んでしまったからこそ、R Kellyはこの曲を絶対に歌わないだろう。だけれども、若い頃からR Kellyはこの曲をロンと同じレベルで歌いたがっていて、この曲こそが相手に理解を望む男の終着点だと分かっていたと思う。


離婚の理由の上位に、必ずといっていいほど「性格の不一致」というのがあげられる。そういうアンケートや統計の結果を見るとき、私はとても不思議な気持ちになる。逆に、人間が二人いて、性格が一致するということがあるんだろうか。一致しないからおもしろいし、一致しないところに惹かれたり、そこを認めあったり、あるいは補いあったりするのが恋愛だろう。「性格の不一致」とはたぶん、「性格の不一致を愛することができなくなった」ということで、ならば「愛情的な問題を、何か客観的な事実におきかえようとしているようで、潔くないなあと思う。(俵万智:「あなたと読む恋の歌 百首」から抜粋)
相変わらず俵さんは鋭いことを言うね。この意見は全面的に同意する。けど、「性格の不一致を愛することが出来なくなった」理由はもう少し突き詰めてもいいと思ってる。というよりも逆照射して、「性格の不一致を愛する事」の中身だよね。それが一番大事じゃないかな。

「相手に理解を求める男は器が小さい」というのはシンプルな事実。
 「説明するのがメンドクサイ」のは根本的に気持ちが足らないから
 「うまく説明できない」のは言葉を覚える前の体験だから
 「端折って説明する」のは本人も思い出したくない部分が存在するから
 「本人も良く分かってない」のならスタートラインにさえ立ててない

ここまでが基本的な事実だとして、それでも「相手に理解されること」を求めるのならば、唯一の許されている形がある。それこそが、このAt Your Bestなのだ。本曲で表現されているSoulだけが答えであり理想であり終着点。これ以外の答えは無い。だからこそSoul Music。

そして、このAt Your Bestは続く06:Let Me Downと連続で聴くべきなのだ。
このLet Me Downにヒントがある。というよりも終着点に行くための道筋がある。18年間ずっと愚かだった。最後のコアのピースを完全に裏返しにしてパズルを完成させようとしてた。けど、それ以外のピースは一つずつ埋めてきたと思ってる。だから3日前から聴きこんで色々と見えてきた。「相手に理解を求めない」ぐらい出来た人の道を目指すのも一つの方法。けど、やっぱりこれだけAt Your Bestに惹かれているのだから、ロンとR Kellyと同じSoulを目指したい。

そうであるならば「性格の不一致を愛する事」と「Let Me Down」の先に答えがある。この両者は、皆が思っている以上に近い。歌を聴けば分かるよ。At Your BestとLet Me Downを連続で100聴けば見えてくるものがあると思う。


最後に、あの当時のAaliyahがこの曲をパーフェクトにカバーできた理由。
若い男性にこれ以上書くのは本人のために良くないと思っているので、Let Me Downについてはこれだけで(笑 けど、若い女性のためには、というよりも若くして死んだAaliyahのために書いておく。彼女の凄さを明確にしておきたいから。

「理解してほしい」内容なんて追っかけても無駄だよ。色んな理由から本人が言えない事もあるし、そこを無理やり聞き出そうとしても逆効果になるから。男が素直に「理解されること」を諦めればいいのに、それはなかなかしないからセコイんだけど(笑 だからこそ、シンプルに「理解されたいという相手の気持ちを理解する事」

これだけで十分です。生じた原因を知らない限り理解はできないと思ってるから解けない空間に行っちゃうのであって、男側が「理解されたい」と思っているのなら、その「理解されたい」という感情だけを「理解」すればいい。その状態が達成できれば一年ぐらいで男が自分自身で解決するから。Aaliyahはここが見えていたんだね。Isleyの元歌まで聴いて、やっと分かったよ。





Blue Magic

このSweetを10年探していた


R&Bにハマル人はSlow好き/UP好きに分かれるけど僕はSlow好きだった。Slowの中にもメロウやスィートやDeepがあるけど、Sweetに一番縁遠かった。だから2002に聴いたSwitchが衝撃で。あれ以来、同じレベルのSweetな作品をずっと探してた。そして、先日やっと見つけたのがこのBlue Magicです。「幻のアルバム、スィートの傑作」という帯に惹かれたけど、ほんとにドンピシャだった。

フィリーサウンドとの事ですが詳しい事は分かりません。申し訳ございません。僕が言えるのは、Switch以来デバージとか色々聴いてきたけど、あのレベルと同じぶものはずっと見つからなかった。そしてこの作品は並んでいると思う。それだけです。

01:Sideshowから名曲。この声。単に「高い」っていう話じゃない。スィートが詰まってる。YouTubeで聴いた瞬間にスィート好きは買ってしまうレベル。02:Look Me Upはスィートというよりはミドルの明るい曲。でもリードの声は凄い。バックも凄いけど、このリードは凄い。曲自体がスィートじゃない方が、よりスィートな声が目立つ気もする。03:What's Come Over Meが脳天直撃レベル。

Sweetで脳天直撃
それこそがBlackミュージックに求めているもの。この世界を知らないならば、それは一つの悲しみだと思う。それ位に圧倒的な世界。ぶっちゃけ有線はジャンルとしてSweetを作るべきだと思う。日本中のケーキ屋さんのために。

04:Just Don't Want To Be Lonelyも凄い。この出だしの「パッパラー」が最高! とか書くと「ほんとか?」と思われそうだけど、ホントね凄いんですよ。このパッパラーは。有り得ない。聴くまで有り得なかった世界。もう曲名が「パッパラー」で伝わるレベル。これから本サイトでは「パッパラー」と言ったらこの曲って事でお願いします。At Your Bestがレッミーノーで伝わると同じぐらいに凄いね。

05:Stop to Startは低い声から始まる。この声の低さはBlackの世界のMAXと比べると80%ぐらいかな。高い方の声は間違いなく100、いや120%だから高低差200の世界と言っていい。その時点で失神ものです。06:Welcome To The ClubはUP系の曲。個人的にはEW&Fの大人しい曲に似てる気がする。適度にミドルやアップがあるから凄く聴きやすいアルバム。素晴らしいです。

07:Spellシングルカットされたんだね。30位か。全米No1でもいいと思う。この曲が本アルバムの中では一番Deep。メロディーが低くて歌詞がtrouble sleepin'から始まる。このtrouble sleepin'という声の入り方。そこにバックがtroubleと重ねる。泣いてる女性の後ろでこの曲をそっと歌い始めれば、それだけでその娘は救われるレベルだよ。MaryJ.やKeishaのようなDeepな歌手の曲でももちろんいいいけど、このスィートな曲もそれだけの価値を持ってると思う。ただ、非常に残念だけど曲の最初の9秒間が06のUPを引きずったような形で始まるから。ホントに俯いて泣いてる人はこの9秒間に耐えれないと思うのですが・・・もしかしたら彼らはUPから急転回なストーリーを描いていたのかもしれないけど、この9秒がなければTOP10に入っていたと思うな。

08:Answer To My Prayerは07の重さから一転して気軽に聴ける感覚がいい。こういう曲構成も素晴らしいね。09:Tear It Downも重いフェーズ。けどあくまでスィートんだよね。全部で9曲のアルバムだけど確実に90点Overな作品です。特に07:Spellと09:Tear It DownはDeep Sweetとして今後の本サイトの指針の一つにしなければ。この感覚はSwitchには無かった。いや、あれはベスト盤だから選曲されなかった可能性も高い。そいういう意味では一作ずつ聴きこまないと見つけれないのかも。

02年に聴いたSwitchから10年目。やっと同じレベルのSweetな作品を見つけて、本作でDeep Sweetの方向性を知った。けど、やっぱり突き詰めるとSweet自体が良く分からない。体で知ってる90'S以降と比べて、、、ってそもそも90'S以降でSweetな歌手っていたのかな?このレベルならば「いない」と思う。なぜSweetが絶滅してしまったのか?それも真面目に考えるべき課題かもしれない。P2S2R&BとしてタイトルにSweetが入っているんだから、今後は今まで以上にSweet、特にDeep Sweetについて探していこうと思います。

----
あ、そうそうSweetといえば、あのジャケが反則なLee Mcdonaldの"Sweet Magic"があるんだった・・・これジャケが反則過ぎて聴きこんでいないんだよなぁ。そもそもこのタイトルもMagicだし、彼らはBlue Magicだし、なぜMagicなの?SweetとMagicはどれだけ近いの?
これも今後の考察対象にせねば。




Eddie Horan - "Love The Way You Love Me"

メロウと思いきや想像以上の全方向作品


Blue Magic
を買って以来、どんどんメロウの世界にはまっている。たまたまDiskUnionでEddie Horanを見つけた時は帯が極上メロウ・ソウルでジャケがコレでついつい買ってしまった(笑

01:Love The Way You Love Me
は確かにメロウ全開。一曲目がこのレベルだとアルバム全体期待してしまう。02:When I Fly With Youはミドルテンポで結構ナイス。Slow以外も聞かせる。びっくりしたのは03:Concert By The Seaです。

なんなんだ、この寛ぎ感は。
メロウと言われたら確かにメロウだけど、それよりも寛ぎ感の方が強い。逆さに聴いても夜より休日の午後に映える。アルバムの帯に70年代ソウルの隠れた名作とあるのはダテじゃない。04:Man Without His Womanとか聴けば伝わるかな。

いい意味で「黒くない」から誰でもすんなり聴けるぐらいに窓口が広い。不思議と曲に古さを感じなくて、そこら辺もオススメな理由。05:Love So Easyはベタで分かりやすい曲。けどレベルは落ちてない。やっぱりソングライター・プロデューサで他人に曲を提供する人の作品は完成度が違うね。

06:Turn My World Back AroundからUPテンポの曲になる。個人的には今までSlowメインで買った作品のUPは合わない事が多かった。ところが07:Cant Do Without Youがいいんですよ。マイケルのOff The Wallに近いんだよね。79年発売だからかな。08:The Dancerもそのまんまのタイトル。これはUPの曲ながら緑つけちゃいます。いや〜まさかこのタイトルのUPの曲にハマルとはね。自分自身でも驚愕。けど、カッコいいんですよぉ。この2曲のUPはメロウ・ソウルという枠組みから大きく外れているぐらいに強力曲。ほんとR&Bの入口に登録できるほどに全方向作品。全部で8曲だけどお腹一杯になること間違いなし。

一般的な全方向作品ってSlowからUPまでだけど、MellowからUPまでってこの作品ぐらいじゃないかな。ななのにあまり有名じゃないんだよね。それもびっくりです。こういう作品に出会うから、ついついマイナーな作品も買ってしまうんだよね。勝率は2割ぐらいの気もするけど、当たるときにはここまで傑作を見つけれるなら、やっぱり一生続けてしまう。この作品ならば10代でも聴ける。もちろん20代でも聴ける。そして今の30代でも聴ける。そこがまたいい。素直にそう思う。




Blue Magic - "The Magic Of The Blue" "Thirteen Blue Magic Lane"

Sweetの奥にあるビター・スウィート


アルバムの解説によれば70'SのSweet Soulとしてデルフォニックス、スタイリスティックス、そしてこのBlue Magicが代表的なグループらしい。80'SはSwitchにデバージ兄弟がいる。僕はスタイリスティックスのBestだけで、デルフォニックスはノーマーク。だけどSweet Soulの中でこのBlue Magicに一番惹かれている。その一番の理由が彼らのSweetの奥深さ。突き詰めるほどに味がある。単に甘いだけじゃない。それは傑作の誉れ高いデビュー作から感じてた。

だから問答無用でこの2作目:The Magic Of The Blueと3作目:Thirteen Blue Magic Laneを買った。やっぱり期待通りの作品で凄く嬉しかったです。

01:Three Ring Circusから処女作の雰囲気が持続してる。02:Stringin' Me Alongはミドルテンポで彼らの良さが出てる。03:You Won't Have To Tell Me Goodbyeのメランコリックな手触り。

Sweetなのに何処かで物悲しい
やっぱりこれなんだよね。デビュー作のSpellにハマった人は絶賛間違いなし。04:Never Get Over Youはタイトルの割に明るくて。こういう曲を聴くと素直に芯の強さを感じる。相変わらずSlowもミドルもどれも完成度が高い。06:Let Me Be The Oneは一番甘いんじゃないかな。07:Maybe Just Maybeはあまりに明るすぎて個人的にはパスなんですが(笑 08:Love Has Found Its Way To Meもレベルは高い。SlowとMiddleが交互にくるアルバム構成も非常に聴きやすいしね。

09:When Ya Coming HomeはPrayに満ちている
Sweetの中でPrayが出るのは純粋な歓喜だよ。どれも傑作曲だから全部に赤色をつけたくなるけど、その中でも03と09をチョイス。これが僕のベースです。自分の奥底を少しずつSweetにしたかったらこの2曲を100回聴きこめばいいと思えるほど。最後の10:Looking For A Friendも寛ぎがあって傑作だと思う。

Sweetの中での奥深さ。「Sweetって甘ちょろいっていう意味でしょ」と勘違いしてるく人ほど、耳クソホジって聴きこんで欲しい。冗談抜きで、理想の男性像の一つだと思う。70'Sの作品なんだから、できれば17歳の時に一万回聴きこみたかった。それが素直な気持ち。


この3作目はジャケはちょっと不気味だが、Sweetさは文句なし。01:The lonelest House On The Blockから期待通り。大御所のような安定感があって、全作揃える迷いが吹っ飛ぶ。02:Casing Rainbowsはほんと虹が浮かんでくるほどに明るくて。こういうのが王道Sweetなんだと思う。03:Born On HalloweenこそがSweetの奥。アルバムの中では一番暗いのに、なぜかそこにハマってる。

悲しい時に流せるSweet
って純粋に珍しい。世の中、生きてれば色々な状態がある。けど、Blue Magicの深さは、全てのフェーズにピッタリくる曲がある。それがグループとしての器の大きさなんだと思う。この曲ならR&B-SoulのDeepな作品(たとえばR.とか)と一緒に流せるね。あくまでSweetなのにね。1stのSpellも傑作だったが、曲の出だしが気に食わなくて。そんな意味では本曲の方がいい。サビのファルセットの物悲しさがたまらなくて

04:Haunted(By Your Love)もメランコリックなトーンで、03,04の連続がこのジャケの雰囲気に近い。あまり売り上げが伸びないジャケだと思うけど(1stが一番良くて、マジシャン帽子の2ndもナイス)、聴き込むほどに味がある。 05:I Like Youは一転して明るい曲。落ち着いた明るさがあって、アルバム構成の良さを痛感する。06:Magic Of The Blueはインストに限りなく近いので飛ばして、07:We're On The Right Trackはさすがにそろそろお腹一杯になる。レベルの高さはKeepしてるからオススメ度が下がったワケじゃない。それは08:Stop And Get A Hold Of Yourselfもそう。

3作のアルバムの全曲でレベルが高いので、この全曲でランダム再生できるぐらいに凄い。この3枚が3000円で手に入るなんて、それこそが信じられないレベルだよ。好きな女の娘ができたら即効プレゼントしてもいいと思う。誕生日のケーキと一緒にプレゼントして、聴きながら食べるだけで相手と上手くいくと思う。そういうドンピシャな時間が「生きている喜び」になるんだと思う。それだけでなく、実は社会人にも聴きこめば役に立つと思う。
このSweetを聴き込むと

爽やかな腰の低さ
が身につくと思う。このスキルは「爽やかなお世辞」と同じぐらいに必須スキルじゃないかな。理想から言えば10代の男の子に聴いて欲しいけど、僕みたいに30過ぎてから聴き込むのも全然アリだと思う。一般的には1st→2nd→3rdの順序で買うのをオススメだけど、30過ぎてるなら一気に全部買うのもアリだと思う。一ヶ月間、本作を寝る前に真面目に聴きこめば(R&B-Time)、心の中でいつも再生してる状態になれる。それが僕のイメージする「爽やかな腰の低さ」に一番近い。Blue Magicの雰囲気の半分でも出せれるようになれば、それだけで対人関係が劇的に変わる。間違い無いです♪

Sweetなのにこれだけ幅広い表現が可能とはね。本気リスナーとしては、いつか「号泣Sweet」を聴いてみたくなってきた。そんな地点がこの世にあるのか分からない。けど、Blue Magicの懐の深さを味わっていると、この世のどこかには号泣Sweetがあってもいいんじゃないかと、そう思えてくるんだ。




| 1/1PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM