Calvin Richardson VC集

Urban Mysticを教えてもらってYouTubeで見てたら、隣にCalvin Richardsonがあるじゃないですか。00以降はVCをずっと見てなかったので、慌てて見てました。昔、検索した時はひとつも無かったから、あれからYouTubeも随分と増えたんですね。

宝物より大事にしてた1stのTrue LoveのVCも置いてあったのがびっくり。HPのVCコーナに紹介しようと思って5年経過してしまったのを反省して、遅ればせながら今から書きます。

■"True Love" : つばのヘタレは男の証

日本のカラオケに入っているぐらいにHITしたけど、やっぱりいい曲ですね。彼のデビュー作はいきなり聴いても難しいのだけど、このVCを見れば良さが分かるはず!と言えないんだよね・・・その理由がこのカーボーイハットのつばのへたれ。なぜか正面が折れてるんだよね。初めて見たときはびっくりした。

このVCを何度も見るうちに気づいた。クセでなんどもつばをピッンってはねてるんだよね。それをやりすぎて形が変わってしまったんだと(笑 じゃあこのつばのへたれこそが男の証か、と思ったのが上の一言です(笑 ほんと、一回のVCの間に3回ぐらいはつばをはじいているから。ゆびぱっちんと同じノリかもしれん。




■"I Got to Move" : 瞼に積み重なった優しさと苦労
まさか、I Got to Moveがあるとは・・・感激。VCも非常にお洒落になってカントリー風味ゼロになったのが嬉しいような寂しいような。けど、このVCで一番気になったのが、彼の正面顔。昔の色気がなくなって、随分と優しく、そして苦労を感じさせる顔になってね。そこに一番衝撃を受けました。




こちらが目元に苦悩を感じる。これが一番泣き顔に近い。ふっとこういう表情が出るのが、苦労している証拠。 処女作ではこれぐらいのイケイケな顔だから、そこから随分と歳を重ねたというべきか。この黒い帽子の顔が一番、渋みがあるかな。


■"Keep On Pushing" : 彼の復活Songに乾杯
ちょっちょちょっと、Keep On Pushingがあるなんて聞いてないぞ。そりゃシングルカットしたんだからVCがあって当然なのだろうけど、Calvin RichardsonぐらいマイナーだとVCは作ってないと思ってました。。バックコーラスを従えて歌っている姿が凄く嬉しい。


■"Not Like This" : 髪が薄くなったら、潔くこの丸坊主を目指したい

2作目以降、お洒落な服装が増えた。それなりにお金の掛かっているVCになってる。けど、このVCが一番センスがある。建物や部屋とファッションが合ってるんだよね。特にこの下の画像。このスタイリストは褒めるべき仕事をしてる。Calvin RichardsonのVCの中で本作が一番カッコいいと思います。 これとか特に。





■"If You Dont Know Me" Feat. Claudette Ortiz
え、このデュエットって何処に収録されてるの?これはカバーだよね。以前にも他の歌手が歌っているのを聞いた事がある。非常に良い曲だなぁ。これは買わねば。

■"You're So Amazing"
なんか随分と歳をとったような気がする。日本人基準だと50歳近いような。ちょっと残念な気も。

■With K-ci
ここではK-ciが従兄弟と言ってる。誰だよ異母兄弟って言ったのは?? Big Brotherとも言っているからK-ciより年上なの?ほんと?それは知らなかった。けど、この英語は何度聞いてもよく分からん(汗

■Got To The Club
これって確か2ndに収録されずにお蔵入りになった曲のハズ。アルバム発売前に彼自身のサイトに試聴で置いてあった時から気に入ってたんだよね。なぜ未収録にしたのか今でも謎。曲の完成度も高いし、今までのリチャードソンにはないノリで楽しめるのに、ホント勿体ない。

■"I'll Never Know"
えーーーーーこの曲は知らないぞ。Unleashed albumと書いてあるけど、確かにこの声はリチャードソンじゃん。いつもよりバックコーラスが厚い。非常に良い曲じゃないですか。776回の再生って、桁が100は足らないよ。この曲を聴いて痛感した。僕はとことんCalvin Richardsonが好きなんだ。マクナイトとR Kellyの2大TOPのサイトだけど、次にくるのはCalvin Richardsonだね。《愚か》として好きなR Kelly、《エレガント》として好きなマクナイトだけど、《男》としてはCalvin Richardsonに一番惹かれてる。それぐらいこの情熱感が好き。この曲だけで今日一日過ごせる。これはホント緑レベルだ。

それにしても、YouTubeって自動で繰り返しモードにならないの?⇒こちらのサイトから見ればOKなんですね。いや、5回ぐらいでとまる。なんて仕様だ・・・ケチケチすんなよ100回ぐらいリピートさせろ、全く。それでこそ開く扉があるというのに。。結局キャッシュ活用にしました。

------
そういえば去年、会社で新人教育をしてた時、担当講座の終了試験で90点以上を取った人にはプレゼント買いCD(凄く気に入っている歌手が中古1000円以下で売っていたらプレゼント用に買っておくこと)をプレゼントしてた。毎年、自主的にちょっとお洒落なクリアケースとかあげてたんだけど、最近はHPを通じて知り合った人に会う事もないし、プレゼント用に買ってたCDを単純に売るのもイヤだったので。学生の頃と違って社会人になったら趣味の押し付けは一切止めたけど、この時は特別ってことで。もちろん「CDでもいいよ」って選択制にしたのだけど。そしたらCalvin Richardsonの1stを選んだ人がいて。「このジャケに惹かれた?センスあるねぇ。このアルバムの良さが分かったら、本当の男になれるよ(笑」って言って。彼はちゃんと聴き込んでるかしらん? 

たとえばこのLovin You。この良さに惹かれない男は欲望と情熱の区別がついてない。
Coming Homeの良さ。亡くなった祖母と親友に対しての曲だけど、親友が健在な身としては祖父母の事を考える。グランマ:メアリーって叫んでるよね。R&Bではよくマザーに対して歌う曲は多い。けど、祖父母に対して歌っているのは本曲以外に知らない。映画SoulFoodを観ると黒人家庭はおばあちゃんが総元締めになっていることが分かる。どんな幼年時代だとしても、心から心配してくれる人が1人でもいれば、なんとかやっていけると思う。自分にとってはそれが若井のじーちゃんばーちゃんだったから。ここで若井姓を使っているのはそういう意味です。





とりえあずTyrese

メモ代わりに書いておきます。

今年は皆様に色々と教えていただいた歌手でも聴けてない作品が多いのですが、まずはFreddie Jackson - For Youから買います。この前のPeaboと同じレベルでしょう、この作品は。そしてFreddie JacksonはやっぱりBestを聴くだけではもったいないと思った。だから一作ずつ集めることにします。そして昔あんだけ貶してたKandi。やっぱりYouTubeで聴くといいんだよねぇ。Amazonのコメントもいい。誠実に考えればあれだけ貶したら次回作はちゃんと買って聴きこむ責任が出る。



Grenique - "Should I"

あいつの浮気相手は私のシャドー


このVCを始めて見た99年の時は、「おお、すげーー」で止まってしまった。10年以上経過してやっとわかる。オンリーワンだったと。

浮気すること、浮気されること、この両者を突き詰める曲を探していたのに、結局、「浮気すること」を突き詰めた曲は知らない。どれも「男は狩人」&「いい女がいた」以上の世界に行ってない。「浮気されること」を突き詰めた曲としては、やっぱりこのGreniqueのBlack Butterflyに収められた07:Should IがTOPだと思う。

彼氏に浮気されている状況で、「私は去っていくべきか」、それとも「相手と面と向かって言うべきか」を自問自答している情景を描いた曲の時点でDeep。輪をかけてVCがぶっとんでる。本人の服装を変えて二度撮った映像を重ねただけなのに、そのコンセプトが最高だから。

浮気相手を「私が本命なんだから」となじる態度に、「え、なんのこと?あの人に彼女なんていたの?」とすっとぼける表情。Grenique自身の演技力も結構ある。 奥の部屋で何も気づかずTVを見てる彼氏も絵になってる。お互いにどつきあってたのに、そのうちベットの上でお互いに相談しあって、最後は2人で手をつないで出て行く。その終わり方も示唆的で。

けど、このVCを見た時から、「理想的には、最後に2人が重なって1人の人間になって欲しい」と思ってた。本タイトルの「あいつの浮気相手は私のシャドー」とはそういう意味です。成長するということは自分のシャドーを取り込んでいく事といったのはフロイトだっけ? せっかくGrenique本人が二役やってるのだから、そうやって締めて欲しかった。現時点で10年は残る作品になっているけど、こちらで締めたら50年レベルになるんじゃないかな。

浮気自体については、情景描写から言い訳、その後のオチまで、この世には文学だろうと映画だろうとゴマンと作品があるけれど、一番は神田昌典著 「成功者の告白」に書いてあった「だから、浮気はするなといったんだよ。ビジョン心理学のチャック・スペザーノ博士によれば、新しく現れた女性をさけるのでなく誘惑を拒否すれば、新たに現れた女性に求めたのと同じ魅力的な部分が、夫婦間に現れる。しかも二週間以内に現れることが多いそうだ。ところがこのメカニズムを知らないと、新しい女性に簡単になびいてしまうんだよ」

友達の結婚式でスピーチする機会があったら、絶対にこのネタ出したいと思っているのだけど、皆が「若井に喋らせると絶対に普通じゃ終わらんから危険」と思ってるからなぁ。けどさ、35にもなって色々結婚式に出ると、やっぱりスピーチのネタにも被りが見えてくるわけですよ。それぐらいなら、このネタの方が絶対にいい。参加者にとっては結婚式よりもこのスピーチの方が記憶に残るぐらいの強烈度だから、そういう意味では当人には悪いのだが。。

>新たに現れた女性に求めたのと同じ魅力的な部分が、夫婦間に現れる。
これさ、個人的には「絶対現れる」のでなく、「いい夫婦関係ならば現れる」なんだと思うよ。そこら辺をもうちょっと突き詰める必要はあると思ってます。当然ながら身体的要素(身長・顔の作り等)はどうしようもないしね。そもそもそういう観点で浮気するのは問題外と思っているのだろう。いや、配偶者に現れるのでなく「夫婦間に現れる」と言っているのだから、「誘惑を拒否」した時点でそのウエイトは下がる=「大きな枠組みでの解決策」といいたいのかも。そう考えていくと結構深い言葉だと思える。そんな意味でも、Greniqueはぜひ2作目でこの道に歩いて欲しかった。

VCがぜんぜんYoutubeに無いので、うちで公開しておきます。文句言われたら、この内容英訳してKedar Massenburgに送って正式許可をもらうぐらいの心意気で。Kedar自身があれだけGreniqueに期待していたのならば、せひ2作目を作って欲しかった。マクナイトを1stで退場させなかったマーキュリーを見習って欲しかった。




Brian Mcknight - "The Way Love Goes"

乱暴と透明の奇妙な同居


明日は待ちに待ったBrian Mcknightのコンサート。小生、ライブに疎いので迷わず最終日の最終時間帯にしたけど、実は最後の最後は疲れているとか・・・なんでも今日の1stステージはフジテレビNEXTの生中継だって? いい時代になったもんだね。ということでライブに行く前にマクナイトの一番のお勧めのVCを紹介します。

マクナイトといえばもちろんデビュー作でありセルフタイトルの"Brian Mcknight"。
この中では以下の4曲が以下の順でシングルカットされているけど、
"The Way Love Goes" 1992/03
"Goodbye My Love"   1992/09
"One Last Cry"      1993/03
"After The Love"    1993/08

やっぱり大事なのは一番最初のシングルカットでしょう。その中でも一番最初の正面顔。それこそが歌手の原点の表情
この右上に掲げた写真こそがその表情です。ある種、怒っているようにも見えるのだが、眉間の皺の形は他人に対する感情を超えている。これこそが本サイトが良く言う「乱暴と透明の奇妙な同居」
 
続きを読む >>



| 1/1PAGES |

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM