Toni Braxton - "Sex & Cigarettes"

成熟とは年齢以外の重ねてきたモノできまる



「イマドキこのタイトルでこのジャケ? ありえんだろ」が普通の反応。ところがAmazonのレビューが無茶苦茶いい。読んでいても説得力がある。だからMp3vaで買って聴いたけど、確かにこれは凄い。全部で8曲だけど全て緑にしていいレベル。なんといってもどんな時間帯でも聴ける幅の広さ。

朝の起きたときでも、駅まで歩く道でも、仕事帰りでも、寝る前の布団の中でも、
1人でも2人でももっと大人数でもいける。全方位な作品だけど、全曲が深みがあって幅も広い。ありえないレベル。純粋に素晴らしい。

ここまで傑作だとこの中からどれを選ぶかでかなりリスナーも問われる。曲の粒が揃いすぎてて、ホンの微妙な差。だから、今、聴きこんでます。うちの結論はまた今度で。トニブラの作品も1枚でも持っていればマスト。それは断言できる。だからこのタイミングでUPすることにしたから。



反語が生み出すアンビバレンス:祈りと呪いのSo Blessed

Mariah Careyの最高傑作:Emotions



今まで感覚でしか分かっていなかった。なぜ本作がMariah Careyの最高傑作なのか、そしてThe Windが彼女の全曲の中で一番深くて次がSo Blessedになる理由を全く説明できなかった。1:Emotionsと04:Make It Happenが彼女のミドル最高傑作であることを否定する人はいないだろう。問題はSlowの曲。マライアぐらい有名になるファンも多いだろうし、アルバムも沢山発表されているから、意見は山ほどある。その中でタイプが違う人を振り向かせれるだけのものが出せなかった。

今回、改めて聴いてやっと分かった。blessという単語が内包している反語こそがこの歌の深みをもたらしている。言語学的にも一番価値が高い単語ほど反語をもちやすい。その理由は、そこまでの単語を使わないと表現できないような事象は発生確率が稀だから。最高の単語は常に意味がオーバーする可能性があり、そのオーバーこそが皮肉に、そして年数が経つにつれ反語に近くなっていく。今回のblessは「神聖にする・清める・聖別する、神の加護を祈る」るだけど、それが反語として「呪い」になる。分かりやすい変遷。けど、この曲にアンビバレンス:両義性があるとは、当時、まったく気づかなかった

こちらでも書いているのにね。
忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな 右近

この「誓い」は相手が破ったことにより、そのまま呪いとして本人にブーメラン。このblessも同じ地平線。マライアから発せられたのか、以前の彼氏なのか、そこまでは不明だけど、blessはそれだけ重い単語。07:You're So Coldに続いて08:So Blessedだから呪いから始まっているように思える。ところが曲の最後の方では光が見えるんだよね。去っていった相手の幸せを祈るレベルまで後一歩のような感覚。そこら辺の割合は聴く人の気持ち・状況で変わるのかもね。

そして最後の10:The Wind

これは風化していく想い出を描いているのだと、今日、やっと気づいた
Windに何を込めたのかずっと分からなかったから、当時アルバムコーナーに書いただけにした。ちゃんと底まで降りて摑まえたらSpecialコーナーにする。マライアはそれだけの歌手だから。
改めてジャケをみる。南国の海岸のようだけどセピア色。これはやっぱり想い出の表現なのかもね。

 




Don't say Goodbye連続リピート中

凄いね。連続リピートするとき、曲の最後と曲の最初が違和感零で繋がる。最初はピアノのガーンから始まるのが大げさだと思ったのに、リピートして聴くと必須のようにも思える。

 

さっきアマゾンでアルバム二枚買った。まだ届いてないのにこんなこと言うのもオカシイだろうけど、これだけ膨大な曲を聞き込めば分かる。彼女にとってもこの曲が一番深いだろう。曲が引っ張りだすソウルはこの世に確実にある。とくに二番の方。こちらの歌詞の方が彼女にあってるし、声も深くなってる。

 

運命(さだめ)に立ち向かうの

の部分で重くなるから。さだめか。。それをここまでの実感こめて言えるのか。

 

シンガーソングライターとしては、こんな怖い曲は作れない。本当に最後でちゃんと着地するか分からないから。他人から提供されないと歌えないレベルのえぐり度合い。歌い終わった後に歌手本人の泣き顔が浮かんでくることは、そんなに多くない。「奥底に抱える悲しみ」と「それに光を当てて昇華するきっかけをくれた幸せ」が等価に混じった涙こそが本当に価値がある芸術の証だし、曲を提供された歌手が歌ったあとにその涙を流すとき、もう一段作品は深くなる。

 

マライヤの二枚目の最後の曲:The Wind

あれが彼女の最高傑作だと、ここまで言っていてもコンセンサスは得られなかった。けどいい。一番深い曲は、わかるひとが分かればいいレベルだから。

 

その点で澤田かおりはアニメで使われて良かったね。これこそ本当の幸運。

これはアニメの挿入歌のレベルなんかじゃない。映画館でちゃんと聴いたら、全員呼吸が止まるレベル。ガンダムはこれからも世界中で見続けられるだろうし、originにみな辿り着くだろう。ハモンの魅力はシャアの孤独まで繋がる。その暗黙のリンクまで呼び寄せるほど。ちょっとでも音楽の良さを分かる人なら国や人種に関係なく澤田かおりを調べるだろう。

 

この曲にここまで書いて、あちらの曲はあそこまで貶したけど、幸せな家庭に生まれることを悪くいいたいわけではない。星屑の砂時計は確かに良い曲だし、歌手にあってる。by your sideよりは星屑の砂時計の方が上だと思うよ。この曲よりも上という人も多いのでは。この曲は日本人の半分以上には重すぎて引かれるだろうね。

 

やっとわかった。ロバータフラックのあのアルバム。当時は分からなかったけど、確かに男性が側に行くスペースがあるね。当時は零だと思ったけど、今は良く分かる。あのアルバムは基本的に男性に向けて歌ってる。

 

この曲は違う。恋愛フェーズじゃないから。

 

なんか、ここまでリピートすると、さすがに発想も広がる。

Zガンダムの主題歌:「水の星へ」

のこと。森口博子のデビュー曲。森口博子が歌ってるoriginの主題歌はひかれなかったが。。浅野ゆう子とかの熟年結婚をみてると、森口博子も幸せになってほしいと思った。

 

宇多田ヒカルはプライベートも色々あったけど、それはあれだけ大ヒットしすぎた面もあると思ってる。その点で、澤田かおりは音楽業界が変わった今、不幸になるほどの大ヒットは原理的に無理になったと思う。それは不幸だけど、ある面では幸福。

 

そしたら澤田かおりはずっと、安定的なプライベートを過ごせる確率が高いと思うし、だからこそここまでの歌はこの先、歌えなくなるのかもね。それは一つの良い事なんだと。

 

そんな気もした。

 

いかん、さすがにそろそろ寝ないと、明日会社に行けない。

寝ます。

 




アニメと女性Jazzボーカル

平均以上にアニメをみるタイプでもないし、日本の女性Jazzボーカリストも平均的な興味しかないけど、この二つが重なって凄く感動する時がある。一番は中学生ぐらいでみた『紅の豚』加藤登紀子。ジブリのアニメの中で対象年齢が社会人なのは、このアニメだけじゃないか?(おもいでぽろぽろがあるね) アニメに出てくるヒロインがバーの歌手なんだけど、物凄く魅力的。その後、紅白見てる時に加藤登紀子について聞いた。彼女の夫とのなれ初めは親のような学生運動世代では凄く有名なんだね。慌てて調べたけど、すごいねこれは。映画になるレベル。


夫・敏夫との出会い

1968年の東大紛争の際、加藤は「振り袖で来てほしい」という女性週刊誌の要請を振り切ってジーパンで卒業式の会場に現れ、その噂を聞きつけた同志社大学の学生であり、ブント系の「反帝学連」委員長の藤本敏夫にコンサートへの出演依頼を受けるものの、歌を政治運動に利用されることを嫌って断る。しかし、この件をきっかけに2人は交際を開始[25]。

紆余曲折を経て1972年5月に、防衛庁襲撃事件などで逮捕され勾留の身であった藤本と獄中結婚。周囲が交際に反対する中、母と当時の所属事務所「石井音楽事務所」の社長の石井好子が賛成した事が二人の結婚を後押しする形になった[26][27]。「ひとり寝の子守歌」は、塀の中にいる夫を思って作られた代表曲のひとつでもある。

勾留と釈放を挟み、合わせて30年間を連れ添った夫は、2002年に死去(享年58)。夫との間には1972年、1975年、1980年生まれの3人の娘がおり、そのうち1人はYaeとして歌手活動中。

 

あれ?10年ぐらい前と内容が変わってる。確か当時は、「藤本敏夫が反・ブルジョアとして芸能界に文句を言いに押しかけたとき事務所に居たのが加藤登紀子」と書いてあった記憶が。出演依頼なんて記載はなかったけど。周囲を振り切って結婚すると、凄く良い結果か凄く悪い結果(周囲のアドバイスを聞いておけばよかった状態)の極端な二者択一になる事が多い。その中で、凄く良い結果になる秘訣だよね。それは、もうちょっと調べて言語化してノウハウとして世の中に提供できるのでは?? と思うぐらい。

 

 

ここら辺までは、ある意味で誰もが同意すると思う。元々知っていた人も多いと思う。だからこの話題だけでは投稿する気は無かったけど、今回投稿したのはもう一つ見つけたから。もしかしたらここに来る人にとっては有名人なのかも。澤田かおりのこと。日本人女性で歳下で絶賛するのには躊躇いもあるけど、この人は加藤登紀子レベルになるんじゃないのかな。

 

 

最初にアニメで歌が流れてきたときはもっと大御所が歌っているかと思っていた。年齢不相応の深みのある声にびっくりしたけど、遺伝だけでなく育った環境も大きいね。色々とネットで調べてしまったけど、噂になっている男性と顔そっくりじゃん。そんな意味では納得。やっぱり才能だけだと越せない壁はある。宇多田ヒカルだってあれだけの境遇で育ってきたからこその深みがあるわけで。本国兆戦前の久保田にはその深みを感じなかったわけで。酷い事いっていると思うけど。

 

不幸ということは、ある面では幸福ともいえる

 

これを達成できた時点で良い人生なんだよね。実感値としてもほんと難しいけれど。

ちなみにこのアニメについては色々と思うことあるので、それはBlog2で。エンディングテーマのこちらの曲も気に入ったけど、突き詰めると良家のお嬢様の透明感のある声は、、、、若い時に引退を決めた、その判断力は素晴らしいと思うのだが。そして良い面と悪い面が混ざりすぎている歌詞も評価に困る。。ガンダムは何よりも発狂したZの主人公のカミュなんだよ。ガンダムシリーズは常に新作ができるぐらいに息が長いけど、このご時世にこんなエンディングは出来ないだろう。今の子供達は可哀相。この世には隠せない真実(戦争後のメンタル)もあるし、アニメでトラウマを抱えるのは、そのトラウマが正しい限り実は良い事なんだと。

 

----

今までOriginのVol.5を借りてきて観てました。戦況が厳しくなってクラブエデンも店を畳む直前。そこでのハモンの歌が哀愁ただよう素晴らしい曲。やっぱり映画の名作に名曲は必須だし、それを歌う歌手も大切。あまりに良いから、「え、これも澤田かおりなの?ここまでいける?」と思いながら聴いてた。終わって慌ててネットをチェック。マジかよ、、、久々に絶句。以前のBy Your Sideじゃ本人のフルスケールは出てなかった。こちらの方が彼女の深さが良く分かる。映画と一緒にCDも借りようと思った。Yu-yuはあったけど、澤田かおりは無かった。じゃあ買うか。日本人歌手のCDを買うなんて13歳の時以来じゃないか、、、。それぐらいに気に入りました。

 

 

歌詞で、「人は生きていく 痛み抱えて」 このフレーズの深さ。何層かはもう分からないんだ。今は本当の底まで掘ることは出来ない。昔、何度か行ったけど、その都度、周囲を傷つけて色んなものを失った。結局、全ては純粋な自己基準。それしかないし、それだけを頼りにBlack Musicを聴きこんできた。。くる。この曲は、特にこのフレーズはくる。この曲を聴きながら、ふっとRoberta Flackを思う。繋がった。まさか、ここに繋がるのか。久々に取り出して聴かないと。並べて聴くと何か見えてきそうで。

 

世界は広くて、日本も深い。

性差別も年齢差別も丸出しだけど・・・やべーな、、、昔Jaheimを聴いた時のような感覚。年下の、しかも女性だぞ。。おい。やめてほしい。俺のこここに触れるな。と、久々に言いたくなる感覚。マライヤがあんな風になったのはトラウマなのに。。

 




新しいヒットの方程式

タイトルは「ヒットの崩壊」だけど、もっと前向き。

90年代の黄金時代を逆に異常値と呼び、現在を正常と見なす視点。帯にある「新しいヒットの方程式とは?」の方が読後感に近い。小室哲也といきものがかり・水野良樹、TV曲の歌番組担当ディレクターなどへのインタビューを踏まえた考察だから、中身が濃い。音楽業界全体を知りたいと思ったらマストな本なのは間違いない。

 

オリコンの創業者の話は面白かった。オリコンのランキングは曲でなく歌手のランキングと見なされやすく、本のランキングよりも何故か音楽の方が人に焦点があたりやすい。AKBはCD券でCD売上枚数を無意味にしただけでなく、選抜総選挙で人のランキングの話題ももぎとったという指摘は面白い。服部良一がキーマンなこと。彼が1947年に作った笠置シヅ子「東京ブキブキ」が日本のヒット曲の原点なこと。「風街ろまん」が日本のロックの起点になったこと。過圧縮ポップという言葉で、BABYMETALやマキシマムザホルモンなどの音楽を形容していること。色々と読んでいて楽しかったです。東京ブキブキは時代を感じるけど、風街ろまんはすげーな。これが僕が生まれる前の1971年か。90年代の作品といわれても信じてしまうぞ。。

 

----

音楽を好きな人、嫌いな人で二分割するれば、間違いなく好きの側になるけど、好きな人が皆、ヒット曲を求めるワケなない。この態度がマイナーなのは分かっているけど、根本的にはもうちょっとこちらのスタンスをマスに対してアピールしていかないとね。

 

流せる歌が全く無いような状況を、零にしたい

これだけなんだよね。どんな人でも、常に歌が寄り添ってくれるワケじゃない。通常の歌じゃ救えない状況ってあるから。水野良樹のヒットの定義は彼の実感に基づいていて凄く良く分かるけどね。

 

----

物語はストーリーだけど、楽曲にはそこまで複雑はストーリーは組み込めない。その分だけ楽曲のランキングが歌手のランキングになるのかな。。




SHURE SE425 →ステム折れ

買って3年未満でイヤーピースを取り付けるステムが折れた。写真を撮るのもムカつくので、ネットに大量にある写真はこちら。買ったときから若干不安だったけど、これは純粋な設計ミス。普通に使っていても折れるよ。毎回ちゃんとケースに収納する人ってどれぐらいいるのだろう、、、今では最高機種はプラスチックでなくステンレスになっている。おいおい全機種で金属製にしろよ・・・ 2年経っているから保証も切れてるし、有償修理は9000円以上はするし、分解できる構造じゃないし、もう滅茶苦茶。メルカリやヤフオクで片方だけ売っている人がいるのも良く分かる。SE215ぐらいなら買い直しもありだけど、さすがに425になると躊躇する。

 

結局、SONYのXBA100を買いました。最近はY型になってSHUREがけもやりやすくなったから。真ちゅう製のハウジングにも惚れたし、イヤーピースの取り付け部分が本体と一体化。これがあるべき設計でしょう。山にもっていくにもこれぐらいの値段がいい。それで半年使っていたけど、最近は吹っ切れてAKGのK26Pを通勤中も使ってます。この製品、生産中止になったら値上がりしたぐらいの名器。後継モデル(K451)は最初から高い値段になったけど、それでも1万円ぐらいの価値はあります。この後継モデルも生産中止→値上がりして、今手に入るのはY50かY40になるのかな。ずっとK26Pを作り続けてくれればよかったのに。ネットを見ているとK26Pのイヤーパッドがボロボロになって捨てた人も多いみたいだけど、私はずっと押し入れにしまっておいてよかった。最近はノーブランドのイヤーパッドが出てるから、取り付け10秒で復活しました。やっぱりどれだけイヤフォンを高性能・高級化しても、ヘッドフォンには敵わないよね。根本的にサイズがもともと違うんだからさ。

 

 

-----

[2014.11.22]

 

3年前にヘッドフォンについて書いた時から全体的に値下がりしてるんだね。カナル型ヘッドフォンの当時の最高峰がSHUREのSE535なのは一般的な意見だと思うけど、3年前の59,000円から39,000円になっている。今まで使っていたSonyのXBA-2SLも後継のXBA-20/Sになって16,000円から9,400円になっているから。

 

当時、後輩がSE535を絶賛していたけど、さすがにヘッドフォンに6万円は出せない。「SHURE掛け」は気になったので、その時のSHUREの一番安い?9000円ぐらいの製品を買った。確かに遮音効果がある付け方なんだけど、1年未満で断線した記憶が。。当時の後輩も「断線するんですよねぇ」と言ってなぁ。

 

けど、MMCXコネクタになったし、今までずっと気にはなってた。先日、ひょんな事から、3000円台のヘッドフォンのレベルが上がっていることを知った。色々と調べるうちに市場全体が拡大してて、最高峰はもっと高く(SE846)、今までの最高峰は値段が安くなっていることが分かった。

 




Avant - "Face The Music"

ナイーブなリードと野郎なバック



最近、久しぶりに聴いてやっと本作の良さが分かった。今までになかったフォーマットを作りあげているけど、Avant本人もはっきり自覚してないように思える。けど、この05:Exicitedは凄い。「ナイーブ」から「女の娘と楽しくやるタイプ」へのサイドチェンジを薦めている立場として、前回のセルフタイトルと同じぐらいに感動した。これで彼はサイドチェンジにおけるミッシングリングを二つも埋めたことになる。

R. Kellyのフォロワーとしてデビューしたが今の立場はオンリーワン。R. Kelly本人は最初にエロ曲をやりすぎて自己像が分裂していった。だからこそAvantの良さ。アメリカだろうと日本だろうと一定層は「ナイーブ」な男の子がいるけれど、ここまで示唆に富む歌手はAvantだけでは?。「ウォー、ウォー」言っているバックコーラスの声はアメフト選手を思わせるほどに野郎臭く、Avantの声はナイーブを鷲掴みにする。この対比がちょっと弱いので自覚してないのだろう。もっとメリハリつけてもいいぐらい。

アメリカの高校のスクールカーストは酷いで有名。こちらの記事を見るとその凄さが分かる。そしてカーストの最上位にいるのがアメリカンフットボールの選手というのもお国柄。wikipediaにがっちり書いているくらいだら、よっぽどなんだね。アメリカの余計に酷い?点はチアリーダとセットで男女ともに明確な階層意識があること。そこら辺は周囲に社会人アメフト選手がいるうちの職場でも感じる。日本ではマイナーだから彼らに尊大さは感じないけど、身長の高さとガタイの良さは野球・サッカー選手を越すね。

最上位層がいれば、当然最下層もいるわけで、それが「Nerd:ナード」と呼ばれる層の人たち。きっとAvant本人も高校時代はNerdだったのだろうと思ってしまうぐらいの声。だからこそ本曲は素晴らしい。

それだけでなく、Keke Wtattとデュエットした03:You & Iの良さ。これはデュエット集に入れれるぐらいに良い。デビュー作でデュエットした仲だからね。112とFaith Evansもそうだけど、こういう曲を聴くと歴史の重みを感じる。AvantとKekeが付き合っていたのかは知らないけど、そういうことは本質ではない。デビュー当初も13年経過後もデュエットが傑作になること。発売当時からそう思っていたし、この曲だけしか見つからなかったからUPが出来なかった。2013年当時はExicitedを聴き落としてた。Avant本人が自覚してないから、こちらが注意して聴かないと分からない。けど、このリードとバックの対比は絶対に次の扉を開くだけの力を持っている。正面から向き合って聴けば、「俺のナイーブな部分が雄たけびを上げるのだから、この意見は正しい」とナイーブな男性はみんな同意すると思うな。

他の曲で言うと、02:80 In A 30はそこそこ。個人的には赤はつけない。あんまりこのタイプの声は嫌いなんだよね。04:Moreはデビュー当初から続く彼の良さ。06:Don't Know Howはかなり良い。07:Nobody's Businessは苦手なタイプなので。08:Best Friendはナイスだし、09:Like Youも悪くない10:When It's Overは普通。11:Noは合わない。12:Gratitudeはナイス。13:Your Faceは普通。14:Humanは好きです。I'm Only Humanと歌う彼は男と女の愛憎の世界から抜け出しているようにも思える。06と14は緑と紙一重。そんな感覚。

KeKeの作品は、そもそもデビュー作の唇が赤すぎて引いてたけど彼女も聴かなくちゃね。

 




リスト一覧

「レビュー希望の歌手・作品があった場合、こちらのコメントに記入ください。現在もっている全リストはこちら。所持作品でレビュー未投稿ならば、リクエストから2Week以内で頑張ります」と、ウソばっか書いてます。。

 

頑張っているのにはウソはないです・・・所持作品ならば2日以内に必ず通して聴いてます。そこで気づきがあって、言葉が降りてこればいいのですが、なかなかそんな瞬間はない。たとえばMyron リクエストもらってもずっとUPしてない。もちろん1作目と2作目は聴きました。自分の中でダメな結論は出てる。2作目が自己を掘り下げた作品にもなってないし、1作目よりもヒットする作品でもない。逆に聴いた事で1作目の注目曲は見つかった。けど、これだけでは投稿すると批判トーンが強くなる。。中途半端に批判することだけはしたくない。。というジレンマ。

 

けど、今、思ったけど、そこまでは書いておくべきかもね。ということで次回、ここら辺を書きます。。

 

そいういう意味ではAlexander O'nealについてもSaga Of A Married Manは以前のリクエスト時に聴いてるけど、この08:Married Manにどこまでハマれるかなんだよね。。ここになんか合わない。その理由が全くまだ言葉にできない。09:What Is A Man_?もそう。タイトルだけでこの2曲が核なのは分かるのにね。。はっきり言えば、この作品はモニカのCode Redと同じ位置づけ。ぶっちゃけ、このテーマにあった曲をこちらがTalentばりの最深部で作詞作曲してやるよ、と言いたいぐらいなんだけど、そんなスキルは皆無。。このアルバムタイトルで泣けるぐらいの深い曲が欲しい。痛切にそう思う。

 

ここら辺まで書けって??その勇気はさすがにない。。




Alexander O'nealのこと


ひょんなことからAlexander O'nealを集めて聴いてます。
2007年に集めようとしたとき、まともにリイシューされてなく、ベストを1枚買って終わっていた。今、改めて調べるとMp3va.comで殆ど手に入る。この手軽さはいつも怖いと思っているのだが、そっちに流れているのは事実。Alexander O'neaはソロ男性シンガーでJam&Lewisと組んだ傑作を80年代後半〜90年代前半に残している。アイドル系というより歌える系の位置づけだから、Johnny Gillの前に有名だった人。Wikiを見るとプリンスとの確執は「歌声が黒すぎる」なんだね。これは激褒め言葉でしょう!

8年前に会場で流れていた曲が気に入って、「これって誰ですか?」聴いたら、「こんなクソ忙しい時に、変な質問するな」という顔されて、「いやー申し訳ございません。可能であればちょっと聞いてきてもらえませんか」と頼んだら、「Alexander O'nealという名前の歌手だそうです。うちと提携している音楽事務所の選曲みたいです」と1,2分後に返事が。Alexander O'nealについてはぎりぎり名前だけ聞いたことある状態だった。状況的に曲名は聴けず、買ったベストには収録されてなくて、ちょっとショックだった記憶がある。今、これだけアルバムそろえても、当時、気になった曲がどれか分からないのだけど・・・

ベストじゃダメだね。
何も分からない。歌手の事を知ってからベストを聴くのはアリだけど、ベストから入るとその歌手の個性が見えない。Stevie Wonderもそうだった。昔、大学1年の時にベストが発売されて買ったけど、個別の作品を買うまで全然コミットできなかった。ベストで分かるのは多くて20%かな。もちろん個々の歌手を追っかけた経験が少ない人にとってはベストで80%ぐらいの満足を得られるのかもしれないけど。趣味を通じて自己を明確化していく中で、ベストを聴き込む事は殆ど役に立たない。Youtubeも買う判定にはなっても、Youtubeに置いてある曲を聴くだけじゃ、リスナー本人にとっても不幸だから。

Alexander O'neal    1985
Hearsay               1987
My Gift To You      1988
All True Man         1991
これら4作の感想についてコメントしていきたいと思う。現時点で、「Alexander O'neal特集」と書けないのは当然だけど、もともとのきっかけが個人的だから、この先も当分このままなんだと思う。
 



Khalid - "American Teen"

希望を込めてHopelessを歌う凄さ

 

このジャケとタイトルなら試聴せずに買える。一聴目の時からびっくり。タイトル曲の01:Amecian Teenから凄いけど続く曲群もありえない手触り。これだけ良い意味で期待を裏切る作品も珍しい。Black Musicを1000枚以上もってるけど誰にも似てない。唯一はAshaかな。アフリカ感が似てると思う。別に民族楽器を使っているとかじゃないのだけど、なんか似てる。

 

土臭さの復権

土臭さといえばブルースだけど、R&Bがリズムアンドブルースからアールアンドビーになった時から?、80年代のダンスブームから?、土臭さは影を潜めてたはずなのに。そんな意味ではジャケどおりの手触り。この髪型といい髭面といい30代とも思えるのにアルバムを聴くともっと年齢不詳。若さが象徴する「勢い」とか「女の子と楽しくやりたい」とかが皆無なのに、独特の若さがある。

 

この07:8Teenの凄さ。泣けるぐらいに凄い。「18歳」という意味だと思うけど、この曲を18歳で作れるのはありえない。17年前にJaheimのデビュー作を聴いたときもショックだったけど、Jaheimは重さを背負いきったオーラ。そういう部分はKhalidにはない。だからある意味もっとショック。

 

18歳の頃の自分は俗物だったんだな

ここまで思ったのは、、、生まれて初めて。そりゃ当時に胸をはれるほどの何かがあったワケじゃないけど、Khalidと比べると俗物だと素直に思った。こういう点はちゃんと認めないと明日が来ない。それだけのレベルの作品。

 

過去の偉大なHeavenに並ぶHopeless

なんなんだ、この曲は。この曲が一番、魅力的。セクシーさを表現するなんて完全不可能なフェーズなのに、彼もそんなこと表現したいと1ミリも思ってないだろうに、この曲が一番レベルが高くてセクシー。信じられん。巷にはポジティブシンキングがはやってる。よくあるのがコップ半分の水の絵があって、「水が半分ない」か「水が半分ある」かで判定するもの。純粋にアホかと思う。あの正しい答えは「どっちでもいい」なんだよ。けど、この作品はあえりない。この作品こそが真のポジティブシンキングの指針。ポジティブシンキングという言葉すら使いたくないけど。この曲に「どっちでもいい」というなら可哀想としか言えない。貴方のこの先の人生で何が起こっても前向きに生けれますように、と先々の不幸に祈れるレベル。この声こそが答え。この作品こそが黒人音楽を聴く一番深いところにある価値。

 

00'S以降のデビュー作ではDevanteに並ぶ。けど、社会に向き合う態度としてはKhaliedの方が上。JaheimやSolo、そしてHeaven最高峰のCorneilleに並ぶレベル。それをHopelessで達成するとは。。

 

追記はこんどで

 

 




| 1/34PAGES | >>

All List

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM